クレンジングクリームはやさしい!敏感肌・乾燥肌でも試そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジングクリームは滑らかなので肌がこすられる刺激を減らすことができ、敏感肌や乾燥肌の方でも使いやすいクレンジング剤です。刺激はソフトだけれども、メイクもしっかり落とすことがでますから、お肌にトラブルが生じやすい方も一度は試してほしいクレンジング剤です。
それでは、クレンジングクリームの特徴や使い方などを詳しくご紹介して行きます。



1.クレンジングクリームの特徴

クレンジングクリームの画像

クレンジングクリームの特徴をひと言でいうのであれば、「お肌への摩擦を減らし、メイクを綺麗に落とすことができるクレンジング剤」ということになります。
クレンジング剤の中ので、クレンジングクリームの立ち位置は、クレンジングリキッドとクレンジングミルクの中間で、オイル成分と洗浄成分の配合バランスが程良いという特徴を持っています。
メイクをきちんと落とすことができて、なおかつお肌への刺激が少ない製品を選びたいのであれば、クレンジングクリームが最もおすすめです。

2.クレンジングクリームがおすすめの方

クレンジングクリームがおすすめの方の画像

  • 敏感肌の方
  • 乾燥肌の方
  • しっかりメイクの方

クレンジングクリームがおすすめです。

クレンジングクリームは洗浄成分だけに頼るのではなく、オイル成分の力も借りてメイクを落とすことができるクレンジング剤です。
オイル成分または洗浄成分の配合量がどちらか一方に傾いていると、お肌にかかる摩擦力が高くなったり、洗浄成分で肌荒れが起こったりする可能性が高まります。
このようなクレンジング剤を敏感肌の方が使用した場合では、お肌の状態を悪化させてしまうことが考えられますが、オイル成分と洗浄成分の配合量のバランスが良いクレンジングクリームであれば、肌トラブルの原因になる可能性は低いでしょう。

クレンジングクリームにはオイル成分が程良く配合されていますので、クレンジング後のお肌の乾燥やツッパリ感が気になる方にもおすすめできますので、乾燥肌の方にも適しているといえるでしょう。
また、クレンジングクリームは化粧品に配合されているオイル成分や顔料との相性が良いため、メイクの落ちが良いという特徴も持っていますので、しっかりメイクの方にもおすすめです。

3.クレンジングクリームの欠点

クレンジングクリームの仕組みの画像

クレンジングクリームは、総合的に考えて優れたクレンジング剤ですが、それでも欠点がまったくないというわけではありません。
まず、クレンジングクリームによるクレンジングは、クレンジングオイルやクレンジングリキッドのようにサッと素早くメイクを落とすことができないという欠点を持っています。
それは、クレンジングクリームはメイクと馴染むまでの時間が、クレンジングオイルやクレンジングリキッドよりも長くかかるためです。
また、クレンジングクリームを洗い流したあとにお肌に油分が残り、多少のべたつき感を感じることもあります。
これは、クレンジングクリームに配合されているオイル成分によってお肌に被膜が作られる理由によって起こりますが、乾燥肌の方では気にならなくても、脂性肌の方の場合ではこの被膜のべたつき感を不快に感じる可能性が否めません。
クレンジングクリームを使用する際には、このような欠点があるということも頭に入れておきましょう。

4.おすすめのクレンジングクリーム10選

それではおすすめのクレンジングクリームをご紹介します。

ポンズ クリアフェイスクリームクレンジングの画像

ポンズ クリアフェイスクレンジングクリーム
メイクオフ、リフトアップ、スキンケアという3つの機能を兼ね備えたクレンジングクリームです。コウライニンジンエキス、シャクヤクエキス、オウゴンエキス、スイカズラエキスといった植物成分が配合されていますので、乾燥肌の方にもおすすめできます。
洗い流すタイプで、お肌への負担が少ないクレンジングクリームです。
価格:270g・812円~(取り扱い店舗によって異なります)
出典:http://www.ponds.jp/

ビオレ こくリッチメイクオフクリームの画像

花王 ビオレこくリッチメイクオフクリーム
天然由来シアバターが配合されていますので、クレンジング後の乾燥やツッパリ感が気になる方におすすめしたい製品です。洗い流しタイプですので、お肌への負担がすくないというメリットがあります。
価格:200g・839円~(取り扱い店舗によって異なります)
出典:http://www.kao.co.jp/

ハウスオブローゼ ミルキュアピュアクレンジングクリームの画像

ハウスオブローゼ ミルキュア ピュアクレンジングクリーム
牛乳由来成分を配合した、お肌に優しいクレンジングクリームです。着色料、香料、アルコール(エタノール)は不使用、洗い流しタイプです。
価格:100g・2,700円
出典:http://www.hor.jp/

コスメデコルテ セルジェニークレンジングクリームの画像

コスメデコルテ セルジェニークレンジングクリーム
アンサアンドログラフィスパニクラタエキス、カカオ種子エキス、カリンエキス、ゴマ発芽エキス、チャ葉エキスを配合したクレンジングクリームです。ハーバルフローラルの香りが優しいクレンジングクリームですので、クレンジングと同時にリラックス効果が得られるかも。拭き取り、洗い流し両用タイプです。
価格:125g・4,860円
出典::https://www.cosmedecorte.com/

エビス ウルオイート プレミアム モイスチャークレンジングクリームの画像

エビス ウルオイート プレミアム モイスチャークレンジングクリーム
ザクロ果実エキスやヒアルロン酸Naなど、保湿成分をたっぷりと配合した贅沢なクレンジングクリームです。配合成分の93%が美容成分ですので、敏感肌の方にもおすすめです。パラベン、合成香料、鉱物油、着色料、石油系界面活性剤は不使用です。
価格:3,240円
出典:https://www.ebis-cosme.co.jp/

ドクターリセラ アクアヴィーナス ピュアモイスチャークレンジングの画像

ドクターリセラ アクアヴィーナス ピュアモイスチャークレンジング
珍しい海水を配合したクレンジングクリームで、保湿成分としてカミツレエキスが配合されています。汚れ落ちが良く、しっかりメイクの方にもおすすめできます。
価格:75g・3,024円
出典:http://www.dr-recella.com/

モイスティシモ クレンジングクリームの画像

POLA モイスティシモクレンジングクリーム
ソウハクヒエキスやオウレン根エキス、ソメイヨシノ葉エキスといった植物由来成分が配合されたクレンジングクリームです。低刺激性ですので、敏感肌にもおすすめできます。
価格:120g・3,780円
出典:http://net.pola.co.jp/

マイルドクリームクレンジングの画像

無印良品 マイルドクレンジングクリーム
アンズ果汁と桃の葉エキスが配合されたクレンジングクリームです。香料、着色料、鉱物油、アルコールは不使用、弱酸性ですので、お肌ヘリの刺激が弱いというメリットがあります。
価格:990円
出典:https://www.muji.net/

マヌカコスメ B&Hクレンジング15+の画像

マヌカコスメ B&Hクレンジング15+
ヘントナイト(泥)配合のクレンジングクリームです。マヌカハニーをはじめ、ローヤルゼリーやベタインなどの植物成分がたっぷりと配合されていますので、お肌の乾燥が気になる方には特におすすめできるクレンジングクリームです。
価格:120g・1,944円
出典:https://www.manuka-life.jp/

HACCI(ハッチ)クレンジングクリームの画像

HACCI(ハッチ)クレンジングクリーム
ハチミツをベースとし、オーガニックヒマワリ油とヘーゼルナッツ油を配合したクレンジングクームです。配合成分の99%が天然由来ですので、敏感肌や乾燥肌の方には特におすすめです。
価格:200g・5,724円
出典:http://hacci1912.com/

5.クレンジングクリームの正しい使い方

クレンジングクリームを使用する際には、以下の点に注意して下さい。
落ちにくいポイントメイクは、クレンジングクリームをお肌に伸ばす前に落としておきましょう。

クレンジングクリームの使い方の画像

まず、クレンジングクリームをたっぷりとお肌に伸ばしたら、メイクとクレンジングがすっかり馴染むまで、螺旋を描くような感覚でマッサージします。
その際のポイントは、余分な力を入れず擦り落としをしないということです。
クレンジングクリームとメイクが乳化するまで待ちます。
クレンジングクリームとメイクが馴染んだら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

6.クレンジングクリームを使うときの注意点

女性の肌の画像

クレンジングクリームの洗い流しには32~33℃のお湯がベストですが、この温度で冷たいと感じるのであれば、42℃を超えない温度で洗い流しましょう。
あまり熱いお湯で洗い流してしまうと皮脂が完全に取れて乾燥肌を誘発することがあります。
また、W洗顔不要タイプであっても、クレンジング成分をお肌から完全に取り除くためには、クレンジング後に洗顔することが望ましいでしょう。
そして、クレンジング後には化粧水や乳液、クリームなどで保湿ケアを行っておきます。
特に乾燥が気になる部分は、美容液でケアを行っておくことをおすすめします。

まとめ

クレンジングクリームを使用する際にはちょっとしたコツが必要ですが、慌てずにゆっくりメイクと馴染ませる、熱いお湯で洗い流さない、クレンジング後に保湿ケアをきちんと行うというポイントさえしっかりと押さえておけば、使いやすいクレンジング剤です。
クレンジングクリームを使用する際には、その性質をきちんと理解して、正しく使用することを心がけてみて下さいね!

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*