タバコって美容には百害あって一利なし!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

タバコは美容に良くないと言われていますが、吸っているのに美肌な人もいますよね。喫煙者の中には今あるシミやシワ、かさつきが加齢のせいなのか、タバコのせいなのか、それともほかに原因があるのか…。と気になっている方も多いのではないでしょうか。
様々な研究機関や化粧品メーカーではタバコを吸うことで肌にどんな影響があるのかを調査したデータが発表されています。そのデータによると、タバコを吸い続けると肌に大きな悪影響が出ることが解っています。
そこで、タバコを吸い続けたら肌はどうなってしまうのか…実際のデータなどを参考に比較してまとめてみました。



1.タバコで失われる肌の健康

タバコを吸っていると、シミ・シワ・かさつきなどが起きることがあります。その他にも、くすみやニキビ、吹き出物といったトラブルが起きると感じている人も多くなります。
これは実際に様々な研究結果により証明されていて、タバコで肌の健康が失われるということが解っています。

1-1.タバコで肌が老化する原因

喫煙者の画像

タバコで肌が老化すると言われているのには様々な理由がありますが、大きく分けると「タバコが肌の細胞を老化させる」「ニコチンやタールの影響で肌に悪影響が起きる」という2つの原因に分けられます。

  • タバコが肌の細胞を老化させる

タバコには、細胞を酸化させてしまう作用があります。細胞が酸化するということは、細胞が老けるということ。肌細胞が酸化するとコラーゲンの生成量が減って肌の潤いが失われたり、シミやシワが非喫煙者よりも進んでしまう原因となってしまいます。
単純に年齢を重ねるとどうしても肌は酸化してしまいますが、喫煙をするとその酸化がさらに進んでしまいます。
抗酸化作用のある物質をしっかり摂取していれば肌細胞の酸化はある程度抑えられますが、喫煙すると抗酸化作用のある成分を破壊してしまうので酸化を食い止めることも難しくなってしまいます。

  • ニコチンやタールの影響で肌に悪影響が起きる

タバコに含まれているニコチンには、血流を悪くする作用があります。血流が悪くなると顔色が悪くなり、くすみ等の原因になることがあります。
また、タールが肌に付着すると毛穴が汚れるといったトラブルが起きることもあります。

2.タバコを吸う、吸わないのお肌の比較

タバコを吸っている人と吸っていない人では、吸っている人の方が

  • 肌がカサつきやすい
  • 痒みを感じやすい
  • 脂っぽい
  • ニキビが出来やすい
  • 毛穴が目立つ

といったトラブルを感じているようです。どのくらいタバコを吸うと変化が出始めるのかといった点や、それぞれのトラブルについて詳しく比較しました。タバコを吸い続けた場合とタバコを吸わなかった場合を同一人物で比較することはできないため、吸っている人と吸っていない人の肌の状態を比較したデータを参照しています。

2-1.タバコで肌に変化がでる年齢

タバコをすっている女性の画像

タバコを吸い始める年齢である20代ではあまり肌の状態に変化は見られません。しかしそのままタバコを吸い続けると、吸っている人の方が吸っていない人に比べて肌の年齢が5歳老けている状態になっているという研究結果があります。
調査結果では、25歳以降でタバコを吸っている人とそうでない人との差が大きくなることが解りました。その他の研究でも、タバコを10年から15年吸い続けると肌年齢に差が出るといったデータが出ているケースがあります。
これらの結果から5年ほど喫煙を続けると変化が出始め、10年・15年と続けることで肌の老化が非喫煙者よりも進んでしまうということが言えるでしょう。

2-2.肌のうるおい

バリア機能の画像

喫煙していると、角質のバリア機能が低下します。そのため「重層剥離量」が多くなり肌の水分量が低下してしまいます。
30万人を対象にした調査でもデータとして喫煙者の方が肌のバリアが剥がれやすくなって水分が失われていることが証明されています。そのため、肌のうるおいがなく、かさつきを感じやすい傾向にあります。

2-3.肌のくすみ・シミ

くすみとシミの画像

喫煙者の方が、角質の細胞の中にあるメラニン量が多いという研究結果が出ています。これはニコチンが細胞の酸化を促してメラニンの生成が促進されるからです。メラニンに対する影響は、喫煙によって起こる肌の老化の中でも特に強いという結果になっています。
喫煙をするとメラニンが増えるだけではなく、メラニンを抑える働きも衰えてしまいます。ビタミンCなどの酸化を防止する栄養素が補われていればメラニンの生成を抑えることができるのですが、喫煙しているとビタミンCが失われてしまうのでさらにメラニンの生成が増えてしまうからです。こういった理由により、さらにメラニンが増えて肌のくすみが進んでしまうのです。
また、メラニンが増えるとくすみだけでなくシミの原因にもなる可能性があります。

2-4.皮脂やニキビ、毛穴

開いた毛穴の画像

喫煙者は非喫煙者と比べると皮脂が多くなるというデータが出ています。皮脂が多いということは、毛穴に皮脂が詰まりやすく、毛穴が目立ったりニキビが出来やすくなってしまうということ。
喫煙することが直接毛穴が目立つことに繋がるというデータはないのですが、このように皮脂が多くなることで間接的に毛穴を目立たせてしまいます。
さらに喫煙しているとタールが肌に付着して黒ずみの原因となることがあります。皮脂が増え、開いた毛穴にタールで汚れがついてしまうと、余計に毛穴が目立って肌が汚く見えてしまいます。

3.スモーカーズフェイスとは

一部ではタバコを吸っている人の顔を「スモーカーズフェイス」と呼ぶことがあります。どういったものなのか、ならないためにはどうするべきかなどをご紹介します。

3-1.スモーカーズフェイスとは?

スモーカーフェイスの画像

スモーカーズフェイスとは、日本語に直訳すると「タバコ顔」になります。喫煙している人の方が肌の老化が進んでしまい、老けて見えてしまう状態のことを「スモーカーズフェイス」と呼ぶようになりました。喫煙を続けていると特徴的な老け方をするので、肌に詳しい専門家なら「肌を見るだけで喫煙をしているかどうかが解る」とも言われています。
男女問わず使われる言葉ではありますが、特に女性の方が肌に対しての関心が高いため女性を中心にスモーカーズフェイスという言葉が使われています。
スモーカーズフェイスの特徴としては以下のような点が挙げられます。

  • 目じりや口周りにしわが目立つ
  • 歯や歯茎にヤニ汚れがあり、口臭がある
  • 顔のくすみがある
  • 目の下にクマや色素沈着がある
  • 肌全体がかさつき、ツヤがない

非喫煙者よりも老けて見えるというだけではなく、ヤニ汚れなどによる見た目の影響も特徴として挙げられています。

3-2.スモーカーズフェイスにならないために

スモーカーズフェイスにならないためには、もちろん禁煙が最も効果的です。タバコを辞めれば細胞の酸化が止まり、生成量が減ってしまったコラーゲンの量も次第に増えてくるでしょう。
しかしなかなか禁煙ができないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。禁煙することは大切ですが、無理なく自分のペースで行わなければストレスになりかねません。喫煙で来てもストレスで精神的・肉体的に負担を与えてしまっては意味がありません。
そこでオススメなのが、美肌ケアをしながらゆっくりと禁煙を進める方法です。「肌の老化を止めたいけど、急に禁煙することはできない…。」という方は美肌ケアを取り入れながら自分のペースで禁煙を進めていきましょう。

3-3.スモーカーズフェイスを抑えるケア

スモーカーズフェイスにならないためには禁煙が最も効果的ですが、上記でご紹介したようにケアをしながら禁煙を進めたい方や、禁煙がまだ出来そうにないという方は以下の2つのケア方法をオススメします。

3-3-1.ビタミンCを取り入れたケア

サプリの画像

喫煙をすると、美肌のために重要なビタミンCが失われてしまいます。そこで、失われたビタミンCを補うために、様々な方法でビタミンCを摂取するケアがオススメです。
サプリメントなどで摂取したり、点滴などでビタミンCを摂取するといった身体の中からビタミンCを取り入れるケア方法もあります。
その他、美容液などで外からビタミンCを取り入れるケア方法もあります。ビタミンCが配合されている化粧水や美容液などを選ぶといいでしょう。浸透力の高い「ビタミンC誘導体」が含まれているものならより効率よくビタミンCを摂取することが可能です。

3-3-2.抗酸化作用のある成分を取り入れたケア

スキンケアの画像

喫煙は活性酸素を発生させて、細胞を老けさせてしまいます。そこで抗酸化作用のあるアイテムを使い、細胞の老化を食い止めるケアが有効になります。以下の抗酸化作用がある成分が含まれた食品を積極的に摂取したり、成分が含まれている化粧品などを使うといいでしょう。

  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  • リコピン
  • ポリフェノール
  • 大豆イソフラボン
  • ペプチド
  • アスタキサンチン

3-3-3.コラーゲンの生成を促す

豚しゃぶの画像

お肌のコラーゲンの生成を促すような食事を摂ることを心がけます。豚肉やフカヒレ、シラス、魚のあらなどコラーゲンを多く含む食材を多く撮りましょう。コラーゲンを多く含む食材を摂ることで、コラーゲンの生成を促すことができます。毎日摂り続けることが難しい場合はサプリメントなどで代用して継続的にコラーゲンを摂取しましょう。

  • 豚肉
  • フカヒレ
  • しらす
  • 魚のあら
  • うなぎ
  • 鮭の皮
  • コラーゲンサプリメント

コラーゲンサプリメントの画像

喫煙女性を対象に効能評価試験を行っているコラーゲンサプリメントもあります。対象を絞って試験された商品から選ぶようにしましょう。

まとめ

ご紹介したケア方法などを取り入れれば、スモーカズフェイスになるのを予防することができます。しかし、データでもはっきりと出ているように喫煙による肌への影響は大きく、喫煙している限り肌の老化が通常よりも進んでしまうことは止められません。
喫煙は健康にも悪影響を及ぼします。女性にとってとても重要な美容への悪影響があることを念頭において、禁煙を始めることを検討してみるといいでしょう。
美容のためにしっかりと美肌ケアも行いながら進めていってみてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*