タバコでシミが濃くなる!メラニンが増える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

年々濃くなって行くような気がするシミ、「これってもしかしてタバコのせい?」って思いませんか?
長年タバコを吸い続けている方は、そうでない方と比べ、シミが出来やすいといわれています。
タバコは病気にでもならない限り、なかなか止めるきっかけが訪れませんが、現在増え続けているシミを少しでも改善したいのであれば、喫煙本数を意識して減らし、その上で適切なケアを行っていきましょう。



1.タバコでシミが濃くなる!?

シミが増えてしまう要因は加齢や紫外線が挙げられますが、タバコでもシミが濃くなると言われています。

1-1.タバコで角質のメラニン量が増える

喫煙者の画像

ポーラの行った調査によると喫煙者のほうが非喫煙者よりも肌の角質のメラニン量が多い結果が出ています。20歳のころにはさほど違いはありませんが、25歳以上になると急激に上昇して、35~39歳になると喫煙者と非喫煙者のメラニン量差がはっきりと現れます。
出典:http://www.nosmoke55.jp/gakkaisi/200908/gakkaisi0908_109.pdf

1-2.タバコでシミが増える仕組み

色素沈着の画像

ではなぜ、タバコを吸い続けると体内のメラニン量が増えてしまうのでしょうか?
ご存じの通り、タバコにはニコチンやタールという有害物質が含まれており、これが体内に取り込まれるだけで血管が委縮しやすい状態となって血流が悪くなります。すると、お肌が必要としている栄養分が不足し、その結果、ターンオーバーが遅れます。
そして、ターンオーバー周期がどんどん長くなって行くと、表皮に浮かび上がってきたシミが角質とともに剥がれ落ちるスピードが鈍り、いつまでも表皮に残ることになります。

そして、タバコの煙も曲者です。タバコの煙は、他人に受動喫煙の被害を及ぼす可能性があるだけではなく、タバコの煙に含まれている過酸化水素がそのまま体内に取り込まれることになり、これが細胞を酸化へと導く原因となります。
過酸化水素は活性酸素の一種に分類され、私たちの体内に入り込むと、元気な細胞をどんどん破壊し続けてしまいます。そして、それと反比例するかのように、体内のメラニン量はどんどん増えて行くと考えられています。

この状態が起こってしまうと、今度はそれに留まらず、表皮のバリア機能が低下して、お肌のくすみやかゆみを引き起こす原因になることもあります。

2.タバコによるシミを防ぐ方法

シミの原因のひとつがタバコだということを突き止めたのであれば、禁煙するというのが最もシミから遠ざかることができる近道です。
ですが、長年間慣れ親しんできたタバコとは、そう簡単にサヨナラすることはできないでしょう。特にパートナーが喫煙者だった場合では、尚更難しいですよね。
それならば、ひとまず以下の方法でケアを行ってみて下さい。

2-1.ビタミンCによるケア

サプリの画像

ご存じかもしれませんが、タバコを1本数ごとに、体内のビタミンCはどんどん破壊されて行きます。つまり、禁煙が難しいのであれば、努めてビタミンCを多く含む食品を摂取して行く必要があるということです。
ビタミンCは果実などに多く含まれていますが、毎日摂取するのが難しい状態なのであれば、ビタミンCサプリから摂取するというのもひとつの方法です。喫煙者の成人女性は1日110mgのビタミンCの摂取が推奨されています。

表.ビタミンCの必要摂取量

年齢 摂取推奨量 喫煙者の摂取推奨量
成人(男性) 90mg 125mg
成人(女性) 75mg 110mg

出典:http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/09.html

また、ビタミンCは身体の外部からのケアにも適していますが、残念なことに、ビタミンC本来の形では角質層に吸収されません。
ビタミンCをお肌につけてシミケアを行う場合には、ビタミンC誘導体を高濃度で配合されている化粧品を使用して下さい。
ビタミンC誘導体は、お肌への吸収力が高まるように加工された、いわばビタミンCの進化形とも呼べる物質です。
最近では、ビタミンC誘導体を高濃度で配合している化粧品が数多く販売されていますので、ぜひ、お休み前のケアにビタミンC誘導体配合の化粧品でのケアをプラスしてみて下さい。

2-2.代謝アップによるケア

スポーツの画像

週1回程度でもかまいませんので、運動を行って汗をかくことを心がけましょう。また、それが難しいのであれば、エスカレーターではなく階段を利用する、1駅分歩いてみるなど、日々行うことができる工夫を行ってみましょう。
これにより代謝が少しでもアップすれば、細胞の新陳代謝力も高まりますので、頑固なシミ対策にも役立ちます。
また、お風呂はシャワーだけで済ませるのではなく、浴槽でゆっくりと温まりましょう。これによってリラックス効果を得ることができ、代謝機能アップ効果も見込むことができます。

2-3.紫外線ブロックによるケア

紫外線の画像

紫外線もまた、タバコの煙と同様に体内の活性酸素を増やす原因になります。紫外線は3月~9月に放射量が多くなりますが、目視で確認することは出来なくても、実は1年中私たちめがけて降り注がれています。
シミをこれ以上増やしたくないのであれば、季節を問わず、紫外線対策を意識してみて下さい。
また、最近では分煙化が進み、オフィスでも屋外に喫煙所が設けられていることがあります。そして、少しの時間だから大丈夫と油断していると、紫外線はちゃっかりと私たちの体内に入り込み、活性酸素を増やしてしまいます。
普段過ごしている場所だからこそ、屋外での喫煙時でも紫外線を意識し、しっかりと対策を行って下さい。

3.シミを消す方法

シミをケアする方法をご紹介します。

3-1.ビタミンC、Eの摂取

化粧水の画像

上記ではビタミンCの摂取について少し触れていますが、ビタミンCと同様に強い抗酸化力を持ち、別名”若返りビタミン”と呼ばれているのがビタミンEです。
ところが困ったことに、ビタミンEもまた、ビタミンCのように喫煙により体内量が減るという性質を持っています。
ビタミンEはビタミンCとは異なり、私たちの体内にもともと存在している成分ですので、滅多なことでは不足しないといわれています。ですが、それは非喫煙者の話です。
喫煙習慣をどうしても改善することができないのであれば、やはり、ビタミンCとともにビタミンEも積極的に摂取して行く必要があるといえるでしょう。
また、ビタミンE配合の化粧水や乳液、クリームなども販売されていますので、ビタミンC誘導体配合の化粧品と合わせて使用してみても良いでしょう。

3-2.美白化粧品の使用

APPSビタミンCの画像

ビタミンC誘導体でのシミケアは即効性がなく、長期間根気よく続けて行かなくてはなりません。ですが、諦めずにケアを行って行けば、多少なりともシミ改善効果が現れてくると考えられています。
そしてもうひとつ、APPS配合の化粧品でシミケアを行うという方法もあります。
APPSとはアプレシエという成分で、ビタミンC誘導体の進化バージョンと考えておくと良いでしょう。APPSは従来のビタミンC誘導体よりも角質層への浸透力が高いといわれていますので、使用してみる価値はあります。
また、APPSは水・油ともに相性が良いといわれているため、お手持ちの化粧品に混ぜて使用することができるというメリットを持っています。
ただし、APPSは酸化しやすい性質を持っているため、直射日光をさけて保存、さらに、他の化粧品と混ぜたのであれば、1週間程度を目途に使い切ることが望ましいとされています。
APPSを他の化粧品に混ぜるのであれば、小さめの容器に1週間分を目安として小分けして作り、なるべく早めに使い切ってしまいましょう。

3-3.ビタミンCとコラーゲン

化粧品で与えるビタミンCとは別に、食事やサプリメントでも積極的にビタミンCを摂りましょう。
喫煙によって減ってしまうビタミンCとコラーゲンを合わせて摂取できるサプリメントが理想的です。喫煙女性の1日のビタミンC摂取推奨量は110mg。この量のビタミンCを含んだサプリメントがよいでしょう。合わせてコラーゲンも摂ることができればさらに効率的です。コラーゲンサプリメントの画像

3-4.皮膚科での治療

クリニックの画像

セルフケアでシミ改善効果を得ることができないと感じたのであれば、思い切って皮膚科や美容皮膚科などの医療機関で治療を受けるという方法もあります。
皮膚科や美容皮膚科では、飲む日焼け止めといわれている内服薬のヘリオケアの処方のほか、ビタミンC注射やプラセンタ注射により、身体の内部から細胞を活性化させて、出来てしまったシミを改善することができます。
ですが、ビタミンC注射やプラセンタ注射の効果はすぐに現れるというものではありませんので、出来る限り早くシミを改善したいという場合には、レーザー治療がおすすめです。
医療機関では、Qスイッチルビーレーザーなど、シミの色素にピンポイントで反応するレーザー治療器を使用して、気になるシミを取り去ることができます。
レーザー治療は、照射直後にはお肌がやや赤くなってヒリヒリすることがありますが、これはすぐに治まります。そして、レーザーを受けたシミ部分がかさぶたになり、やがて剥がれ落ちて行きます。
レーザー治療は、治療後しばらくは保護テープで照射部分を固定しておかなくてはなりませんので、少々不便さを感じるかもしれません。ですが、ビタミンC注射やプラセンタ点滴よりも早い効果を期待することができるというメリットを持っています。
セルフケアでどうにもならなかった場合の最終手段には、このような医療機関での治療があるということも知っておきましょう。

まとめ

今回は、喫煙によるシミをケアする方法をいくつかご紹介してきました。
喫煙によるメラニンの増殖で出来てしまったシミは手ごわいですが、ここであげたケアを行って行くことによって改善効果を期待することができます。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*