更年期障害になったら知っておきたい4つの有効なお薬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像更年期の症状がつらいと藁にもすがりたい思いになります。毎日つらくて暗い思いで生活されていた人がパァーッと霧が晴れたように薬が効くこともあります。
ここでは現在更年期障害の治療で代表的な4つの有効な薬を紹介します。
順に見ていきましょう。


1.更年期障害の症状

更年期の症状にはほてり、のぼせ、急に大量の汗をかく、めまい、肩こり、イライラする、月経不順など様々なものがあります。多くは卵巣の機能の低下によるエストロゲンの急激な減少が原因です。更年期になっても症状の軽い方は一度病院で診断を受けただけで、それきり行かなくてもいい人もいます。逆に重い人は日常の生活ができなくなる人もいます。

2.更年期障害の薬

更年期障害に用いられる薬はホルモン補充療法(HRT)に使われる女性ホルモン製剤、漢方薬、自律神経調整薬、プラセンタ製剤の4つです。

  1. 女性ホルモン製剤
  2. 漢方薬
  3. 自律神経調整薬
  4. プラセンタ製剤

2-1.女性ホルモン製剤

女性ホルモン製剤はホルモン補充療法(HRT)の際に処方される薬です。
錠剤、パッチ薬、ジェル剤があります。合成された女性ホルモンを含んでいてエストロゲンのみ含まれるもの、黄体ホルモン(プロゲステロン)のみ含まれるもの、両方が含まれるものがあります。

ホルモン補充療法の製剤の表の画像

出典:http://www.meno-sg.net/iryou/hrt-what-chart.html

2-2.漢方薬

漢方薬は効き目は穏やかなものの、副作用も少なく長期に服用できるので、多くの婦人科・更年期外来でも処方されます。
更年期障害に用いられる漢方薬には代表的な3つの処方があります。

  1. 当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
  2. 加味逍遙散 (かみしょうようさん)
  3. 桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

それぞれ体質によって使用される漢方が異なり、体力が弱っている方には当帰芍薬散、体力が中程度ある方には桂枝茯苓丸、その中間で加味逍遙散が処方されます。
女性の更年期障害にて最も多く処方されているのが加味逍遙散です。
更年期障害に効果を発揮する漢方薬にも詳しくまとめていますからご覧ください。

2-3.自律神経調整薬

自律神経調整薬とはその名の通り自律神経の働きを調整してくれる薬です。
自律神経調整薬を服用することによって血流が改善し、ホットフラッシュなどが改善します。ホルモン補充療法が行えない方にも向いています。

自律神経調整薬の表の画像

出典:http://www.xn--zssr1m61u8idz7ft8hluq.jp.net/catego11/catego15/file20.php

2-4.プラセンタ製剤

更年期の治療にはプラセンタ製剤も向いています。
プラセンタとは胎盤のことで、体内のホルモンを調整する働きがあり、更年期の症状が楽になります。病院での治療にはヒト胎盤からつくられたプラセンタ注射剤が使用されていて、現在認可されているプラセンタ製剤はラネンネックとメルスモンの2種のみです。更年期障害にはメルスモンが使用されます。

  1. ラエンネック…慢性的な肝機能障害
  2. メルスモン…更年期障害、乳汁分泌不全

プラセンタ注射の効果と2つの注意点にも詳しくまとめていますのでご覧ください。

3.更年期障害の薬の購入方法

ホルモン補充療法(HRT)の薬、自律神経調整薬、プラセンタ注射剤は直接薬局に行っても購入できません。
病院での注射、あるいは病院で出される処方箋が必要になります。

漢方薬は直接薬局で購入できます。普通の薬局でもパッケージされたものが市販されていますし、漢方を専門に扱う漢方薬局で体質に合わせて調合してもらうこともできます。
漢方薬は150種類ほどが保険適用となっており、病院にて処方してもらう場合は安価になります。

3-1.漢方薬の値段

例えば代表的な「加味逍遥散」でしたら専門の漢方薬局では1カ月分10,000円~18,000円ほど、普通の薬局では4,500円~10,000円ほど、病院であれば薬代で2,300円~5,000円ほどで、保険適用の3割負担です。
値段がかなり違いますが、漢方薬局では使用される原料の質や薬剤師さんの人件費などで高価なようです。漢方薬局はその人の体質から合う漢方薬を調合してくれます。

4.病院に行った方がいい

更年期障害と思われる症状で薬が飲みたいと思うほどであればまず病院を受診しましょう。
ご自分の女性ホルモンの値を調べることで、更年期かどうかわかります。
漢方薬局も正しい医師の診断があってこそ正しい処方の提案ができます。
めまいや頭痛は更年期以外の病気の可能性もありますからまずはその不安をなくすことから始めましょう。

5.更年期障害に効くサプリメント

更年期障害に有効なサプリメントもあります。
女性ホルモンのバランスを整えたり、神経の働きを正常に保つことができます。

  • プラセンタ…医薬品と違いサプリメントは豚や馬の胎盤からつくられます。
  • ビタミンB群…ビタミンB群は神経の働きを正常に保ちます。
  • 亜麻リグナン…女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり更年期に有効です。

まとめ

更年期の症状がつらいのはなかなか人に相談できずにいる方も多いようです。
まずは病院を受診してみましょう。あなたに合う有効な薬が見つかるかもしれません。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから

ご意見やご感想などは、こちらからどうぞ

*