VIO脱毛の知っておくべきことと注意点|キレイなVラインの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像友達の何人かがVIO脱毛をしているので、どういうものなのか興味があります。
きれいにVIO脱毛するにはどうすればいいのか?痛くないのか?恥ずかしくないのか?など知りたいことはたくさんあります。
そんな「知りたい情報」をまとめた記事です。
特にキレイなVラインの作り方も参照してください。



1.VIO脱毛とは

VIO脱毛とはビキニライン(Vライン)とよばれるショーツから出る部分とIラインと呼ばれる股下の両サイド、Oラインと呼ばれるヒップ奥のムダ毛脱毛のことを指します。
普段Vラインはカミソリで剃るなどして処理します。この部分にレーザー脱毛や光脱毛によって光線をあてて形を整え、必要のないところのムダ毛が生えてこないようにするものです。

VIOの位置の画像

出典:http://maria-omiya.com/medical/datsumo/vio/

2.人気のVラインは逆三角形

Vラインの人気の形の画像

出典:http://www.happyrinrin.com/yagi/blog/1439/

Vラインは希望の形にしてもらえるため、見た目のよい形に整えられます。
一番人気は下着からはみ出ることなく全体的に小さくした逆三角形型です。
自然な形のため誰からも愛される形です。

3.光脱毛とレーザー脱毛がある

VIO脱毛をするにあたっては脱毛サロン、エステサロンで受けられる光脱毛と美容外科や皮膚科、形成外科で受けられる医療用レーザー脱毛があります。
VIOをセットで脱毛するときに、Iラインはもともとの色素沈着があるので脱毛機の出力を上げにくく、効果が現れにくいので光脱毛よりも医療用のレーザー脱毛がおススメです。
医療用レーザーは1回の効果が光脱毛よりも3倍程度あるので、少ない回数で脱毛の効果を得ることができます。
光脱毛とレーザー脱毛の違いについては永久脱毛ってもう生えてこない?何回通うの?に詳しくまとめています。

4.きれいなVラインにする方法

フェリエフェイス用の画像

出典:Panasonic フェリエ フェイス用 ピンク ES-WF60-P

自分の思った通りのVラインを作るにはまず電気のレディースシェーバーで作りたい形を自分でつくってみることからはじめます。
それを鏡で見ることで他人からの見た目を確認することができます。
それからクリニックに行きましょう。
クリニックによってはVラインの形をした「台紙」が用意されているところもありますが、あくまで万人用なので自分の足のラインと合った角度に調整します。
足の付け根とVラインの間は指1本分の隙間があるとバランスがよくなります。
また特に注意したいのはVラインとIラインの境です。
Vラインの下側、つまりIラインの上側を脱毛しすぎると、立って正面から見た時にその部分が見えてしまうので担当の人とよく相談しましょう。
参考:http://www.skincare-univ.com/daily/column/003028/

5.Iラインは少し痛い

Iラインは主に両側が対象になります。
粘膜の部分にはレーザーをあてることができません。
またIラインはほかの部分よりも肌の色が濃くなっていて色素沈着があります。
レーザー光は黒いものに反応して熱となるので、肌の色が濃いと強い出力で照射することができません。他の部分よりも出力を弱めで照射します。
他の部分よりも痛みを感じる人が多いですが、希望すれば痛みを感じにくくなる麻酔のジェルを使用してもらえます。

Iラインの範囲の画像

画像出典:http://www.estheticnagoya.com/vio.html

6.Oラインはプロに任せて

Oラインはほぼ自己処理をすることが無理なのでプロに任せてしまったほうが楽です。
Iラインとセットで行いましょう。
足を開いての脱毛になるので恥ずかしいのですが、Iラインができればこちらも同じです。
Vラインは先に剃毛してこなければいけないところが多いですが、IラインとOラインはクリニックにて剃毛してもらえるところが多いです。
毛が多くて恥ずかしいときはビューティーシェイバーで大まかに剃っていきましょう。

Oラインのチェックの画像

出典:http://www.le-sonia.jp/smp/menu/epi/v_line.php

7.キレイになるまでの回数

レーザー脱毛の回数と毛の残存率の画像

出典:http://www.skinclinic-yamamoto.com/datumou.htm

VIO脱毛でムダ毛が気にならなくなるのは5~6回を目安とします。
レーザーをあててから1~2週間で毛が抜けるので、2カ月程度間隔をあけて次の照射を行います。
Vラインは特に毛の多い場合は1度全照射をして全体の毛量を抑えるほうが、仕上がりがきれいになります。

まとめ

VIOは脱毛するのに少しためらいのあるところなので、クリニック選びも慎重にしたいですね。
ワキやひじ下などでクリニックの様子を見てから、選んでもいいでしょう。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから