タバコの煙が指爪について黄色くなったときのヤニの取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

ふとしたきっかけで指先に目が行ったら、爪が黄色くなっていたってことありませんか?
これはひょっとするとタバコのせいの可能性があります。
今回は、タバコで黄色く変色した爪を綺麗にする方法、そして、タバコを吸うときに爪が黄色く変色しにくい方法を紹介します。



1.タバコで爪が黄色くなるの?

タバコを吸っている人の爪は、吸わない人と比較した場合には黄色くなりやすいです。
ほとんどのタバコにはフィルターがついていますが、タバコを吸う際には、フィルターにある細かい穴からニコチンやタールが染み出し、これが爪に付着すると黄色く変色します。
また、タバコの煙に含まれるニコチンやタールによって爪が黄色く変色することもあります。

1-1.利き指だけ黄色くなる

タバコの画像

あなたはいつも、利き指にタバコを挟んで吸ってはいないでしょうか?
もしそうだとしたら、その動作が原因で、利き指の爪だけが黄色く変色しているはずです。

1-2.ネイルが黄色くなる

ネイルの画像

マニキュアやジェルネイルの材質にタバコのヤニが付着すると、黄色や茶色に変色してしまいます。マニキュアやジェルネイルによって爪が保護されているので、爪自体が黄色く変色することはありません。

1-3.黄色くならない人もいる

爪の画像

タバコの種類によっては含有しているニコチンやタールが少ない場合には、タバコを吸っても爪が黄色く変色しない方もいるようです。

2.爪についたタバコのヤニの取り方

それでは次に、タバコのニコチンやタールによってできてしまった黄ばみを落とす方法についてご紹介すます。

2-1.バッファー(爪やすり)で擦る

バッファーを使用すれば、簡単に黄色くなった爪を元の色に戻すことができます。

爪磨きの画像

  1. 爪をよく洗う
  2. バッファーの目が細かい部分で、慎重に黄ばみ部分を擦る

たったこれだけで、タバコによる爪の黄ばみから解放されます。
ただし、この方法は1回行うごとに爪の厚みが薄くなってもろくなりやすいため、あまり頻繁に行うことはオススメできません。
また、この方法で黄ばみを落とした後には、必ず爪ケア専用のクリームや、爪ケアにも対応しているハンドクリームなどを塗り、爪の表面を保護してあげましょう。

2-2.重層でケアする

重層は、家庭用洗剤としても重宝しますが、タバコのヤニで黄ばんでしまった爪ケアにも役立ちます。用意するものは重層とボウルです。

重曹ペーストの画像

  1. ボウルに重層を入れ、少量の水を加えてペースト作る
  2. 黄ばみが気になる爪をペーストに入れて、5分間程度放置する

この方法で気になる黄ばみを落とすことができますが、黄ばみを落としきれないときには、ペーストを少量爪に乗せて、爪ブラシでこすってみましょう。その後にぬるま湯でよく洗い流せば、ほとんどの黄ばみを落とすことができます。

2-3.レモンでケアする

薬品などを使用したくないという方は、レモンで爪ケアを行ってみましょう。用意するものは、レモン2分の1個です。

レモンの画像

  1. レモン1個を半分にカットする
  2. レモンの果肉部分に爪を差し込んで5分間程度放置する

この方法は、できたばかりの黄ばみに効果的です。レモンに含まれる酸には漂白作用を期待することができますので、爪の漂白にも役立ちます。

3.爪にヤニをつけない方法

できてしまった黄ばみは、上記でご紹介した方法でケアを行う必要があります。
今度はせっかく爪を綺麗にしたのであれば、タバコのヤニから爪を守る方法も見ていきましょう。

3-1.手袋をする

手袋の画像

薄手の軍手やコットン製の手袋をつけてタバコを吸うという方法です。爪が黄色くなるのを防ぐことができます。白い軍手やコットン製の手袋でこの方法を実践してみると、タバコ1本吸っただけで、白地が薄い茶色になります。
また、この方法でタバコを吸う際には、フィルターギリギリまで吸い続けないことが大切です。
フィルターギリギリまで吸い続けてしまうと、タバコの火が手袋に引火しやすく危険です。
ゴム素材など燃えやすい手袋でも注意が必要です。

3-2.角度に気をつける

タバコの画像

手袋に抵抗があるのであれば、タバコを持つ角度に注意してみましょう。たとえば、タバコの煙が爪に直接触れないように注意するなど。また、タバコを吸うたびに別の指に持ち替えてみるというのもひとつの方法です。

3-3.加熱式タバコにする

アイコスの画像

最近人気の加熱式タバコとは、熱を加えることによって蒸気が発生するタバコです。この種類のタバコは、煙の代わりに蒸気が発生するため、タバコによる爪の黄ばみを防ぐことができます。さらに、タバコに含まれる有害物質の約90%をカットすることができるというメリットを持っています。

4.タバコ以外で爪が黄色くなることも

タバコ以外で爪が黄色くなることもありますので、次のようなことに気をつけるようにしましょう。

4-1.マニキュアによる色素沈着

除光液の画像

マニキュアに配合されてる顔料の種類によっては、マニキュアで色素沈着が起こることがあります。これを防ぐためには、マニキュアを塗る前に、顔料を配合していないベースコートを塗るという方法がベストです。
また、マニキュアでなく、リムーバーに配合されている成分で爪が痛み、色素沈着が起こることもあります。
ネイルオフの度に、爪が黄ばんだり茶色く変色したりするようであれば、リムーバーが色素沈着の原因であると考えることもできますので、ひとまず使用するリムーバーの種類を変えてみましょう。

4-2.紫外線

トップコートの画像

紫外線を浴び続けると、髪が傷んだり変色したりすることがありますよね?実は、爪が紫外線を浴び続けていると、髪と同様のことが起こります。髪も爪も、主成分はタンパク質で、紫外線を浴び続けていると乾燥し、変色してしまうことがあります。
特に海やプールなどでは、つい無防備になり、爪のケアを忘れてしまいがちです。ですが、爪がまともに紫外線を浴び続けてしまうと、茶色っぽく変色することがありますので、爪もお肌と同様に、UVカット効果を期待できるトップコートまたはマニキュアなどで保護してあげましょう。

4-3.病気

クリニックの画像

健康な爪は、薄いピンク色をしています。爪のピンク色は、爪から透けて見える血液の色ですので、なんとなくどす黒かったり、紫色に変色しているときには、病気を疑う必要性が出てきます。

    • どす黒く変色…糖尿病、副腎皮質異常、アジソン病など
    • 紫色に変色…心疾患やチアノーゼなど
    • 黄色に変色…糖尿病、心疾患、自己免疫疾患など
    • 白色に変色…肝機能障害、慢性肺炎など

また、常にジェルネイルを行っている方がオフしたときに、爪と皮膚の隙間が緑色に変色していることがあり、この場合ではグリーンネイルと呼ばれる爪のカビが原因である可能性が大きいです。
いずれの場合であっても、爪が変色するというのは異常ですので、タバコ以外の原因が心配なのであれば、病院で検査を受けてみると良いでしょう。

5.オススメのポリッシュ

タバコのヤニから爪を守るのであれば、ネイルポリッシュなどで爪を保護してあげるというのが、最もお手軽な方法です。

OPIインフィニット シャイン ネイルラッカーの画像

OPI
ネイルポリッシュでありながら、ジェルネイルのような美しいツヤと輝きを楽しむことができる製品です。ネイルのプロも絶賛、速乾性ですので、乾くまで待たなければならないストレスもありません。
価格:1本2,376円
出典:http://www.cosme.com/

THREE
スモーキーカラーからビビッドカラーまで、全30色が用意されています。
価格:1本1,944円
出典:http://www.threecosmetics.com/

インココの画像

インココ
爪に優しく、貼るだけというお手軽さ。時間がないときには特にオススメです。
トップコート、カラー、ベースコートの3層構造。
価格:1セット1,188円~
出典:https://incoco.jp/

LaDunネイルシールの画像

ラデュンジェルネイルシール
キラキラのジュエリータイプがお好みなら、ラデュンジェルネイルシールがオススメです。とても良く伸びますので、シールタイプが初めてでも簡単に使用することができます。
価格:1セット1,015円
出典:http://www.celebeauty.jp/

まとめ

タバコによる爪の黄ばみを落とす方法や、タバコのヤニから爪を守るための工夫をご紹介しました。
爪の黄ばみが気になるときはまずは爪ケアやヤニが付着しにくい工夫を行ってみましょう。
健康面の心配があるときは病院を受診してご自身の健康状態を知っておくことが望ましいといえるでしょう。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!
ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*