クレンジングの選び方!30代おすすめのメイク落し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジング剤って、どの製品も同じだと思っていませんか?
クレンジング剤は、使用しているファンデーションやメイクアップ製品によって使い分けることが望ましいとされていますが、それだけではありません。
というのは、私たちのお肌は年代ごとに変化するため、クレンジング剤もお肌の変化に合わせて変えて行く必要があるからです。
30代を迎えると、お肌の健康を支える皮下の美容成分が徐々に減少してきますので、20代で使用してきたクレンジング剤が、突然お肌に合わなくなるということがあります。
お肌に合ったクレンジング剤に変えてみることで、トラブルのない素肌を目指すことができます。



1.クレンジング剤の種類

それではまず、クレンジング剤の種類と特徴について、ご紹介しておきましょう。

1-1.クレンジングオイル

クレンジングをしている女性の画像

クレンジング剤の中で、最もオイル成分と合成界面活性剤の配合量が多いクレンジング剤です。配合されているオイル成分は製品によってまちまちですが、安価な製品の場合では、鉱物油の配合率が高いと考えられます。
このクレンジング剤は、どのようなメイクであっても簡単に落とすことできるというメリットを持ってはいますが、お肌にかかる負担が大きいため、30代を迎えた方にはおすすめできません。
肌トラブルが起こっているときには、それを増長させてしまう可能性も考えられますので、ひとまず使用は見送りましょう。

1-2.クレンジングリキッド

クレンジングリキッドの画像

オイルの配合成分は少ないですが、合成界面活性剤の配合量が多いタイプですので、お肌に残しておくべき皮脂まで取り除いてしまう可能性があります。乾燥肌招きやすいタイプのクレンジング剤ですので、やはり30代を迎えたらなるべく避けておくことがベストです。

1-3.クレンジングクリーム

クレンジングを使う女性の画像

オイル分と合成界面活性剤の配合バランスが良いタイプのクレンジング剤です。また、メイクの落ち良く、お肌への刺激が少ないという特徴を持っていますので、30代の方におすすめです。

1-4.クレンジングジェル

スパチュラでゲルをすくう画像

配合されているオイル分と合成界面活性剤の配合量は、リキッドタイプとほぼ同レベルです。ゲル状になっているため、リキッドタイプよりもお肌に伸ばしやすいというメリットはありますが、お肌に与える刺激はリキッドタイプと変わりありませんので、やはり、30代を迎えたら避けるべきでしょう。

1-5.クレンジングローション

クレンジングローションの画像

水のようなテクスチャーのクレンジング剤で、コットンに含ませてメイクを拭きとるというのがポピュラーな使用方法になっています。このタイプのクレンジング剤はエタノールの配合率が高い場合があり乾燥肌を招くことがあります。
ローションタイプのクレンジング剤は、お手軽にメイクを落とすことができるというメリットを持ってはいますが、お肌への負担を考えるのであれば、できる限り避けることがベストでしょう。

1-6.クレンジングミルク

クレンジングミルクの画像

乳液タイプのクレンジングで、オイル分と合成界面活性剤の配合バランスが良いタイプです。つまり、クリームタイプと同様にお肌への刺激は弱いと考えられるということですが、製品によっては合成界面活性剤の配合量が多いものもありますので、リキッドタイプよりもやや合成界面活性剤の配合量が弱い、という程度の認識を持っておくと良いでしょう。

1-7.クレンジングバーム

クレンジングバームの画像

ワセリンやミツロウなどを主成分とした半固形タイプのクレンジングです。オイル分が状に多いという特徴がありますが、お肌に優しい成分を主成分としているため、肌荒れや乾燥肌が気になるのであれば、かなりおすすめできます。
ただし、オイル分が多い分、ダブル洗顔を念入りに行っておかないと、お肌にべたつきが残る可能性が出てきます。
このタイプは、30代のお肌におすすめできるクレンジング剤です。

1-8.クレンジングシート

クレンジングをする女性の画像

クレンジング成分が含まれているシートタイプのクレンジングです。このクレンジングは、お手軽にメイクを落とすことができるというメリットを持っていますが、シートによって起こった摩擦によりお肌が受ける負担が大きくなるというデメリットを持っています。
このタイプのクレンジングは、旅行などの際の間に合わせ程度に捉えておくと良いでしょう。

2.30代のクレンジング剤の選び方

クレンジング剤の画像

それでは次に、30代のお肌に合うクレンジング剤の選び方をご紹介します。
まず、20代の頃から使い続けてきたクレンジング剤で肌荒れや乾燥肌が起こったのであれば、なにはともあれ、お肌への刺激が弱いタイプのクレンジング剤に切り替える必要があります。
そして、お肌への刺激が弱くても、メイクの汚れが落ちにくいようでは、メイクの残りがお肌に残り、色素沈着が起こることも考えられます。
さらに、肌荒れや乾燥肌の部分を考慮するのであれば、保湿成分が配合されている製品を選ぶことも大切です。
汚れ落ち、お肌への刺激、保湿の3点を考慮してクレンジング剤を選ぶのであれば、クリームタイプ、ミルクタイプ、バームタイプのいずれかが好ましいと考えることができます。

3.30代におすすめのクレンジング剤

それでは、クリームタイプ、ミルクタイプ、バームタイプに絞って、30代のお肌におすすめできるクレンジング剤を探してみることにしましょう。

3-1.おすすめのクリームタイプのクレンジング

ウォッシャブル コールド クリームの画像

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム
プチプラながら、余分な成分が配合されておらず、汚れ落ちにも優れているおすすめのクレンジング剤です。クレンジング成分にはミネラル、保湿成分にはワセリンが使用されていますので、肌荒れや乾燥肌が気になるのであれば、使ってみる価値はあります。
価格:702円、詰め替え604円
出典: http://www.chifure.co.jp/

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジングの画像

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジング
クレンジング機能だけではなく、マッサージ機能も兼ね備えたクリームタイプのクレンジング剤です。植物成分が保湿剤として配合されていますので、乾燥肌の改善にも役立ちます。プチプラですが、その実力はなかなかのものですので、これもまた、使ってみる価値があるクレンジング剤です。
価格:1,040円
出典: http://www.ponds.jp/

マイルドクリームクレンジングの画像

無印良品 マイルドクリームクレンジング
チュープタイプの使いやすいクレンジング剤です。アンズ果汁と桃の葉エキスを保湿成分として配合、お肌に優しいタイプのクレンジング剤です。鉱物油や着色料などは配合されていません。
価格:1,000円
出典: https://www.muji.net/

3-2.おすすめのミルクタイプクレンジング

ママバター クレンジングミルクの画像

ママバター クレンジングミルク
10種類のオーガニック植物とシアバターが配合されているミルクタイプのクレンジング剤ですので、肌荒れが気になるときには、特におすすめです。W洗顔不要タイプですが、メイク落ちが心配なのであれば、W洗顔を行ってもまったく問題はありません。
価格:1,620円
出典: http://www.bxe.co.jp/

パラドゥ スキンケアクレンジングの画像

パラドゥ スキンケアクレンジング
美容成分を89%も配合、アクアカブラル処方という技術を採用しているため、お肌に優しくてもしっかりとメイクを落とすことができるクレンジング剤です。高性能でありながらプチプラという点も魅力的。
価格:1,296円
出典:http://www.parado.jp/

無印良品 マイルドミルククレンジングの画像

無印良品 マイルドミルククレンジング
クリームタイプと同様、アンズ果汁と桃の葉エキスを配合していますので、お肌に負担をかけることなく、メイクを落とすことができます。ポンプタイプの使いやすいクレンジング剤です。
価格:1,000円
出典:https://www.muji.net/

3-3.おすすめのバームタイプクレンジング

ジュエルスキン クレンジングバームの画像

ジュエルスキン クレンジングバーム
12種類の植物エキスとシアバターを配合していますので、特に乾燥肌が気になるときにおすすめです。成分の85%が植物エキスとなっていますので、お肌への刺激がとても少ないというメリットを持っています。
価格:2,678円
出典:http://placenrich.com/

ロゼットクレンジングバームの画像

ロゼット クレンジングバーム
ライスワックス、ミツロウ、スクワランオイルなどの保湿成分がたっぷりと配合されていますので、毎日使い続けることによって、乾燥肌の改善にも役立ちます。
プチプラなのに高性能なクレンジング剤です。
価格:1,360円
出典:https://rosette.jp/

ザ クレンジングバームの画像

DUO ザ クレンジングバーム
クレンジングバームの人気の火付け役となった製品です。クレンジングだけではなく、洗顔や角質ケア、マッサージ、トリートメント昨日も兼ね備えたスグレモノです。
植物エキスがたっぷりと配合されていますので、肌荒れや乾燥肌の改善にも一役買ってくれることでしょう。
価格:3,888円
出典:https://www.duo-paa.jp/

4.クレンジングの正しい使い方

クレンジングの画像

まず、どのタイプのクレンジング剤であっても、洗い流すタイプとそうでないタイプがありますので、製品を使用する前に、使用方法をきちんと確認しておきましょう。
また、マツエクやしっかりアイメイクをしているときには、クレンジング剤をお肌に乗せる前に、先にオフしておききます。
クレンジング剤をお肌に乗せたら、Tゾーンからクレンジング剤を馴染ませていきます。Uゾーンはその後に馴染ませます。

メイクがしっかり浮き上がったらクレンジング剤がお肌に残らないようにきちんと洗い流します。
w洗顔後は化粧水、乳液、クリームで保湿しましょう。

クレンジングをするときに注意してほしいことは以下にまとめました。

5.クレンジングをするときの注意点

顔を洗う女性の画像

クレンジング剤とメイクを馴染ませる際には、力を入れずに行いましょう。
また、クレンジング剤の量が少なすぎるとメイクとの馴染が悪くなり、メイクの落ち方も不十分になってしまいます。
そして、拭き取りタイプのクレンジング剤を拭き取る際には、コットンやティッシュを強くお肌に押し付けたり、お肌をこすったりしてはいけません。
どれほど低刺激性のクレンジング剤を使用したとしても、コットンやティッシュでお肌に刺激を与えてしまっては元も子もありません。
クレンジング剤の拭き取りはあくまでも優しく行います。
また、熱いお湯で顔を洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、顔を洗うときはぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

まとめ

今回は、30代のお肌におすすめの「クリームタイプ」、「ミルクタイプ」、「バームタイプ」のクレンジング剤を厳選してご紹介しましたので、クレンジング剤選びの際の参考にしてみて下さい。
また、クレンジング剤は製品によって使い方が異なる場合がありますので、お気に入りのクレンジング剤に出会えたのであれば、使用方法をきちんと守り、トラブルのない素肌作りを目指してみて下さい。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*