肌への刺激を抑えた洗浄力のあるクレンジングオイルジェル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジング剤は、年々進化しています。
そして、最近注目を浴びつつあるのが、クレンジングオイルジェルです。
クレンジングオイルは強い洗浄力を持ち、がっつりメイクでも綺麗にオフすることができるというメリットを持っています。
ところがその一方で、メイクオフの際にお肌にかかる負担が大きく、長く使い続けていることが乾燥肌を招く原因になったりすることが考えられます。
それでは、あなたがご興味をお持ちの、クレンジングオイルジェルとはどのようなクレンジング剤なのか、詳しくご紹介することにしましょう。



1.クレンジングオイルジェルって何?

クレンジングオイルジェルの画像

クレンジングオイルジェルとは、クレンジングオイルに引けを取らない洗浄力と、ジェルの使いやすさを併せ持ったクレンジング剤で、洗い上がりのお肌をしっとりと整える効果に優れているという特徴を持っています。
つまり、クレンジングオイルとクレンジングジェルのいいとこ取りをしたのが、クレンジングオイルジェルということですね。
現在市販されているクレンジングジェルは、使い勝手が良くてお肌にかかる負担が少ないというメリットを持っています。
ところが、ほとんどのクレンジングジェルには強い洗浄成分が配合されていないため、メイクオフ効果がイマイチ…という弱点を持っています。
そして、クレンジングオイルには強い洗浄成分が配合されていますので、メイクの落ちが良いというメリットはあるものの、お肌にかかる摩擦力が大きいため、肌荒れの原因になることがあるという弱点があります。
それでは次に、クレンジングオイルジェルはどのような方に向いているのか、具体的にご紹介しましょう。

2.クレンジングオイルジェルは毛穴の汚れや黒ずみが気になる方におすすめ

黒ずみ毛穴の画像

最もおすすめしたいのは、毛穴の汚れや黒ずみがなかなか取れずに困っている方です。
毛穴の汚れや黒ずみは、皮脂や古くなった角質、オフしきれなかったメイクの残りなどが毛穴に詰まることによって起こります。
このようにしてできた毛穴の汚れや黒ずみは、シートタイプの毛穴パックなどによって、一時的に取り除くことができます。
ですが、この方法は繰り返し行ううちに皮脂分泌が増えることが考えられます。
毛穴の詰まりや黒ずみを改善して行くのであれば、クレンジングオイルジェルでメイクや汚れをきちんとオフした上で、保湿を行うことがベストな方法であるということです。

また、皮脂が浮き上がりやすいという方の場合では、クレンジングオイルなどの強い洗浄成分が配合されたクレンジング剤の使用や保湿不足などによって、乾燥肌が起こり、皮脂分泌が多くなっていることが考えられます。
このようなときにも、クレンジングオイルジェルで丁寧にメイクオフして行くことによって、皮脂分泌の問題改善効果を狙うことができます。

3.おすすめクレンジングジェルオイル7選

おすすめのクレンジングオイルジェルをご紹介します。

パーフェクトクレンジングオイルジェルの画像

フォルミュール パーフェクトクレンジングオイルジェル
メイクに馴染みやすいエッセンスクリアオイルを配合したクレンジングオイルジェルで、この成分をお肌に伸ばして水に触れると、再カプセル化する「ハイブリッドクリア技術」を採用、メイクや皮脂汚れを綺麗に落とすことができます。
また、ビタミンB6誘導体やビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンPなどの成分が配合されていますので、洗顔後にはお肌が突っ張らず、しっとりと整います。
香料、着色料、パラベンは不使用です。
価格:2,700円
出典:http://www.formule.jp/

オレオモイスト カプセルイン クレンジング オイルジェルの画像

シュウウエムラ オレオモイスト カプセルイン クレンジングオイルジェル
テクスチャーはジェルですが、お肌に馴染ませるとオイルに変化、素早くメイクオフできるクレンジングオイルジェルです。保湿カプセル入りですので、洗い上がりのお肌がしっとりと整います。
価格:3,672円
出典:http://www.shuuemura.jp/

クレンジングリサーチ リニュー ブライトクリア オイルジェルクレンジングの画像

BCL クレンジングリサーチ リニュー ブライトクリア オイルジェルクレンジング
角質ケア成分として発酵ローズはちみつエキスとセラミドAHA、保湿ケア成分としてヒアルロン酸が配合されているオイルジェルクレンジングですので、ターンオーバーの遅れによってできたお肌のゴワつきやザラつきが気になるときにおすすめです。
プチブラながら高性能な製品ですので、はじめはオイルジェルクレンジングにお金をかけたくないとお考えなのであれば、まずはこの製品を試してみると良いでしょう。
価格:1,296円
出典:http://www.bcl-brand.jp/

ノブ L&W クレンジングオイルジェルの画像

ノブ L&W クレンジングオイルジェル
ヒアルロン酸などの保湿成分、スクワラン、甘草誘導体などの肌荒れ予防成分、美白効果を期待できる持続型ビタミンC誘導体、お肌のハリを保つ成分のコエンザイムQ10、浸透がたアミノ酸AHP、α-GGといった成分がバランス良く配合されているオイルジェルクレンジングです。
現在は気にならなくても、将来的なお肌の老化予防を目指すのであれば、かなりおすすめ度が高いオイルジェルクレンジングでしょう。
価格:3,780円
出典:http://noevirgroup.jp/

ソフィーナクレンズ オイルジェルメイク落としの画像

ソフィーナクレンズ オイルジェルメイク落とし
ユーカリエキスを保湿成分として配合、角質層のセラミドを保護しながらメイクオフできるオイルジェルクレンジングです。手や顔が濡れていても使用できますので、お風呂での使用もOKです。
価格:2,916円
出典:http://www.sofina.com/

トワニー ピュアナチュラル オイルジェルクレンジングの画像

カネボウ トワニー ピュアナチュラル オイルジェルクレンジング
ミネラルオイルやグリセリンなどの保湿成分や、肌荒れ予防効果を期待できる植物エキスがたっぷりと配合されているオイルジェルクレンジングです。肌触りが良い製品で、お肌への負担を軽減しつつ、メイクや皮脂、汚れをしっかりと落とすことができます。
価格:2,160円
出典:http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

ディープ オイルクレンジング ジェルの画像

フィルナチュラント ディープオイルクレンジングジェル
保湿成分として、オレンジラフィー油とビタミンE誘導体が配合されているオイルジェルクレンジングです。着色料、香料、パラベンは不使用、お肌に伸ばすとオイルカプセルが壊れて、メイクや皮脂、汚れを包み込みますが、洗い流す際には成分がカプセル化するため、お肌に汚れが残らず、スッキリとした洗い上がりです。
価格:2,700円
出典:http://www.phil-inc.com/

4.クレンジングオイルジェルの使い方

今回ご紹介したクレンジングオイルジェルは、どれも洗い流すタイプですが、これらとはまた別の製品の場合では、拭き取るタイプや拭き取ってから洗い流すタイプなど、様々なタイプがあります。
洗い流すタイプの使い方

クレンジングオイルジェルの使い方の画像
クレンジングオイルジェルを使用する際には、必ず製品の使用説明書をよく読み、正しく使いましょう。

クレンジングオイルジェルは、ジェルのテクスチャーの製品が多いですが、従来のジェルクレンジングよりもはるかに優れた洗浄効果を期待することができますので、お肌に乗せたら力を入れずに、優しくマッサージをするようにしてメイクと馴染ませましょう。
メイクオフ後に忘れてはならないのが、保湿ケアです。
クレンジングオイルジェルは、洗い上がりがしっとりするという特徴を持ってはいますが、洗い流したあとにそのまま放置していると、お肌が乾燥してしまうことが考えられます。
お肌に優しいクレンジングオイルジェルであっても、使用後には忘れずに保湿ケアを行いましょう。

5.メイク汚れを溜めないこと

クレンジングオイルジェルの画像

メイクの汚れが毛穴に残ってしまうと、お肌にはどのような悪影響が及ぼされるのでしょうか?
メイク汚れを十分に落とし切れていない状態で休むということを繰り返していると、毛穴の奥にはメイクの残りカスが蓄積されると考えられ、これが毛穴の汚れや黒ずみを作り出す原因になります。
特に、鼻全体にメイク汚れが残っていると、メイク汚れだけではなく、皮脂や角質が毛穴の内部で酸化して、「イチゴ鼻」を作り出すことになります。
メイク汚れを溜めてしまわないということがクレンジングにおいて最も大切なことです。

まとめ

クレンジングオイルジェルについてご紹介しました。
クレンジングオイルジェルは、オイルタイプとジェルタイプの欠点を補い、いいとこ取りをしたクレンジング剤です。
お肌に優しく高い洗浄効果を期待できるので、きちんとメイクオフし、保湿ケアを怠らないことが、何よりも大切です。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!
ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*