40代におすすめのクレンジング!選び方や上手な使い方も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

40代になると、肌の乾燥、くすみ、シミなどのトラブルが出やすくなります。
もし、毎日きちんとお手入れしているのに肌の調子が良くないなら、クレンジングの仕方に問題があるのかもしれません。
40代におすすめのクレンジング剤の選び方や、上手な使い方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。



1. クレンジング剤の役割

クレンジングする女性の画像

クレンジング剤には、メイクを落とすことの他にも次のような役割があります。

  • 日焼け止めなどの油分を含む化粧品や、皮脂、ほこりを落とす
  • 肌の状態をクリアにし、後に使う化粧水や美容液などを浸透しやすくする

メイクをしない日は、つい洗顔を水や洗顔料だけで済ませてしまいますが、そのやり方では油分をきちんと落とすことができません。
顔から出た皮脂や日焼け止めをしっかり落としてクリアな状態にするには、面倒でもクレンジングをすることが大切。
肌が汚れているとせっかくの化粧水や美容液も奥まで浸透せず、効果が半減してしまうので気を付けましょう。

2.40代のクレンジング剤の選び方

30代の頃とは肌の調子も変わってくる40代。
刺激から守り、しっとりスベスベの状態を保つには、クレンジング剤も慎重に選ぶ必要があります。
次のポイントに注目して、今の自分にちょうど良いものを探してみましょう。

2-1.保湿力

クレンジングクリームの画像

クレンジングにはいろいろな種類がありますが、40代の肌は乾燥しがちなので、保湿力の高いクリームタイプがおすすめです。
メイク落ちの良さではオイルタイプに軍配が上がりますが、洗浄力が強い分乾燥しやすく、毎日の使用は肌にとって大きな負担に。
普段のメイクにはクリームクレンジング、特別な日の濃いメイクにはオイルクレンジング、という風に使い分けると良いでしょう。

2-2.肌への刺激

顔を洗う女性の画像

40代の肌には水分が不足しがちなため、バリア機能が落ちて外部からの刺激に弱くなります。
界面活性剤は油性のメイクを落とすのに必要な成分ですが、あまり多く配合されているものだと肌に必要な皮脂まで奪ってしまうので要注意。
また、香料や着色料、パラベンなどの添加物も肌に刺激を与える原因になるので、できるだけ無添加に近いものを選ぶようにしましょう。
化粧品の成分は、パッケージに書かれている順番が若いほど配合量が多くなるので、細かくチェックしてみてください。

また、手軽に使える拭き取るタイプのクレンジング剤は、肌に摩擦を起こし、乾燥やシミの原因になります。
デリケートな40代の肌には刺激が強いので、面倒でも洗い流すタイプのクレンジング剤を使ったほうが良いでしょう。

2-3.ポイントメイクには専用のクレンジング剤を

クレンジングをする女性の画像

アイメイクやリップメイクは落ちにくいので、普通のクレンジング剤では時間がかかったり、多くの量を使わなければならなかったりして、肌に負担がかかります。
ポイントメイクにはそれぞれの用途に適した専用のものを使い、素早くさっと落とすようにしましょう。

3.クレンジング剤の種類

クレンジング剤の種類についてご説明します。

3-1.オイルタイプ

クレンジングオイルをしている女性の画像

メイクによくなじみ、するりと落としてくれるので、1本持っているといざという時非常に頼もしい存在。
濡れた手で使えるタイプもあるので、お風呂でメイクを落としたい時にも重宝します。
しかし、汚れを強力に浮かせるために「界面活性剤」を多く配合しているので、使い過ぎには十分に注意してください。

3-2.クリームタイプ

クレンジングクリームを塗る女性の画像

油分と界面活性剤が程よく配合されており、そこそこの洗浄力を持ちながら、肌のうるおいも守ってくれるクレンジング剤です。
肌の上をするすると滑るので、なじませる時にゴシゴシこする必要がないところも魅力です。

3-3.ローションタイプ

クレンジングローションの画像

さらっとした使い心地で、クレンジング剤のベタつきが苦手な人でも快適にメイク落としをすることができます。
ただし、なじませる際に摩擦が起きやすく、乾燥しやすい40代の肌には刺激が強いこともあるので注意してください。

3-4.ジェルタイプ

クレンジングジェルの画像

適度に柔らかく、肌へするするとスムーズになじませることができるクレンジング剤。
使い心地はベタつかず、さっぱりしているものが多いです。
毛穴が気になる人は「ホットクレンジングジェル」と呼ばれるタイプを使うと、温熱効果で汚れを溶かし出しやすくなります。

3-5.ミルクタイプ

クレンジングミルクの画像

肌への負担は少ないですが、その分、メイクを落とす力も弱いクレンジング剤。
濃いメイクを落とすのには向かないので、ナチュラルメイクの時に使うようにしましょう。
乾燥を防ぐ力は強めなので、カサつきが気になる人でも安心して使えます。

3-6.シートタイプ

クレンジングシートを使う女性の画像

ローションを染み込ませたシートを容器から取り出し、さっと拭くだけなので、クレンジングが面倒な時や、旅行先などで洗顔がしにくい時に便利です。
摩擦が起きるので肌への負担は大きいですが、いざという時のために常備しておくと重宝します。

4.40代のおすすめクレンジング剤

40代のおすすめクレンジング剤をご紹介します。

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジングの画像

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング
ユニリーバ・ジャパン/価格記載なし
出典:http://www.ponds.jp/
「メイク落とし」「マッサージによるリフトアップ」「スキンケア」の3つの効果で、乾燥やくすみが気にならない透明肌に整えるクレンジング剤。
グリーンシトラスの爽やかな香りで、リラックスしながらお手入れをすることができます。
※洗い流し専用

ブラン クレンジングクリームの画像

ブラン クレンジングクリーム
イグニス/200ℊ:3,780円(税込み)
出典:http://www.ignis.jp/
とろけるような感触で、メイクをするんと落とすクレンジング剤。
米ぬかの美肌成分(コメヌカエキス)を配合しているので、肌がもっちりと柔らかくなります。
※洗い流し、拭き取り両用

ファンゴ W クレンズの画像

ファンゴ W クレンズ
(株)コーセー/150ℊ:2,700円、300ℊ:4,860円(共に税込み)
出典:http://www.predia.net/
天然のミネラル泥が配合されているので、毛穴の汚れや酸化した皮脂がよく落ちるクレンジング剤。
洗いあがりの透明感や、ふっくらとした肌の感触は感動モノです。
※洗い流し専用

モイスティシモ クレンジングクリームの画像

モイスティシモ クレンジングクリーム
(株)ポーラ/120ℊ:3,780円(税込み)
出典:http://net.pola.co.jp/
なめらかなテクスチャーで伸びが良く、肌の上でオイルに変化するクレンジング剤。
クリームとオイルの良いところを両方兼ね備えているので、汚れ落ちと保湿力に期待が持てます。
※洗い流し専用。ただし、デリケートな目元や口元は、コットンに少量をつけて拭き取る方法が推奨されています。

エリクシールシュペリエルメーククレンジングクリームNの画像

エリクシール シュペリエル メーククレンジングクリームN
(株)資生堂/140ℊ:2,700円(税込み)
出典:http://www.shiseido.co.jp/
コクのあるクリームで、メイクや毛穴の奥の汚れを包み込んで落とすクレンジング剤。
肌のごわつきが解消され、しっとりと柔らかな感触に仕上がります。
ハリが出てくるので、エイジングケアが気になる40代にぴったり。
※洗い流し、拭き取り両用

アクアヴィ クレンジングクリームの画像

アクアヴィ クレンジングクリーム
(株)マルキョウアネット/120ℊ:4,104円、定期コース:同量で3,283円(共に税込み)
出典:http://aquavi.net/
洗顔フォームのように泡立てて使う、ユニークなクレンジングクリーム。
泡で肌への摩擦を抑えながら、メイクや皮脂汚れをしっかり包んで落とします。
クレンジング後の排水が環境を壊さないよう、水中の微生物に働きかけるので、エコに関心の高い人にもおすすめです。
※洗い流し専用

クレンジングクリーム(メイク浮かし)の画像

クレンジングクリーム(メイク浮かし)
(株)サッフォ化粧品/150ℊ:3,880円(税込み)
出典:http://sappho.jp/
12種類の油脂成分と6種の水相成分の働きで、メイクを浮き上がらせて落とすクレンジング剤。
体温で温まることでクリームが液化するので、なめらかに伸ばすことができます。
※洗い流し専用

ブラックシュガー パーフェクト クレンジングクリームの画像

ブラックシュガー パーフェクト クレンジングクリーム230ml
(株)フードコスメ/230ml:2,700円(税込み)
出典:http://www.skinfood.co.jp/
保湿や角質除去に役立つ「ブラックシュガー」、抗酸化作用や血行促進効果のある「清酒酵母」、古い角質をクリアにする「フルーツマルチコンプレックス」などの美容成分を配合し、肌のうるおいを守りながら毛穴の奥のメイクや皮脂汚れまでスッキリ落とすクレンジング剤です。
※洗い流し、拭き取り両用

サンタマルシェ ポイントメイクアップリムーバーの画像

サンタマルシェ ポイントメイクアップリムーバー
(株)クレア/180ml:1,080円(税込み)
出典:http://www.clair-style.co.jp/
アイメイクやリップメイクを、こすらずスルンと落とすことのできるクレンジング剤。
まつ毛の傷みを補修する美容液成分を配合しているので、マスカラでダメージを受けやすいまつ毛のハリ・ツヤを守るのにも役立ちます。

RMK ポイントメイクアップリムーバーの画像

RMK ポイントメイクアップリムーバー
(株)エキップ/145ml:2,160円(税込み)
出典:http://www.rmkrmk.com/
ウォータープルーフのマスカラも一瞬で落とすのに、スクワラン配合で保湿力も高いクレンジング剤。
トリートメント成分として「マリンコラーゲン」「パンテノール」「シルクエキス」が配合されているので、まつ毛を保護する効果も期待できます。

5. クレンジング剤の正しい使い方

どんなに優秀なクレンジング剤も、使い方を誤るとメイクを落とす力が弱くなったり、肌にダメージを与えてしまったりします。
顔全体とポイントメイクに分けて説明するので、正しい使い方をマスターしておきましょう!

5-1.顔全体のクレンジング方法

顔全体のクレンジング方法の画像

  1. 石鹸で手を洗い、汚れや雑菌を洗い流す。
  2.  ポイントメイクを先に落としておく。
  3.  クレンジング剤は適量を使わないと洗浄力が半減してしまうし、摩擦も起きやすくなるので、パッケージに書かれた分量を守り、乾いた手のひらにとる。
  4. まず脂っぽいTゾーンにクレンジング剤を伸ばし、力を入れないように注意しながらくるくるとなじませる。汚れが浮き上がって指先が軽くなったら、頬→目元・口元の順に伸ばしてなじませる。
  5. 32度ぐらいのぬるま湯を使い、十分に洗い流す。

5-2.アイメイクの落とし方

アイシャドウアイメイクの落とし方の画像

<アイシャドウ>
コットンにポイントメイク用のクレンジング剤をとり、まぶたの上に置いて10秒おく。汚れが浮き上がったら、こすらないように注意して拭き取る。

マスカラアイメイクの落とし方の画像

<マスカラ>
ポイントメイク用のクレンジング剤を染み込ませたコットンで軽くまつ毛を挟み、しばらくそのままおいてなじませてからスッと下へ滑らせる。
落としにくいキワの部分は、まつ毛の下にコットンを当てながら綿棒やコットンの角を使って落とすと良い。

アイライナーアイメイクの落とし方の画像

<アイライナー>
綿棒にポイントメイク用のクレンジング剤を染み込ませ、ラインを引いた部分に沿って少しずつ動かして落とす。

5-3.リップメイクの落とし方

リップメイク落とし方の画像

リップメイクを落とす時は、同じメーカーから出ているリップクレンジング剤を使うと、なじませやすく落としやすいのでおすすめ。
コットンに適量をとり、縦ジワに沿って下唇→上唇→唇の真ん中の順に落としていく。
途中、コットンが汚れたらきれいなものに取り替える。

ちなみに、夜寝る前に塗る人も多いリップクリームは、クレンジングをしないと落とせないってご存知でしたか?
つけたまま寝ると負担になるので、就寝中のリップケアにはリップクリームよりもワセリンを使うようにしましょう。

まとめ

乾燥やくすみの出やすい40代におすすめのクレンジング剤や、上手な使い方について説明しましたが、いかがでしたか?
バリア機能が弱くなっているので、皮脂やメイク汚れを落とす力だけでなく、保湿力が高いことも重要なポイント。
毎日の丁寧なクレンジングで、毛穴の汚れまでクリアにしながら肌を優しくいたわってあげましょう。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*