眉間のしわを防ぐ10の対策|コラーゲンたっぷりレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

眉間のシワの原因はおもに「表情癖」「乾燥」老化による「コラーゲン不足」です。
物を見るときに見えづらいと目を細めたり、悩み事で目をしかめたり、つい眉間にシワが寄ってしまいがちですね。
眉間のシワは楽しい時にも怒っているように見える相手にマイナスなイメージを与えかねないシワです。
眉間は皮膚が薄く、何度もシワを寄せる癖をつけてしまうと、日に日に深いシワとなって残ります。
今回は眉間のシワを防ぐための対策についてご紹介します。




1.眉間にできるシワの原因と対策

眉間にシワができてしまう3つの原因と対策についてまとめました。

1-1.表情グセによるもの

パソコンを見つめる女性の画像

眉間のシワに悩んでいるあなたは視力が悪かったり、目を凝らして見る癖はないでしょうか?
ものを見るときに焦点を合わせようと目を細めるとシワが寄ってしまいます。
これを日常的におこなっていると、シワが定着します。
この行動は「シワを寄せるエクササイズ」をしているようなものです。
また、趣味などに没頭している時や家事、デスクワークを行っているときは知らないうちに眉間にシワが寄ってしまいがちです。
シワが寄らないように、意識して表情の癖を直しましょう。

対策

意識だけでは難しいと感じるときに行いたい対策をご紹介します。

1-1-1.サージカルテープ

女優さんが使用しているといったことが話題となった方法です。
医療用のサージカルテープ(怪我をしているときなどにガーゼをとめるテープ)を夜寝るときに眉間に貼ります。
このときにシワを伸ばすようにはります。
シワを伸ばしたいので強くぴーんと張りがちですが、優しくはらないと逆にシワができてしまいます。

サージカルテープの画像

出典:優肌絆 肌にやさしいテープ プラスチック 太幅 25mm*4.5m

サージカルテープの眉間への貼り方の画像

出典:http://www.ipachi.com/antiageing/illust_parts.html

1-1-2.シワを寄せないで眠る

顔にシワを寄せないで眠る方法の画像

出典:http://youtu.be/LA-U-PeSc9o

横を向いて寝たり、肩を詰まらせた状態で寝ると眉間にシワがよります。
肩甲骨と後頭部の3点で上体を支えるように寝ることで、自然と顔にシワが寄らなくなります。
胸も開くことで呼吸も楽になります。

1-1-3.眉間のシワを美容鍼でとる

美容鍼で眉間のシワを取ることができます。
鍼をさしてからしばらく置くことでシワが伸びて浅くなります。
はじめは10日に一度ほど行います。

美容鍼で眉間のシワをとる画像

出典:http://youtu.be/zEHFJ5AJGfU

1-2.乾燥によるもの

乾燥した屋外の画像

眉間は皮膚が薄い場所に加え、人によっては皮脂分泌が少なく乾燥しがちです。
化粧水や乳液でスキンケアをするときにもほかの部分に比べて、見落としがちな場所です。意識して丁寧に塗るように心がけ、乾燥を防ぎましょう。

対策

1-2-1.保湿

シートパックの画像

夜のスキンケアとして、眉間の部分を集中的にパックをするのがお勧めです。
指をチョキの形にして眉間を広げるようにして美容液を塗り、シートパックなどを貼ります。
ビタミンC誘導体などの肌にハリを持たせる効果が期待できるものを取り入れましょう。

1-3.コラーゲン不足

空から降り注ぐ日光の画像

コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力のための繊維は、加齢や紫外線の害などによって衰えて弾力を失います。弾力が失われるとシワができてしまいます。
これらの予防のためは正しい食事や、規則正しい生活習慣、紫外線対策が大切になります。
コラーゲンが含まれているたんぱく質を取り、栄養バランスの維持に心がけます。
睡眠不足や暴飲暴食、ストレスを抱える生活はますます肌が衰えるばかりです。

対策

1-3-1.コラーゲンが多い食材とレシピ

コラーゲンは主に動物性たんぱく質に含まれています。
鰯やカレイ、ヒラメ、フカヒレ、ウナギなどの魚介類や骨、内臓に多く含まれます。
魚を調理した後のにこごりや、魚を丸ごと煮込んだものを汁ごと食べるとコラーゲンが豊富に取れます。
また、骨付きのスペアリブ、豚骨、手羽元などにも含まれています。
これらとともにほうれん草、ブロッコリー、果物などビタミンCを含む食材も一緒にとるのが理想的です。
ほかにもコラーゲンが取れるレシピをご紹介します。

1.コラーゲンたっぷり!簡単にできる小龍包

コラーゲンたっぷり小龍包の画像ねこざけさんのレシピ
出典:http://cookpad.com/recipe/1292743

2.コラーゲンたっぷり☆豚足の煮込み

コラーゲンたっぷり豚足煮込みの画像ねねぷり36さんのレシピ
出典:http://cookpad.com/recipe/2388125

3.柔らかコラーゲン♪豚軟骨煮

コラーゲンたっぷり豚軟骨煮の画像ミマトさんのレシピ
出典:http://cookpad.com/recipe/1779493

1-3-2.サプリメント

サプリメントの画像

食事で摂るのが難しいなと感じるひとにはサプリメントでも補うことができます。
サプリメントでコラーゲンを補給する場合は、分子量の少ないジペプチドやトリペプチドのコラーゲンがおススメです。
眉間やおでこは紫外線の当たる量が多く、コラーゲンは他の部分に比べて少なくなっています。肌の真皮層を支えるコラーゲンやエラスチンが減少しているとそれだけで肌はたるみ、シワができやすくなります。
コラーゲンを減らさないようにしたいですね。

1-3-3.紫外線対策

日傘をさす女性の画像

おでこや眉間は紫外線を多く浴びる位置や角度にあります。
日に焼けておでこが真っ赤になるという経験をされたこともあるのではないでしょうか。
コラーゲンは紫外線によって破壊されていきますから、外出時には紫外線対策をしっかりと行う必要があります。
コラーゲンがある真皮まで届く紫外線は紫外線A波(UVA)と言われ、肌の奥に届いて長期間をかけ、知らず知らずのうちにコラーゲンを変性させていきます。紫外線B波は肌の表面を赤くしてやけどしたようにする紫外線です。紫外線A波は曇りでも降り注ぎ、ガラスもすり抜けるので室内でも注意が必要です。

2.眉間のシワを予防する

眉間のシワはできてしまうとなかなか無くならないので、できないように予防することが大切です。

2-1.眉間のシワを予防するマッサージ

出典:https://youtu.be/MqDZEIZD9c8

眉間のシワを伸ばすようにマッサージしてください。
強く引っぱらないように、力を入れない指先で優しく伸ばします。このとき眉間が伸びるようにイメージします。

2-2.側頭筋を柔らかくするマッサージ

出典:https://youtu.be/dhvTNWSz9dY

頭の筋肉の側頭筋と前頭筋をマッサージして柔らかくしておくことで、眉間が伸びやすくなります。
頭の筋肉のコリが眉間のシワの原因になっているかもしれません。首筋や肩が凝りやすい人も要注意です。

2-3.不安を取り除く

リラックスしている男性の画像

眉間にシワが寄るのは心理的なことも影響しています。心配事や困り事、いら立ちなどといった心理状態で起きやすくなります。これが慢性的になっていると常にシワを作るように収縮させていることになるので、深いシワとなってしまいます。
あまり思い悩まずに自己肯定感を持って、不安を和らげるように心がけます。

まとめ

日ごろの表情の癖はだんだんと消えにくいシワとなって現れます。
自分の癖に気づき、対策をしていくことで眉間のシワを作らない努力をしましょう。
シワになる9つの原因と必ず知っておきたい対策も参照してください。

無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。

  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

タイトル:ご購読にはtwitter、feedly、LINEも便利です!

コメントを残す

*