クレンジング剤を間違ってない?乾燥肌での選び方・使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

毎日メイクをするなら、それに合わせて毎日使用するのがクレンジング。このクレンジングの選び方によって肌の調子が大きく変わるということを知っていましたか?

選び方を間違うと、乾燥が進んでしまったり、肌荒れをしてしまう可能性もあるんです。特に乾燥肌の方の場合は、クレンジングの選び方や使い方に十分注意しておかなければなりません。

乾燥肌でお悩みで、クレンジングにはあまりこだわっていないという方はクレンジングをまず見直してみましょう。



1.クレンジング剤って何があるの?

クレンジングする女性の画像

クレンジング剤はメイクや皮脂、ホコリなど水だけでは落としにくい汚れを取るものです。
洗顔フォームや洗顔石鹸などでは水性の汚れを落とすことはできますが、メイクや日常生活でのホコリや汗、皮脂などの油性の汚れは落とすことができません。

肌に付着している油性の汚れは水や洗顔では落ちないため、クレンジングを使って肌から浮かせる必要があります。

メイクをしていない日でもホコリなどの汚れは落とさなければならないので、クレンジング剤を使用して1日の汚れを落としてあげるようにしましょう。

クレンジング剤にはいろいろな種類があり、それぞれにメイクを落とすための洗浄力や肌への刺激などが違います。まずはクレンジング剤の種類と特徴について知っておきましょう。

1-1.クレンジングオイル

クレンジングオイルの画像

クレンジングオイルは油分の配合量が多く、メイクをしっかりと浮かせて落とすことができます。油分と水を馴染ませてキレイに洗い流すために必要な界面活性剤の量が多いので、肌への刺激が他のクレンジングに比べると少し高くなります。

そのため乾燥肌の方が使用すると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥が進んでしまう可能性があります。

1-2.クレンジングジェル

クレンジングジェルの画像

クレンジングジェルは洗浄力と肌への刺激が中間くらいのクレンジング剤だと言われています。水性タイプと油性タイプのジェルがあり、油性タイプのものはクレンジングオイルに近い性質になっています。オイルが含まれていない水性タイプは洗浄力も比較的抑えめになっています。

ジェルが肌と指の間のクッション代わりになるので、肌への摩擦を抑えられるというメリットがあります。洗い上がりはさっぱりとしているものが多いです。

1-3.クレンジングクリーム

クレンジングクリームの画像

油分を多く含んでいるクレンジングクリームは界面活性剤の量も比較的少なく、肌への刺激が少ないクレンジングです。油分と水分のバランスが良く、クレンジング後の乾燥を防ぐことができます。

乾燥肌の方にはこのクリームタイプか次のミルクタイプがおススメです。クリームタイプはミルクタイプよりは洗浄力が強いので、ミルクタイプだとメイク落ちが悪いという方や、しっかりメイクを落としたい方に選ばれています。

1-4.クレンジングミルク

クレンジングミルクの画像

クレンジングミルクはクレンジング剤の中でも界面活性剤の配合割合が少なく、肌への刺激が非常に弱いタイプのクレンジング剤です。乾燥肌の人のクレンジングに最適です。

低刺激なので敏感肌や乾燥肌の方に多く選ばれています。ただ化粧を落とす洗浄力は比較的弱いのでしっかりメイクはキレイに落とせないことがあります。

1-5.クレンジングシート

クレンジングシートを使う女性の画像

クレンジングが含まれたシートでメイクをふき取るタイプのものです。洗浄力が強く、手早くメイクを落とすことができます。

しかし肌を擦ってメイクを落とすことになるので摩擦が起き、肌への刺激が強くなってしまいます。クレンジングの種類の中では最も肌への負担が大きいと言われています。乾燥肌の人にはおススメできません。

2.乾燥肌のためのクレンジング剤の選び方

乾燥肌には、適度な油分と刺激の少ないケアが必要です。
クレンジングの選び方を間違えると乾燥が進むので、ここでは乾燥肌を改善させることも視野に入れた選び方を覚えましょう。

乾燥肌にはどのクレンジングが適しているのか、クレンジング剤の選び方のポイントについてご紹介します。

2-1.肌への負担・刺激が少ない物を選ぶ

クレンジング剤の肌への負担の画像

乾燥肌を改善させるには、できるだけ肌に負担をかけないケアが必要となります。クレンジングにはどれも界面活性剤といった肌のバリア機能を壊してしまう成分が含まれていますが、その配合量ができるだけ少ないものを選ぶことで負担を軽減させられます。

クレンジングクリームやクレンジングミルクは比較的低刺激のものが多いのでおすすめです。

2-2.保湿力が高い物を選ぶ

肌の画像

クレンジング後は肌の油分が失われた状態になるので、放っておくと乾燥が進んでしまいがちです。スキンケアをすることで防げますが、できれば保湿力が高いクレンジング剤を選んで徹底的に保湿ケアを行いましょう。

保湿成分が多く含まれているクレンジングで、肌に油分を残すことが可能なクレンジングクリームやクレンジングミルクを選ぶといいでしょう。

2-3.メイクに合わせたものを選ぶ

クレンジング剤の画像

肌への刺激が少なくても、メイクが落ちなければ意味がありません。濃いメイクに洗浄力の弱いクレンジングを使うと、なかなか落ちないのでクレンジングを肌につけている時間がどうしても多くなります。洗浄力が弱いものでも長時間付けていると肌への負担は大きくなってしまいます。

その日のメイクの濃さに合わせてクレンジングを選び、ばっちりメイクの日だけは手早くメイクが落ちるものを選びましょう。

2-4.ポイントメイクはコールドクリームを使って落とそう

コールドクリームの画像

ベースメイクはクレンジングクリームやクレンジングミルクなどの洗浄力が弱いもので落とせても、マスカラやリップなどのポイントメイクは落ちづらいことがあります。

しかしポイントメイクが落ちる洗浄力の強いクレンジングを使うと肌への負担が気になりますし、乾燥が進んでしまう原因にもなりかねません。

そこでポイントメイクは別のクレンジング剤を選んで落とすことをおすすめします。乾燥肌の場合はコールドクリームを使ってポイントメイクを先に落としてから顔全体のクレンジングを行うことをおすすめします。

3.乾燥肌におすすめクレンジング剤はコレ

ご紹介した選び方のポイントを踏まえて、乾燥肌に合ったクレンジングを選びましょう。中でもおすすめのクレンジング剤をご紹介します

ブラン クレンジングクリームの画像

グニス ブランクレンジングクリーム
200g 3,500円(税抜)
米ぬかの美肌成分が配合されているクレンジングクリーム。するんとメイクを落として乾燥を防ぎます。拭き取って落とすこともできますが、乾燥肌の方にはぬるま湯で洗い流すことをおすすめします。
出典:http://www.ignis.jp/

パラドゥ スキンケアクレンジングの画像

パラドゥ スキンケアクレンジング
120g 1,200円(税抜)
ミルクタイプで肌への負担が小さく、89%が美容成分のクレンジングミルクなのに、メイクがしっかり落ちると人気のアイテムです。アクアカプセル処方という独自の処方で落ちづらいメイクも簡単にオフできます。
出典:http://www.parado.jp/

ウォッシャブル コールド クリームの画像

ちふれ ウォッシャブル コールドクリーム
300g 650円(税抜)
プチプラで人気のアイテム。メイクとしっかり馴染み、落ちづらい汚れもちゃんと落とすことができます。乾燥肌の方にはポイントメイクを落とすアイテムとしての活用がおすすめです。
出典:http://www.chifure.co.jp/

4.クレンジングの正しい使い方

乾燥肌に適したクレンジングを使っていても、クレンジングを正しく使えていなければ肌へ負担をかけてしまうことになります。肌への負担を防ぐためにクレンジングの正しい使い方についても知っておきましょう。

4-1.Tゾーンから順番に乗せていく

クレンジングの画像

長い時間クレンジングが肌に触れていると、負担がかかってしまいます。そのため皮膚の強い部分からクレンジングを乗せていくことで肌全体への負担を軽減させることができます。

Tゾーンから始めて頬やUゾーン等の皮膚が弱い部分へ乗せ、全体に馴染ませるようにしましょう。

4-2.擦らず手早く落とす

擦らず手早く落とすクレンジング方法の画像

しっかりと肌にクレンジングがなじむようにとクレンジングを長時間肌に擦って馴染ませてはいけません。擦ることで起きる摩擦やクレンジングに含まれる成分が長時間肌に付着したままでいることで肌に負担をかけてしまいます。

大切なのは擦らず優しい力で肌にクレンジングを馴染ませ、メイクが浮いてきたら手早くすすぐこと。このポイントを意識してクレンジングを行いましょう。

5.その使い方、乾燥肌を招いてない?

クレンジングで何気なく行っていることが、実は乾燥肌の原因になってしまっているかもしれません。乾燥肌を招いてしまう、気を付けたいクレンジングでのNG行動についてご紹介します。

5-1.毎日洗浄力の強いクレンジングは使わない

クレンジングオイルの画像

濃いメイクを落としたい場合や、毛穴の汚れをしっかり取りたいときは洗浄力の強いクレンジングを選びます。ただ洗浄力の強いものは汚れだけでなく肌に必要な油分まで一緒に落としてしまっている可能性があります。

油分を洗い流し過ぎると乾燥肌が悪化してしまうので、洗浄力が強すぎるクレンジングは必要なときだけした使わないように注意しておきましょう。

5-2.熱いお湯で流すのはNG

顔をすすぐ女性の画像

熱いお湯でクレンジングを流そうとすると、洗浄力の強いクレンジングを使ったときと同様に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。必ずぬるま湯でクレンジングを落とすようにしましょう。32度前後のぬるま湯が最適です。

5-3.擦り過ぎると乾燥が進んでしまう

擦りすぎの女性の画像

擦り過ぎは肌を傷つけて乾燥を悪化させてしまう原因の1つになります。「クレンジングの正しい使い方」でもご紹介したように優しい力でクレンジング剤を馴染ませるようにしましょう。
クレンジングのメイクを浮かす力を利用することが大切です。

6.乾燥肌はスキンケアが必須

化粧水の画像

クレンジング選びやクレンジングの方法が正しくできていても、乾燥肌の場合はその後のスキンケアにも気を配らなければなりません。

ダブル洗顔後は、肌の水分や油分を洗い流し過ぎてしまうことがあります。洗い流した後は化粧水や美容液、乳液やクリームなどを使ってすぐに保湿を行いましょう。

まとめ

クレンジング剤の選び方・使い方に気を付けていれば、乾燥肌を改善し、予防することが可能です。
毎日行うクレンジングは欠かせないケアだからこそ、肌に与える影響も大きくなります。今回ご紹介したポイントを参考に乾燥肌に合ったクレンジング剤を選んでケアをしていきましょう。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*