米ぬか化粧品でエイジングケア!簡単米ぬか手作りコスメで美肌になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

昔から「米ぬかは肌にいい」「美白になる成分が入っている」といわれており、なんとなくですが米ぬかは美容に良い効果があると知っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、それがどのように作用するのか、美容に良いと言われている理由は何なのか詳しく知っている人は少ないでしょう。

そこで今回は米ぬかがなぜ肌に良いのかという疑問にお答えし、さらに今話題の米ぬか化粧品を使ったエイジングケア方法をご紹介します。




1.日本の伝統的な美容素材 「米ぬか」

稲穂の画像

昔の女性たちは米ぬかを木綿の袋に入れて、「ぬか袋」なるものを使っていました。そのぬか袋は入浴時に入れると肌がすべすべに。洗顔料の代わりとして使うと美肌になると言われており多くの日本人女性の美肌ケアに使われてきました。

今は高齢者になっている方に話を聞くと、「米ぬかで体を洗っていた」という話もよく聞かれます。今のようにボディソープや洗顔料などが十分でなかったからこそ広まっていた美肌ケア方法なのです。

昔から親しまれていて多くの人が「米ぬかの美肌効果」を実感しています。だからこそ今、それを応用して米ぬか化粧品が作られているのです。

2. 米ぬか化粧品の効果

化粧水の画像

米ぬかには豊富な栄養が含まれていて美肌に良い効果がたくさんあります。

  • 肌の汚れをしっかり落としてくすみを取る
  • 毛穴の汚れを落として肌をツルツル・しっとりにする
  • ビタミン類の効果で美白作用がある
  • 抗酸化作用でアンチエイジング
  • 高い洗浄力でニキビの原因となる皮脂汚れを落とす

といったように、まるで万能な美容アイテムのような効果があります。これらの効果があるのは米ぬかに豊富な美肌成分が含まれているからです。

2-1.美肌成分がすごい

米ぬか美肌成分の画像

出典:http://store.bijin-nuka.com/bijinnuka/1.1/502/

米ぬかには豊富な美肌成分があります。

  • セラミド 肌に最も必要な保湿成分と言われており、バリア機能を高めるためには必要な成分
  • γ-オリザノール 抗酸化作用が高く、美白やアンチエイジングに効果あり
  • ビタミンB2・B6 ターンオーバーを活発にし、シミやシワを防ぐ
  • 脂肪酸ナトリウム 天然の界面活性剤と言われる成分。肌の汚れをしっかり落とす
  • オリザブラン 肌の水分量を保ち、乾燥を防ぐ
  • ビタミンE シミやくすみの原因となる「過酸化脂質」を抑える働きがある
  • アミノ酸 コラーゲンの材料となり、肌のハリや潤いをアップさせてくれる

このように、豊富な美肌効果のある成分が含まれている米ぬか。ここまで美肌成分が含まれている化粧品を探そうと思っても、難しいのではないでしょうか。これを見るだけでも今すぐ米ぬかを使って美肌ケアをしたくなりますよね。

特に「シミ」「くすみ」を改善する作用や、抗酸化作用によるアンチエイジング効果高いの
で、年齢肌で悩んでいる方やこれからしっかり予防していきたいと思っている方に適しています。

3. オススメの米ぬか化粧品

豊富な美容効果がある米ぬかは化粧品にも多く使われています。いくつかオススメのアイテムをピックアップしました。

3-1.化粧水

米ぬか成分が配合されている化粧水をご紹介します。

純米美白化粧水の画像

純米美白化粧水 美人ぬか
130ml 980円(税別)
米ぬかの美白効果に注目して作られた化粧水。メラニンの生成を抑え、米ぬかの潤い成分でしっかりと保湿もしてくれます。美白有効成分であるトラネキサム酸も配合されています。
出典:http://store.bijin-nuka.com/bijinnuka/7.1/18/

米ぬか美人NS-K化粧水の画像

米ぬか美人NS-K化粧水 日本盛
120ml 1,800円(税別)
米ぬかエキスの他に「日本酒酵母エキス」「純米酒」などを加えており、天然成分でしっかりと美肌効果を感じることができる化粧水です。無添加で肌に優しく「シミが目立たなくなった」「これ以外考えられない」といった評価もよく見られます。
出典:http://shop.nihonsakari.co.jp/shop/g/g02940-0-0/

3-2.洗顔料

米ぬか成分が配合されている洗顔料をご紹介します。

ミュオ泡の洗顔料の画像 泡の洗顔料 muo(ミュオ)
180ml オープン価格
米ぬかと酒粕エキスの効果でしっかり潤いをキープ。洗った後のツッパリ感がなく、しっかり保湿してくれる洗顔料です。泡タイプなので泡立てる必要がないことや無添加で肌に優しい点などが人気の理由になっています。
出典:http://www.kracie.co.jp/products/muo/sengan/index.html

無添加米ぬか洗顔フォームの画像

無添加米ぬか洗顔フォーム ロゼット
140g 500円(税別)
人気の洗顔料を多く発売しているロゼットの製品。植物由来の成分が米ぬかが配合されていて潤いをしっかり残しつつ角質の汚れをしっかりと取り除いてくれます。ニキビが減ったという口コミも多いアイテムです。
出典:https://rosette.jp/products/detail.php?product_id=107

ハーバリズムの画像

ハーバリズム ラッシュ
100g 1,232円(税別)
自然のものを使ったスキンケアが人気のラッシュの中でも注目度高い洗顔料。米ぬかはもちろん、米酢などが配合されており肌への浸透力が高く、汚れをしっかり落としつつ潤いや肌の柔らかさを与えてくれます。日本人になじみのある材料がメインなので、日本人女性にぴったりです。
出典:https://www.lushjapan.com/products/herbalism

3-3.他の化粧品

米ぬか成分が配合されている化粧品をご紹介します。

AJモイスチャーゲルクリームの画像 AJモイスチャーゲルクリーム ALL-J
50g 6,000円(税別)
口コミ評価の高いオールインワンゲル。肌のきめを整える役割をもつ成分として米ぬか発酵エキスが配合されています。そのほかにも植物由来の美肌成分などが豊富に含まれていてそれらの成分はすべて国内産。安心して使える美肌ケアアイテムです。
出典:http://all-j.jp/

糀姫 ふぇいすぱっくの画像

糀姫ふぇいすぱっく シースタイル
150g 1,400円
米ぬかはもちろん、酒粕や日本酒などの天然成分を含んだ洗い流すタイプのフェイスパックです。毛穴の汚れをしっかり落とし、透明感のある肌に導いてくれます。こんにゃくスクラブ入りなのでスペシャルケアとして使っている人が多いアイテムです。
出典:http://www.she-style.com/kouji-hime/products/facepack.html

4. 米ぬか化粧品は手作りもできる

市販の化粧品にも米ぬかを使ったものはたくさんありますが、新鮮な米ぬかを使って、手作りの化粧品を作っている方も居ます。手間はかかりますが新鮮なものを使っている分、肌への刺激も少なくより高い美肌効果が期待できると言われています。

簡単に作れるものばかりなので、米ぬかをゲットできたらぜひ試してみましょう。スーパーでも購入できますしネット通販でもよく販売されています。

4-1.手作りの米ぬか化粧水

高い保湿効果で、洗顔後の肌の潤いを保持しましょう。

材料
ぬか15グラム 酒大さじ1 水カップ1 グリセリン中さじ1

作り方

  1. グリセリン以外のすべての材料を鍋に入れます。
  2. 弱火で数分温めます。沸騰させないように注意しましょう。
  3. 沸騰する手前で火を止め、冷まてから漉します。
  4. そこにグリセリンを入れます
  5. 保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

米ぬか化粧水の作り方の画像

出典:http://iroiro-recipe.jugem.jp/?cid=6

使用方法
洗顔後、通常の化粧水と同じように手やコットンにとって使います。

注意点
手作りのものなので鮮度に注意しましょう。長くても5日以内には使い切ってください。そのため、作る際はあまり大量に一度に作らないように注意しましょう。使用する米ぬかはできるだけ無添加のものを選ぶといいでしょう。

4-2.手作りの米ぬかパック

昔の女性も米ぬかパックをやっていたと言われています。皮脂をしっかり取り除いてツルツルの肌になれるという効果が期待できます。

材料
米ぬか 大さじ2 薄力粉 大さじ1.5 水 適量

作り方

  1. 米ぬかと薄力粉をボウルに入れ、よく混ぜます。
  2. 少しずつ水を入れ、クリーム状になるまで水を足しながら混ぜ続けます。
  3. 皮脂が気になる場合は少し硬めにするといいでしょう。
  4. 薄力粉と水の代わりに、「ヨーグルト大さじ2」「ヨーグルト大さじ1とはちみつ大さじ1」を混ぜて作るパックもあります。ヨーグルトやはちみつを入れると保湿効果が高まります。

米ぬかと薄力粉

米ぬかパックの画像

米ぬかとヨーグルト

米ぬかヨーグルトの画像

出典:http://hadalove.jp/rice-bran%E2%80%90face-pack-58300

使用方法

  1. 洗顔をした後、タオルで軽く肌の水気をとり、パックを顔全体に優しく塗ります。
  2. 5~10分程度放置し、そっと洗い流しましょう。くれぐれも肌をこすらないように。
  3. パックの後に化粧水や乳液などで肌を整えるスキンケアを行いましょう。

注意点
パックのレシピは1回分です。必ずその日のうちに使い切ってください。使用する米ぬかは無添加・無農薬のものを選びましょう。また、使用する前には肌に合うかどうか二の腕の内側に少し塗るなどしてパッチテストを行いましょう。

4-3.手作りの米ぬか洗顔剤

ツルツルの肌になれる、シミやくすみの改善、ニキビの予防など様々な効果が期待できる米ぬかの洗顔料。より肌に優しいものを選びたいなら手作りがオススメです。

材料
米ぬか 大さじ2 ぬるま湯 適量

作り方

  1. 米ぬかを手に取り、ぬるま湯を少し加えます。
  2. そのまま手の平の上で指を使ってよく混ぜます。

米ぬか洗顔の画像

出典:http://pastell.miyazakiblog.com/?eid=8

使用方法
手のひらで混ざった米ぬかを顔に伸ばし、やさしくマッサージするように洗顔します。

注意点
米ぬかのざらざらしたものが「スクラブ」の役割を果たしてくれるので汚れをしっかりと落とすことができますが、その分肌に刺激を与えるので敏感肌などの肌が弱い方は注意しましょう。また、毎日続けると肌に刺激を与えすぎてしまう可能性があります。週に1回~2回程度の使用に留めておきましょう。

4-4.手作りの米ぬか入浴剤

ボディケアとしても人気が高い米ぬか。入浴剤として使えば全身ツルツルになります!

材料
米ぬか 大さじ3~4 ぬか袋1つ(ガーゼまたはお茶パック)

作り方

  1. ぬか袋に米ぬかを入れるだけでOKです。

ガーゼにぬかを入れて紐で縛ります。

ぬか袋の画像

出典:https://www.instagram.com/p/5yK-pwDea8/

または、お茶パックにぬかを入れます。

お茶パックの画像

使用方法

  1. お風呂に米ぬかが入ったぬか袋を入れ、ぬか袋を揉みます。
  2. 米ぬかの成分がシミ出てお風呂が濁るまで揉みましょう。

注意点
ぬか袋がない場合は、お茶パックや古いストッキングなどで代用しても構いません。お茶パックを使う際は破れて米ぬかが湯船に浮かなばないように注意しましょう。排水溝が詰まる恐れがあるので破れてしまった場合はちゃんと取り除いてから排水を行いましょう。

匂いが残ることがあるので、お風呂掃除もしっかり行うように注意しましょう。

まとめ

様々な美肌効果や、アンチエイジング作用に優れている米ぬか。顔だけでなく体にも使えますし、ヨーグルトに少し混ぜる・きな粉の代わりに使うなどして食べると、体の中からも美肌効果を得ることができます。

自然のものなので肌への刺激も少なく、良い作用がたくさんあります。特にアンチエイジングケアをするにあたって「肌への刺激が少ない」「余分な成分が入っていない」「天然成分である」ということは非常に重要なポイントの1つです。

市販のものでも手作りでも構いません。日々の美肌ケアにぜひ米ぬかを使った化粧品を取り入れて若々しさを保ちましょう!

無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。

  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

タイトル:ご購読にはtwitter、feedly、LINEも便利です!

コメントを残す

*