毛穴の汚れはクレンジングできれいに落す!毛穴タイプ別方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジング時にしっかりと落としているつもりなのに、毛穴に入ったメイクが落ちない―。そんなことはありませんか?毛穴に入ったメイクをそのまま放置していると、毛穴の黒ずみの原因となってしまいます。
また、毛穴の皮脂を放置していると、毛穴の開きや毛穴のざらざら感が気になってしまいますよね。

そこで今回は毛穴のトラブルを解消するクレンジングの選び方とクレンジング方法をご紹介していきたいと思います。

毛穴のトラブルでお悩みの方は、ぜひ参考にして毛穴の悩みを解決しましょう!



1.毛穴の種類と特徴

「毛穴が気になる」という方は少なくありませんが、毛穴の悩みは大きく4つに分けられます。「たるみ毛穴」「クレーター毛穴」「乾燥毛穴」「皮脂毛穴」です。

それぞれの特徴をご紹介していきますので、自分の毛穴はどのタイプか判断してみてくださいね!

1-1.たるみ毛穴

たるみ毛穴の画像

毛穴が楕円形に開いてしまっているのがたるみ毛穴です。たるみ毛穴の原因は、加齢などでコラーゲンやエラスチンなどの肌にハリを与える部分が減少してしまっていることによります。通常、肌がピンと張っていると目立たない毛穴が、ハリが失われることによって目立つようになってしまうのです。

1-2.クレーター毛穴

クレーター毛穴の画像

ニキビを潰してしまったりしたために、ニキビ跡がクレーターのように残ってしまったのがクレーター毛穴です。肌の奥の真皮の部分にまでダメージを受けていることが多いので、なかなか治すのは難しい毛穴ですが、正しいケアで改善することは可能です。

1-3.乾燥毛穴

乾燥毛穴の画像

角質部分の水分が不足して肌が乾燥してしまうと、肌のキメが乱れてしまい、毛穴も目立つようになってしまいます。また肌の乾燥が角層部分のみにとどまらず、真皮の部分にまで達すると、コラーゲンやエラスチンなどの生成も低下するようになります。そのため、肌のハリや弾力が失われてしまうので、毛穴が開いてしまうのです。

1-4.皮脂毛穴

皮脂毛穴の画像

皮脂の分泌が盛んなことによって、毛穴が目立ちます。Tゾーンがテカテカするだけでなく、人によっては毛穴に角栓ができて、その部分が酸化することによって黒ずんでしまうこともあります。

2.毛穴の汚れを落す

クレンジングしている女性の画像

悩みの種となる毛穴の種類はいくつかあるものの、それぞれの毛穴の悩みを解決するために大切なのは、毛穴に詰まった汚れを落とすことです。

毛穴には空気中のホコリや化学物質、メイクなどの汚れが溜まっています。また皮脂のほか肌表面の古い角質も毛穴に詰まってしまっていることもあります。

ですから外から帰ったら、まずはメイクを落とすようにしましょう。その際、クレンジングで毛穴の汚れもしっかりと落としてください。

クレンジング洗顔後は必ず肌を保湿しましょう。肌を保湿しないと乾燥毛穴は悪化してしまいますし、毛穴の汚れが詰まりやすくなってしまいます。

またクレンジングで毛穴の汚れを落とした後は、毛穴が開きっぱなしの状態です。そのままの状態にしてしまうと、その部分に汚れが詰まってしまって、毛穴開きの原因となってしまいます。ですから、収れん化粧水や冷やした化粧水などでパッティングしたり、保冷剤を使って気になる毛穴部分を冷やしたりして、毛穴を引き締めましょう。

3.毛穴をキレイにするクレンジング剤選び

クレンジング剤の画像

気になる毛穴の汚れを落としてくれるクレンジングですが、選び方や使い方を間違えると肌トラブルの原因となってしまい、毛穴の悩みを悪化させてしまうことがあります。
毛穴トラブルを防ぐためには、自分にピッタリ合ったクレンジングを正しい方法で使う必要があります。

とはいえ、クレンジングは種類が多くて「どれを選んだらいいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか?クレンジングには大きく「オイルタイプ」「クリームタイプ」「ミルクタイプ」「ジェルタイプ」がありますが、使い心地の好みよりも肌質で選ぶのが正解です。

ではクレンジングのタイプ別に、それぞれの特徴とピッタリの肌質をご紹介していきたいと思います。

3-1.オイルタイプのクレンジング剤

クレンジングオイルの画像

ウォータープルーフタイプのメイク用品を使った時でも、スルッと落としてくれるオイルタイプのクレンジング。どんなメイクでも素早く落としてくれるので愛用している人も多いと思います。しかし、その分界面活性剤の配合量は多く、肌への負担は重いので肌が敏感な人には向いていません。また肌に必要な潤いも除去してしまうので、乾燥肌の人にもおすすめできません。
おすすめなのは皮脂毛穴でお悩みのオイリー肌の人ですが、やはり肌への負担が重いことには変わりませんから、ライトメイクの時はジェルタイプやクリームタイプのクレンジングを使用する方が良いでしょう。

3-2.クリームタイプのクレンジング剤

クレンジングクリームの画像

クレンジングの中では肌への負担が軽めになります。ですから敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えるものが多くあります。しかし、オイルタイプのようにスルッとメイクが落とせるわけではなく、メイクとクレンジングが馴染むまでに少し時間がかかります。洗い上がりは少しヌルッとするので、好みは分かれると思います。

3-3.ミルクタイプのクレンジング剤

クレンジングミルクの画像

クリームタイプよりも水分が多いのがミルクタイプです。ウォータープルーフのメイクだと落ちないものもありますが、通常のメイクであれば十分に落とすことができます。それでいて肌への負担が軽めなので、敏感肌や乾燥肌の人におすすめのクレンジングです。

3-4.ジェルタイプのクレンジング剤

クレンジングジェルの画像

クレンジング剤を洗い流した後にヌルッとすることなく、すっきりとした洗い上がりです。ただし、洗浄力は弱めなのでリキッドファンデーションなどが落ちないということもあります。ライトメイクの時の使用がおすすめです。

4.おすすめのクレンジング剤

自分の肌質に合うクレンジング剤が分かったものの、その中でもどのクレンジングを選ぶべきか迷っているという人のために、おすすめのクレンジング剤をご紹介していきたいと思います。

4-1.オイルタイプのクレンジング剤

クレンジングオイルをご紹介します。

スブリム ビューティ クレンジング オイルの画像

シユウ ウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル
オイルクレンジングならではの洗浄力の高さがありながら、それでいて洗顔後の肌がしっとりと突っ張らないと話題のクレンジング。値段はそれなりにしますが、「それなりの価値がある」というリピーターの多いクレンジングオイルです。自然由来成分98%なので、肌にやさしいのがうれしい。価格:150ml 4,400円(税抜) 450ml 11,500円(税抜)
出典:http://www.shuuemura.jp/

アニア スキンクレンズオイルの画像

アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ
メイクを落とすだけでなく、クレンジング時に肌のくすみまで改善してくれるのが特徴です。ロック ローズオイルがくすみの原因である肌ステインを洗い流しやすい状態にし、イモーテルオイルが活性酸素を取り除いて肌のくすみを予防します。潤いはキープしたままで、しっかりと毛穴の汚れを落としてくれます。
価格:175ml 1,836円(税込)
出典:http://www.attenir.co.jp/

4-2.クリームタイプのクレンジング剤

クレンジングクリームをご紹介します。

ファンゴ W クレンズの画像

プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ
数々のコスメ賞で上位入賞する人気のクレンジングクリームです。天然ミネラル泥配合で、毛穴に入り込んだメイクや汚れ、毛穴の黒ずみをキレイに落とします。使い続けるうちに肌に透明感が出てきて、毛穴の目立たない肌に!
価格:150g 2,500円(税抜) 300g 4,500円(税抜)
出典:https://www.predia.net/

ブラン クレンジングクリームの画像

イグニス ブラン クレンジングクリーム
米ぬかエキス配合で、しっとりとした洗い上がりになります。肌にやさしいのにメイクはきちんと落ちてくれると口コミでも人気の高いクレンジングクリームです。
価格:200g 3,500円(税抜)
出典:http://www.ignis.jp/

4-3.ミルクタイプのクレンジング剤

クレンジングミルクをご紹介します。

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクの画像

カバーマーク トリートメント クレンジングミルク
美容成分を89%配合した肌にやさしいクレンジングミルク。それでいてメイクをクレンジングオイル並みに落としてくれると好評です。洗い上がりはカサつくことなく、モッチリ肌に仕上がるので、乾燥肌の人にも満足度の高いクレンジングミルクといえます。
価格:200g 3,000円(税抜)
出典:http://www.covermark.co.jp/

ミルキィ クレンズアップの画像

アクセーヌ ミルキィクレンズアップ
低刺激・高性能をコンセプトに揚げるアクセーヌのクレンジングミルク。メイクと一緒に余分な角質も除去してくれるので、肌のキメが整いやすくなります。しっとり吸い付くような肌に洗い上げてくれる肌にやさしいクレンジングです。
価格:120g 2800円(税抜)  200g 3,800円(税抜)
出典:http://www.acseine.co.jp/

4-4.ジェルタイプのクレンジング剤

クレンジングジェルをご紹介します。

モナンジェクレンジングジェルの画像

キュアット モナンジェクレンジングジェル
アロエや13種類の自然由来成分を配合し、高い保湿力で肌に潤いを与えつつ、毛穴の奥の汚れまでしっかりと落としてくれます。洗浄力が低いのが難点のクレンジングジェルですが、このクレンジングジェルは重曹とヤシ油、クレイを配合し、汚れをしっかりと落としてくれるのが特徴です。たっぷり400mlなので、惜しみなく使えるのもうれしい点です。
価格:400ml 1,600円(税抜)
出典:https://www.monange.tokyo/

マナラ ホットクレンジングゲルの画像
マナラ ホットクレンジングゲル

毛穴が目立つ人におすすめのマナラのクレンジングゲル。美容成分が94.4%と肌にやさしいクレンジングなのですが、吸着力のあるゲルが汚れを絡めとってくれるので、毛穴の汚れもきちんと落ちると好評です。着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤不使用なので安心して使えますよ。
価格:4,104円(税込)
出典:https://www.manara.jp/

5.毛穴をきれいにするクレンジング方法

毛穴でお悩みの方のために、蒸しタオルを使ったクレンジング方法をご紹介します。

蒸しタオルでケア方法の画像

  1. タオルを濡らして軽く絞り、電子レンジに入れて30秒程度加熱し人肌程度の温度にする。(ぬるい場合は加熱時間を10秒単位でプラスして)
  2. クレンジング剤を手に取って、顔全体に塗りメイクを馴染ませる。
  3. クレンジング剤を馴染ませたら、1の蒸しタオルを顔全体の上に置く。
    手の平で軽くタオルの上から顔全体を押す。
    そのまま3分程度待つ。
  4. 蒸しタオルでクレンジング剤を丁寧に拭き取る。
  5. クレンジング剤をぬるま湯で洗い流す。

ぬるま湯で洗い流した後は洗顔をしてしっかりと保湿してください。
ホットタオルを使用することで、毛穴の奥の汚れまで落ちやすくなります。

まとめ

毛穴の汚れや黒ずみ、皮脂、開きは悩みの元となりますが、自分の肌質に合ったクレンジング剤で丁寧に落とすことで改善していくことができます。まずはクレンジング剤の選び方を見直して、こちらでご紹介した蒸しタオルを使ったクレンジング方法を実践してみてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはLINE、twitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*