クレンジング後の乾燥がイヤ!保湿力のあるクレンジング9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジング後に肌がつっぱることって多いですよね。肌が乾燥するとシワなどの原因になりますし、メイクのノリも悪くなりますから、できれば乾かない肌をキープしたいもの。

そこで今回は、クレンジング後の肌の乾燥でお悩みの方のために、保湿できるクレンジング剤の選び方、また肌を乾燥させないクレンジングの方法などについてご紹介していきたいと思います。



1.保湿効果のあるクレンジング剤選び

洗面所の画像

洗顔後のつっぱり感を抑えるためには、保湿効果の高いクレンジングを選ぶことが大切です。とはいえ、いくら保湿力があっても、メイクが落ちなければクレンジング剤の意味はありません。

クレンジング後の肌にメイクが残ってしまっていると、くすみや肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルの原因となってしまうからです。

ですから、クレンジング剤を選ぶ際には洗浄力が高く、それでいて肌への刺激が少ないものを選ぶことが大切です。皮脂を根こそぎ落としてしまうようなクレンジング剤だと、肌に必要な潤いまで奪ってしまいますから、必要な皮脂を残して肌の潤いをキープすることができるようなクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

肌への刺激が少ないクレンジング剤を選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 洗い流すタイプのものを選ぶ
  • 界面活性剤の比較的少ないものを選ぶ
  • クレンジングミルクやクリーム、バームを選ぶ

肌への刺激が少ないクレンジング剤の画像

クレンジング剤には拭き取るタイプと洗い流すタイプのものがありますが、拭き取るタイプだと肌をこすってしまうことがあります。摩擦による肌への刺激を避けるためには、洗い流すタイプのクレンジング剤の方がおすすめです。

気をつけたい点として、多くのクレンジング剤には大量の界面活性剤が入っています。界面活性剤が多く入っていると洗浄力は高くなりますが、その分肌への負担は大きくなります。オイル系やリキッド系のクレンジングには界面活性剤が多く含まれますので、肌の乾燥を防ぐためには避けるようにおすすめします。代わりにクレンジングミルクやクレンジングクリーム、クレンジングバームを選ぶようにしましょう。

※クレンジングミルクは洗浄力が弱いので、しっかりメイクの人には向きません。メイクはパウダーをサッとはたくだけ、どちらかというと薄化粧、という人におすすめです。

2.おすすめのクレンジング剤

肌に負担の軽いクレンジング剤の中から、おすすめのクレンジングを「ミルク」「クリーム」「バーム」とタイプ別に3つずつご紹介していきます。
クレンジング選びに迷ったら、この中から選んでみてくださいね。

2-1.おすすめクレンジングミルク

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクの画像

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク
89%が美容成分という保湿力の高いクレンジングミルク。肌にのせるだけでメイクが浮き上がるアクアクレンジングゲル構造で、メイクもしっかりと落とします。しっとりと潤いのある洗い上がりで、肌がつっぱりません。
価格:200g 3,000円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

カウブランド 無添加メイク落としミルクの画像

カウブランド 無添加メイク落としミルク
アミノ酸系洗浄成分を配合し、肌に極力負担を与えることなくメイクを落とします。保湿成分として天然由来のセラミドを配合し、肌に負担のある成分をすべてカットした無添加クレンジングミルクです。プチプラなのもうれしい!
価格:150ml 880円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

パラドゥ スキンケアクレンジングの画像

パラドゥ スキンケアクレンジング
美容成分89%配合のミルククレンジング。独自技術のアクアカプセル処方を採用し、メイクを浮き上がらせて落とすため、落ちにくいメイクもきちんと落とせます。皮脂も落とせるので、Wクレンジングは不要です。
価格:240g 1,500円(税抜) 120g 1,200円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

2-2.おすすめクレンジングクリーム

プレディア スパ・エ・メール ファンゴWクレンズの画像

プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ
天然ミネラル泥配合で、メイクや皮脂、毛穴の汚れまできちんと落とすクレンジングクリーム。やわらかなテクスチャ-で、メイクや汚れをふんわりと浮き上がらせて落とします。洗い上がりはしっとりとしていて、使い続けるうちに透明感のある肌へと導きます。
価格:300g 4,500円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

モイスティシモ クレンジングクリームの画像

POLA モイスティシモクレンジングクリーム
肌の乾燥に悩む人のためにつくられたクレンジングクリーム。サクラエキスやオウレンエキスなどの保湿成分を配合し、潤いをキープしながらメイクを落とします。
価格:120g 3,500円(税抜)
販売元:POLA

ブラン クレンジングクリームの画像

イグニス ブラン クレンジングクリーム
保湿成分としてコメヌカエキスを配合し、洗顔後の肌をしっとりと仕上げてくれるクレンジングクリーム。メイクや汚れをきちんと落としつつ、肌にやさしい洗い上がりです。
価格:200g 3,500円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

2-3.おすすめクレンジングバーム

ザ クレンジングバームの画像

D.U.O クレンジングバーム
毛穴より小さい微粒子カプセル処方で、メイクだけでなく毛穴の奥の汚れまでスッキリと落とすので、W洗顔が不要のクレンジングバームです。31種類のエイジングケア成分を配合し、肌を保湿しながらメイク・汚れを落とすので、洗い上がりはしっとり感が続きます。
価格:90g 3,600円(税抜) 初回特別価格1,800円(税抜)
販売元:D.U.O

ボビィブラウン エクストラバームリンスの画像

ボディ・ブラウン エクストラ バームリンス
乾燥肌の人におすすめのボディ・ブラウンのクレンジングクリーム。保湿成分としてグリセリンやオリーブオイルを配合し、メイクや毛穴の汚れをしっかりと落としつつ、潤いある肌へと整えます。
価格:200g 8,500円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

テイク ザ デイ オフ クレンジング バームの画像

クリニーク テイク ザ デイ オフ クレンジングバーム
肌に馴染ませるとオイルに変わって、メイクや汚れをスルッと落とします。スッキリとした洗い上がりですが、つっぱらないのが特徴。肌の乾燥が気になる人にも人気のあるクレンジングバームです。
価格:110g 3,800円(税抜)
出典:https://amazon.co.jp

3.クレンジング剤の使い方

保湿しながらクレンジングできるクレンジング剤には「ミルク」「クリーム」「バーム」と3つのタイプがあります。正しい使い方を守ることが、肌への負担を与えずにメイクをきちんと落とすためには欠かせません。
それぞれのクレンジング剤の使い方をご紹介していきます。

3-1.クレンジングミルクの使い方

クレンジングミルクは洗浄力が弱いので、薄化粧の時に使用します。もしもウォータープルーフのマスカラや口紅を塗っている場合は、先にポイントメイク用のリムーバーで落としておくようにしてください。

クレンジングミルクの使い方の画像

  1. クレンジングミルクは少し多めに手に取り(4~5プッシュが目安)、手のひらで軽く温める。
  2. 額、両頬、鼻筋、アゴなど目元以外にクリームをのせる。
  3. 顔の内側から外側に向かって小さな円を描くようにマッサージしながら、クレンジングミルクをメイクに馴染ませていく。(額→フェイスライン→両頬→小鼻→鼻筋→口周りの順に)
  4. 残ったクレンジングでやさしく目の周りもマッサージする。
  5. ぬるま湯で丁寧に洗い流す

3-2.クレンジングクリームの使い方

クレンジングクリームを使う場合も、先にポイントメイクは専用のリムーバーで落としておくようにしましょう。

クレンジングクリームの使い方の画像

  1. サクランボ大くらいの量のクレンジングクリームを手に取る。
  2. クレンジングクリームを額、両頬、鼻筋、アゴの部分にのせていく。
  3. 内側から外側に向かってくるくると小さな円を描くようにマッサージしながら、クレンジングクリームを顔全体に馴染ませる。(1分程度。指のすべりが悪い場合は、クリームを足す)
  4. クリームの色が半透明になり、メイクとしっかり馴染んだらぬるま湯で丁寧に洗い流す。

3-3.クレンジングバームの使い方

ポイントメイクは先に落とした上で、クレンジングをしていきます。

クレンジングバームの使い方の画像

  1. クレンジングバームを適量、乾いた手に取る。(量は記載されている量を守る)
  2. 手のひらでクレンジングバームを少し溶かしたら、顔全体に広げる
  3. 内側から外側に向かってくるくると小さな円を描くようにマッサージしながら、クレンジングバームをメイクと馴染ませる。(1分程度)
  4. 特に小鼻など皮脂やメイクの汚れが溜まりやすい部位は丁寧にマッサージする。
  5. ぬるま湯で丁寧に洗い流す。

4.肌を乾燥させないためのクレンジング方法

顔を洗う女性の画像

メイクを落とすために必要なクレンジングですが、クレンジング時に肌に負担を与えてしまうことがあります。肌を乾燥させないためのクレンジング方法のポイントを挙げていきますね。

  • クレンジングを馴染ませる時は、ゴシゴシと擦らない
  • クレンジング剤をつけて長時間マッサージしない
  • すすぎ時は熱いお湯は避ける
  • すすぎ残しがないようにする

5.クレンジングの後の保湿

お肌の画像

クレンジング後は、洗顔をおこないます。W洗顔不要のクレンジング剤もありますが、一般的にはクレンジングはメイクを落とすためのもの、その後の洗顔は皮脂などの汚れを落とすためのものという風に使い分けます。

肌を乾燥させないためには、洗顔料も洗浄力が高いものは避けるようにしましょう。肌にマイルドなタイプの洗顔料を選んで、たっぷりの泡を立てて洗います。洗顔後はすすぎ残しのないように十分にすすいでくださいね。

W洗顔後はタオルで水分を拭き取って、すぐに保湿ケアをおこないます。肌を乾燥させないためには、肌の保湿は洗顔後すぐにやるようにしましょう。保湿ケアとしては、化粧水で水分を与えた後に、美容液、乳液で保湿します。仕上げにクリームで保湿すると、乾燥肌でも潤いをキープできます。

肌を乾燥させないためにはクレンジング選びにこだわることに加えて、しっかりと保湿ケアをおこなうことも大切です。
保湿ケアも怠らないようにしましょう。

まとめ

こちらでご紹介したように、クレンジングの選び方・使い方を変えるだけで、肌の乾燥は防ぐことができます。洗顔後はしっかりと保湿して、肌の潤いをキープするようにしてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*