エマルジョンファンデーションでツヤツヤ美肌を手に入れよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今まで使い続けてきたファンデーションが、突然お肌に合わなくなることがあります。
それは、加齢によってエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減ることにより、乾燥肌などの肌トラブルが起こりやすくなるからです。
そして、このようなお肌の状態になったときに、保湿成分の配合量が少ないファンデーションを使い続けていると、その乾燥肌がどんどん進むことが考えられ、やがて吹き出物などの肌トラブルも起こりやすくなってきます。
ここで、エマルジョンファンデーションの登場です。
ファンデーションは数種類に分類されており、エマルジョンファンデーションは、それらのファンデーションの中でも、お肌にしっとり感をもたらす効果に優れています。

エマルジョンファンデーションの特徴や、おすすめできる製品をご紹介していきます。



1.エマルジョンファンデーションの特徴

エマルジョンファンデーションの画像

エマルジョンファンデーションとは、パウダータイプとリキッドタイプのファンデーションの特徴を合わせ持つタイプのファンデーションで、練り状のクリームファンデーションに分類されます。
つまり、リキッドタイプのようにお肌にぴったりフィットする傍らで、パウダータイプのようなサラッとした仕上がりを求めることができるファンデーションであるということです。

さらに、エマルジョンファンデーションには高いカバー効果と保湿効果を期待することができますので、年齢によって肌質が変わり、シミや乾燥が気になってきたという方にとっては、まさに願ったり叶ったりのファンデーションであるといえるでしょう。

近年では、さまざまな美容成分が配合されたエマルジョンファンデーションも登場してきてます。

1-1.エマルジョンファンデーションが向いているのは…

肌の画像

エマルジョンファンデーションは、お肌への密着度が高いタイプのファンデーションであるため、シミやそばかすをファンデーションでカバーしたいという方に向いています。
シミやそばかすはコンシーラーでカバーすることもできますが、エマルジョンファンデーションはそれ自体がコンシーラーの役割も果たしますので、コンシーラーのひと手間を省くことができるというメリットを持っています。

お肌の赤みが気になる方にもおすすめです。
また、毛穴を埋める効果も期待することができるので、毛穴の開きが気になる方にもおすすめできます。

ただし、現在ニキビができている方がエマルジョンファンデーションを使用すると、毛穴が塞がれて症状が悪化することも考えられます。
ニキビ肌の方には、残念ながらエマルジョンファンデーションは不向きです。

2.エマルジョンファンデーションの選び方

ファンデーションの画像

エマルジョンファンデーションを選ぶ際には、まずご自身のお肌の状態をよく確認し、その状態にあった成分が配合されている製品を選びましょう。
ほとんどのエマルジョンファンデーションには、保湿成分が配合されていますが、その配合率は製品によって差が生じ、また、紫外線ブロック効果も製品によって差が生じています。
たとえば、お肌の乾燥が気になるのであれば、保湿成分がより多く配合されている製品を選ぶ必要がありますし、紫外線によるシミを防ぎたいのであれば、紫外線ブロック効果が高い製品を選ぶ必要があります。

3.おすすめのエマルジョンファンデーション8選

おすすめできるエマルジョンファンデーションをご紹介します。

SK-Ⅱ ステムパワークリームコンパクトファンデーションの画像

SK-Ⅱ ステムパワークリームコンパクトファンデーション
濃縮SK-ⅡピテラTM(ガラクトミセス培養液)やライスステロール(オレイン酸フィテトステリル)、ビタミンE(トコフェロール)など、お肌をしっとりと整える成分が配合されていますので、乾燥肌にもおすすめです。ラベンダーゴールドパウダー配合、全8色展開となっています。
SPF30・PA+++
価格:10,800円 コンパクト別売り
出典:https://www.sk-ii.jp/

POLA ホワイティシモ エッセンスインエマルションコンパクトホワイトの画像

POLA ホワイティシモ エッセンスインエマルションコンパクトホワイト
2色使いのエマルジョンファンデーションです。水分保持作用がある「時間差発光うるみベール」を配合していますので、化粧崩れが起こりにくく、さらに保湿成分もたっぷりと配合されています。メイクをしている最中にもスキンケア効果を狙うことができます。全6色展開となっています。
SPF25・PA+++(ベージュ層のみ)
価格:4,752円 ケース別売り
出典:http://net.pola.co.jp/

資生堂 マキアージュトリートメントラスティングコンパクトUVの画像

資生堂 マキアージュトリートメントラスティングコンパクトUV
お肌に乗せるとリキッドがパウダーに変化、70%ものトリートメント成分が配合されていますので、お肌が乾燥しがちな方にもおすすめです。水あり・水なしでの使用が可能です。全3色展開となっています。
SPF24・PA++
価格:3,456円 ケース別売り
出典:http://www.shiseido.co.jp/

シャネル トゥシュ ドゥ タン ベル ミンの画像

シャネル トゥシュ ドゥ タン ベル ミン
厚塗りにならず、お肌に明るいツヤ感をもたらしてくれる、アクアジェルファンデーションです。お肌への密着度が高く、ひんやりとした清涼感があるファンデーションです。全6色展開となっています。
SPF25・PA+++
価格:7,452円
出典:https://www.chanel.com/

カバーマーク フローレスフィットの画像

カバーマーク フローレスフィット
少量でも伸びが良く、高いカバー力を持つファンデーションです。保湿成分としてセラミド、植物性コレステロール、パルミチン酸が配合されていますので、乾燥を防いでしっとり感をキープすることができます。
全8色展開となっています。
SPF35・PA+++
価格:5,400円 ケース別売り
出典:http://www.covermark.co.jp/

4.エマルジョンファンデーションの塗り方

エマルジョンファンデーションの中には、化粧水や化粧下地不要タイプもありますが、そうでない製品を使用するのであれば、洗顔後に化粧水や乳液でお肌を整えたあと、化粧下地をしっかりとお肌に馴染ませておきます。

【エマルジョンファンデーションの塗り方】

エマルジョンファンデーションの塗り方の画像

  1. スポンジにファンデーションを取る
    スポンジは見た目以上に多くのファンデーションを吸収しますので、はじめはやや少なめに取りましょう。
  2. 両頬にファンデーションを乗せて、外側に向けて伸ばします。
  3. 額にファンデーションを乗せて、額全体に広げたら、眉間から鼻筋まで伸ばして行きます。
  4. 鼻にファンデーションを乗せ、ポンポンと叩くようにして全体に広げます。
  5. 口周りとあごにファンデーションを乗せて、薄く伸ばします。
  6. フェイスラインのファンデーションを外側に軽くぼかします。

これが一連の流れになりますが、顔全体にエマルジョンファンデーションを伸ばしたら、色ムラができているところがないか、しっかりとチェックしましょう。
また、テカリが気になるのであれば、Tゾーンを中心に、パウダーで軽く押さえておくと良いでしょう。

5.エマルジョンファンデーションの注意点

メイクする女性の画像

まず、エマルジョンファンデーションは大変伸びが良く、1回の使用量が少なくて済むという特徴を持っています。
ここで、必要以上の量をお肌に伸ばした場合では、厚塗りになってしまうことがありますので、そうならないためには、1度に大量のファンデーションをスポンジに取るのではなく、少しずつ取りながらお肌に馴染ませて行くように注意しなければなりません。
また、エマルジョンファンデーションは、お肌への密着度が高いのでしっかりとクレンジングを行いましょう。
エマルジョンファンデーションのオフにおすすめできるのは、リキッドタイプまたはクリームタイプのクレンジング剤です。
そして、クレンジング後にはW洗顔を行い、ファンデーションの成分がお肌に残らないように注意して下さい。
また、エマルジョンファンデーションは水分が蒸発しやすいというと弱点を持っています。
エマルジョンタイプのファンデーションは、どの製品であってもコンパクトケースに収納されているはずですので、お肌に塗り終わったらすぐに蓋を閉じ、蒸発を防ぐことが大切です。

まとめ

エマルジョンファンデーションの特徴や効果について、ご理解頂けたでしょうか?
年齢を重ねるとお肌の変化を感じることも多くなります。
そのようなときには、基礎化粧品の見直しも大切ですが、それと同時に、ファンデーションの見直しが必要になってくることも考えられます。
エマルジョンファンデーションは優れた保湿力やカバー力を持ったタイプのファンデーションですので、今現在お使いのファンデーションがお肌に合わなくなってきた、あるいは、なんとなくシミが目立つようになってきたというときの、心強い味方になります。

お肌に合うエマルジョンファンデーションに出会ったら、その性質をきちんと理解し、注意事項をきちんと守った上で、正しく使用して下さい。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*