オイルクレンジングを正しく使って濃いメイクも残さず落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

オイルクレンジングは他のクレンジングに比べ、簡単に使えてしっかりメイクを落とせるという優秀さを兼ね備えています。よってファンが多いのも事実ですね。特にバッチリアイメイクをする人からは人気があります。ただ逆に肌悩みを招きやすいのも、オイルクレンジングの特徴だと言えるかもしれません。

オイルクレンジングに替えてからニキビができるようになってしまった…と言う方もいますが、洗浄力の強さが肌に影響を与えているのかと疑問になる方もいるでしょう。よってここではオイルクレンジングにマッチする肌タイプや、正しい使い方についてご紹介していきます。



1.オイルクレンジングの特徴

オイルクレンジングを使う女性の画像

オイルクレンジングと聞くと、ベタベタとしているのでは?と思う方もいるでしょうが、そのような心配はありません。たしかにクレンジングの主成分は油分ですが、手に取るとさらさらとキメ細かくなめらかなテクスチャーをしています。

その理由は、界面活性剤を多く使用しているからです。オイルクレンジングは界面活性剤を多く含むぶん、肌につけてもベタつかずすっとメイクになじみます。同時にうるおい維持にも着目し、保湿成分が含まれているオイルクレンジングも多いのが特徴でしょう。

2.オイルクレンジングで簡単にメイクが落ちるしくみ

クレンジングオイル仕組みの画像

するんとメイクを落とせるオイルクレンジングですが、そのしくみはオイルクレンジングが油性であること、界面活性剤を使用していることが関係しています。油分は油分となじむ性質を持っており、メイクは油性ですのでオイルとしっかりなじみやすいのです。

クレンジングではない一般的なオイルでもメイクを浮かせることは可能です。ただメイクを落とすためには水と油分をなじませてから洗い流さなければいけないため、界面活性剤で乳化させる必要があります。スキンケア用のオイルではメイクを落とすことはできず、オイルクレンジングが必要になります。

3.オイルクレンジングが向いている方

オイルクレンジングは、以下の3つの特徴を持ち合わせている方におすすめです。

  • メイクが濃い人
  • 毛穴が目立つ人
  • 肌が脂っぽい人

クレンジングオイルが向いている方の画像

3-1.メイクが濃い

濃いメイクはオイルタイプの方が簡単に落とせます。しっかりメイクにおすすめのクレンジング剤だと言えるでしょう。オイルクレンジングは、濃いメイクも薄いメイクも関係なく、すっと浮かせて落とすことができます。

3-2.毛穴が目立つ

毛穴が開いていると、下地やファンデーションが入り込んでしまうため、クレンジンングしても落としにくくなります。オイルクレンジングは毛穴の中のメイクや汚れも浮かせて落すことができます。汚れが入りやすい毛穴にはピッタリだと言えるでしょう。

3-3.肌が脂っぽい

肌が油っぽい方にオイルクレンジングがおすすめです。顔の油も一緒に落としてくれます。ただ肌の乾燥が原因でべたつきを招いてしまっている方に、オイルクレンジングは逆効果です。肌をうるおしている皮脂をクレンジングで奪ってしまうと、皮脂を補おうと大量に分泌されてしまいます。肌が乾燥している方にはおだやかに落とせるのクリームクレンジングがおすすめです。

ただオイルクレンジングでも、ホホバオイルやオリーブオイルなどの油脂系オイルクレンジングは、界面活性剤が少なくおだやかな洗浄力ですので安心です。肌の乾燥が気になる方やナチュラルメイクの方におすすめです。

4.おすすめのオイルクレンジング

ではおすすめのオイルクレンジングをご紹介します。

Hオイルクレンジングの画像

アクアティークエムディー/Hオイルクレンジング
水素と天然植物オイルの力で肌ストレスを緩和しながら落とせるオイルクレンジングです。浸透にすぐれた水素と、植物オイルが肌にうるおいを与えながら、メイクをすっきり落とします。30代以降のエイジング世代にもおすすめできるひとつです。
金額:3,000円
出典:http://www.aquatiquemd.com/

オリーブオイルクレンジングの画像

サラヴィオ化粧品/オリーブオイルクレンジング
なんと全成分がオリーブオイルとソルビトールのみで構成されている、二層式のオイルクレンジングです。オリーブオイルの力でメイクや毛穴汚れをしっかり取り去りながらも、うるおいを守ってすこやかな肌を保ちます。
金額:2,500円
出典:https://www.saravio.jp/

リサージ ホワイトオイルクレンジングの画像

リサージ ホワイト/オイルクレンジング
毛穴の汚れやメイクはもちろん、古い角質も落としてくすみを防ぐオイルクレンジングです。透明感のある、みずみずしい素肌を取り戻します。くすみはじめる20代から30代におすすめ。
金額:4,000円
出典:http://www.lissage.jp/

アーティオイルクレンジングの画像

アンサージュ/アーティオイルクレンジング
ホホバオイルやスクワランを配合し、軽い使い心地を実現しながらも、毛穴の汚れやメイクをしっかり落とすオイルクレンジングです。うるおいを残しながら落とし、エイジング世代にも最適。濡れた手でも使えます。
金額:2,800円
出典:http://www.ansage.jp/

ピュアオイルクレンジングの画像

Zto/ピュアオイルクレンジング
酸化しにくい植物オイルのみを厳選したオイルクレンジングです。ふき取りタイプですので肌への負担を最小限に抑えています。純度も高いので、クレンジングとしてだけでなく美容オイルとして使えるのも魅力です。
金額:3,024円
出典:http://www.z-to.com/

リサージ モイスト オイルクレンジングの画像

リサージモイスト/オイルクレンジング
とろみのあるオイルがメイクや皮脂をすばやく落とすオイルクレンジングです。うるおいを守りながら汚れなどをすっきり落とし、やわらかですこやかな肌を保ちます。濡れた手で使えるから便利ですよ。
金額:2,500円
出典:http://www.lissage.jp/

ミストラルコスメティクス/プレミアムオイルクレンザーの画像

ミストラルコスメティクス/プレミアムオイルクレンザー
ウォータープルーフのマスカラもすばやく浮かせてすきっと落とすオイルクレンジングです。同時にビサボロールやゴヨウマツ種子オイル配合で、うるおいを守りながら洗えます。セラミドと同じような働きをする、肌のうるおいを与える成分を配合し、しっとりなめらかに整えます。
金額:4,980円
出典:http://www.mistral-cosme.com/

エルテオ オイルクレンザーの画像

エルテオ/エルテオ オイルクレンザー
洗い上がりの感触にこだわったオイルクレンジングです。ベタつきを抑えてさらりとしなやかな肌に整えます。すべての肌質、肌年齢に使えます。医薬部外品で、ノンコメドジェニックテスト、アレルギーテスト済みで使えます。
金額:8,600円
出典:https://members.septem.co.jp/

パーフェクトクレンジングの画像

トゥヴェール/パーフェクトクレンジング
オイルクレンジングとしても、ミルククレンジングとしても使える2WAYクレンジングです。毛穴汚れやメイクをすっきり落として、肌を整えます。乳化剤はお菓子に使われている食品乳化剤を使用。肌や環境へのやさしさが魅力です。
金額:1,800円
出典:https://www.tvert.jp/

5.オイルクレンジングの使い方

正しく使ってこそ、オイルクレンジングのメイク落としが発揮されます。オイルクレンジングの商品ごとの使い方で多少の誤差はあるもの、基本的な使い方は同じです。ここでは基本的なオイルクレンジングの使用方法をご紹介しましょう。

クレンジングオイルのやり方の画像

  1. ポイントメイクを落す
    先にポイントメイクは落しておきましょう。
  2. 乾いた手にオイルクレンジング適量を取る
    基本的には乾いた手にオイルクレンジングを取るようにしましょう。中には濡れた手で使えるものもありますので、商品に応じた使い方でOKです。
  3. 顔全体になじませる
    手に取ったオイルクレンジングを顔全体になじませましょう。マッサージ不要です。時間を置きすぎてしまうと、毛穴の黒ずみや肌の乾燥の原因になってしまうので注意してください。
  4. 水とメイクをなじませる
    水を指先ですくい、オイルクレンジングと水をなじませるように肌の上をくるくるしてください。乳化剤のおかげで水とクレンジングが混ざり、メイクを洗い流せます。乳化させるのはクレンジングにかかせないステップですので、しっかり行ってください。
  5. 十分にすすぐ
    最後は、ぬるま湯以下の水で十分にすすぎましょう。肌にオイルクレンジングの成分が残ってしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。またすすぐときの水は温かく感じない程度でありながら、冷たすぎない水で行ってください。

温かく感じるお湯やぬるま湯ですすぎを行うと、肌にある皮脂も奪ってしまうので注意が必要です。皮脂がなくなった肌はバリア機能がなくなり、乾燥や肌荒れの原因になってしまうので注意しましょう。

6.オイルクレンジングを使うときの注意点

効果的にオイルクレンジングを使うための注意点も心得ておきましょう。

オイルクレンジングを使うときの注意点の画像

  • 洗い残しに注意
    界面活性剤をたっぷり含むオイルクレンジングは、洗い流すときに注意しましょう。界面活性剤が肌に残ると、乾燥やニキビなどの原因になってしまいます。多すぎるかな、と思うくらいすすげば間違いありません。またあごや髪の生え際もクレンジングが残りやすいので、たっぷりの水でたっぷりの回数をすすいでください。
  • 摩擦に注意
    肌のすべりがなめらかなクレンジングオイルを使うと、ついつい指で摩擦を加えてしまいがいちです。力をかけてしまうと肌を傷つけてしまうおそれがあるので、力加減には十分注意しましょう。肌の上で指を動かすときは、ゆっくりとしたテンポで行うと、力加減が調節できます。
  • 使用は最小限にするのがベスト
    皮脂が奪われて乾燥を招きやすいぶん、オイルクレンジングは肌への負担は多大です。メイクが薄い方や肌が敏感な方は、ミルククレンジングやクリームクレンジングがおすすめです。

まとめ

メイクや汚れをしっかり落とせるオイルクレンジングはスキンケアの強い味方です。肌の乾燥を招きやすいというデメリットがありますが、逆を返せばメイクをしっかり落とせるので短時間で済むと言うメリットもあります。自分に合ったものを使うことで、すこやかな肌を保ちましょう。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*