メイク落としで乾燥を防ぐ!おすすめのクレンジングクリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

保湿のために美容液やクリームを使い始めたけれどどうも、改善しないってことがありませんか?それどころか乾燥が悪化してきているという方もいるのではないでしょうか。そのような方はもしかしたら洗浄力の強いオイルクレンジングを使っていませんか?実はオイルクレンジングは肌の乾燥を招く大きな原因となっています。

基礎化粧品で保湿力を強化し、十分な睡眠やバランスの取れた食事やストレス解消など規則正しい生活が送れていても乾燥を感じるのなら、洗顔やメイク落としに問題があるのかもしれません。特にオイルクレンジングは肌のうるおいを奪ってしまうので、年齢を重ねた肌には強すぎることがあります。そこでおすすめなのがクレンジングクリームです。



1.クレンジングクリームの特徴

クリームを塗る女性の画像

クレンジングの種類によってはダメージの度合いに差があります。
もっとも肌にやさしいものを選びたいところです。レンジングクリームクは油分と界面活性剤のバランスがいいため、肌にやさしくおすすめです。

クレンジングの汚れ落としの仕組み

まずファンデーションや口紅などのメイクは油分ですので、油性であるクレンジング剤でメイクを浮かせることができます。
クレンジング剤にはこの汚れを落とす油分の他に界面活性剤が含まれています。界面活性剤は油分と水分をなじませる役割をし、クレンジングと水をなじませることでメイクを落としています。

クレンジング剤は油分と界面活性剤のバランスが大切で、油分が少ないとメイクを落とすことができません。よってそのぶん界面活性剤が多く必要になり、このことで肌の負担が大きくなります。
これには主に透明のクレンジングジェル・クレンジングリキッド・クレンジングウォーターなどが該当します。

逆に油分が多くても同じように大量の界面活性剤が必要になり、主にオイルクレンジングが該当します。大量の界面活性剤は乾燥の原因になってしまうのでできるだけ少ないほうが望ましいと言えるでしょう。

クレンジングの種類の画像

油分と界面活性剤のバランスがもっともベストなメイク落としは、クレンジングクリームです。油分が多くも少なくもないため界面活性剤の量も適量になり、肌への負担も軽減されます。クレンジングの中では肌にやさしいと言えます。

擦らない質感のクレンジングクリームがいい

メイク落としに限らず、スキンケアの基本は肌に摩擦を与えないことが重要です。拭き取りクレンジングは肌へ大きな摩擦をかけることになってしまうのでやめてください。クレンジングミルクのように液だれする質感のメイク落としも、擦って肌に摩擦がかかってしまうこともあるので避けたほうが安心です。

クレンジングクリームは弾力があるため肌への摩擦をもっとも抑えられるでしょう。

2.クレンジングクリームが向いている人

クレンジングクリームが向いている人の画像

クレンジングクリームはトラブルを引き起こしがちな乾燥肌にぴったりです。使用後の肌はしっとりもっちりと仕上がるものが多く、うるおいを保ちながらクレンジング出来るのが魅力です。

乾燥肌が悪化して引き起こされてしまう敏感肌でも使いやすいのが特徴でしょう。刺激を感じやすい敏感肌も、界面活性剤の使用が最小限であるクレンジングクリームなら、刺激を感じにくくて使いやすいです。

脂性肌が原因で引き起こされると思われているニキビは、肌バリア低下による敏感肌によって引き起こされてしまいます。クレンジングオイルを使うと、肌を適度に保湿する皮脂を奪ってしまいます。適度な皮脂はバリアとして肌のうるおいを保つために必要ですが、クレンジングで無くなってしまうと肌の乾燥の危機を察知して、大量に分泌してしまいます。

このようにして肌がベタつきがちになると皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。
そんなときは肌のうるおい保持率が高いクレンジングクリームを使えばバリアを低下させることなく、回復につながるでしょう。

肌のうるおいを最大限に保ちながら、不要な毛穴汚れをしっかり落とせるのもクレンジングクリームの魅力です。クレンジングオイルのように肌に大切な皮脂をごっそり奪ってしまうことなく、適度にベタつきを落しつつしっとり感を残しながら洗えるのが魅力です。

3.おすすめのクレンジングクリーム

乾燥肌やエイジング肌におすすめのクレンジングクリームをいくつかご紹介しましょう。どれもしっとりもっちりとした使用感が魅力です。ご自身の肌質に最も合ったものを使ってください。

モイスティシモ クレンジングクリームの画像

ポーラ モイスティシモクレンジングクリーム
もっちりとしたクリームがメイクとなじむとするっと伸びるオイルに変化します。力を入れずにメイクや毛穴の汚れを除去して、ベタつきもくすみもオフします。ジェントルフローラルの香りにも癒されます。
価格:3,780円
出典:http://net.pola.co.jp/

フィールメージュ リバイティア クレンジングクリームの画像

オッペン フィールメージュリバイティアクレンジングクリーム
真っ白なクリームがメイクとなじむとオイル状に変化。しっかりと肌になじんで毛穴汚れや古い角質汚れもごっそりオフします。使用後はしっとりもっちりと仕上がって、ワンランク明るい肌へ導きます。
価格:5,000円
出典:https://www.oppen.co.jp/

クレンジングクリームエキストラコンフォートの画像

クラランス クレンジングクリームエキストラコンフォート
植物成分たっぷりのやわらかなクリームがメイクや肌の汚れとなじんでキレイに落とします。クレンジング後の肌は驚くほどなめらかでしっとりもっちり感が残ります。まるで肌が若返ったかのような錯覚の使用感です。
価格:5,400円
出典:http://www.clarins.jp/

エリクシールシュペリエルメーククレンジングクリームNの画像

資生堂 エリクシールシュペリエルメーククレンジングクリームN
こっくりとしたクリームが肌を優しく包み込み、メイクや毛穴汚れを浮かせて落とします。使用後はしっとりなめらかな感触。肌のごわつきをほぐしつつ、うるおいを残して使えるのが魅力です。
価格:2,700円
出典:http://www.shiseido.co.jp/

カネボウ suisaiクレンジングクリームの画像

カネボウ suisaiクレンジングクリーム
ヒアルロン酸、コラーゲン、ローヤルゼリーなど、保湿とエイジングに着目したたっぷりの成分で肌と汚れを包み込みながらメイクを落とせます。ふっくらとしたハリ感が蘇る不思議なクレンジングクリームです。
価格:2,500円
出典:http://www.kanebo-cosmetics.jp/

プレディアクレンジングクリームの画像

コーセー プレディアクレンジングクリーム
グリーンフローラルのやさしい香りに包まれながらクレンジング。メイクも皮脂もすばやく落としてふっくらとした肌へ導きます。肌への負担を最小限に抑えた処方で、汚れをスムーズに落とします。しっかりクレンジングできていながらもしっとり感が残るのが特徴でしょう。
価格:2,625円
出典:https://www.kose.co.jp/

4.正しいクレンジングクリームの使用方法

ではクレンジングクリームの使用方法についてご説明しましょう。ポイントを押さえて使ってこそ効果的にメイクが落とせます。クレンジング前に手を洗うのは、クレンジングクリームの成分をメイクになじませられるようにするためです。

クリームタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. 手の汚れを落とす
  2. ポイントリムーバーが必要な場合は使用する
  3. クレンジングクリーム500円玉大を手のひらにとって温める
  4. 鼻・おでこ・両頬・顎へとクレンジング剤を乗せる
  5. 指の腹でクレンジング剤を広げながら、メイクとなじませる
  6. クレンジングクリームを洗い流す

5.クレンジングクリームの間違った使用方法

せっかくのクレンジングクリームも使用方法を間違えては効果も半減してしまいます。上手な使い方についてご紹介していきます。

5-1.そのままつけるのは×

クレンジングクリームを温めるの画像

クレンジングクリームを手に取ったらそのままつけるのは避けましょう。まずは両手の平ではさんで温めてから顔につけてください。するとメイクなじみがよくなってメイク落ちがよくなります。上手に使うためのコツです。

5-2.クレンジングの量が少ない×

クレンジングの量の画像

クレンジングクリームはたっぷり使いましょう。薄く伸ばしながらケチって使うと、メイクや汚れが落ちないだけでなく、肌への摩擦によって肌バリア低下やしわやたるみなど、トラブルの原因になってしまいます。

500円玉大の量を手に取って、指の腹を使って顔全体へしっかりなじませましょう。クレンジングクリームの重みや厚みによるクッションで肌に負担をかけずにスムーズにクレンジングできます。

5-3.肌への摩擦は×

クレンジングの使い方の画像

メイクを落とす段階でも摩擦は厳禁です。肌になじませるとき、メイクを落すときは、力を入れなくてもするーっと動くので指の腹を使ってやさしく行ってください。ゴシゴシと擦ると肌の乾燥やたるみ、シミなどの原因になってしまうのでやめましょう。

5-5.熱いお湯ですすぐのは×

洗面所の画像

うるおいを保ちながらメイクを落とせるクレンジングクリームを使っても、すすぎを熱いお湯で行っては無意味になってしまいます。熱いお湯は油分を落すのに最適ですが、肌に必要な皮脂も奪ってしまうのでおすすめできません。
ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

まとめ

強いクレンジングや洗顔で洗いすぎてしまうことが乾燥肌やトラブル肌の一因だと言われています。肌のうるおいを保ちながら洗えるクレンジングクリームは、乾燥肌や敏感肌やニキビなどのトラブル肌や、エイジング肌にぴったりです。その特徴を生かすためには正しく使わなければならないのでしっかりポイントを押さえて使ってくださいね。

多くのクレンジングクリームがありますが、使用感やしっとり感は商品に違ってきます。多くのものがメイクだけでなく古い角質や毛穴汚れをオフする効果も持っているので、まずは自分のニーズにぴったりなものを選びましょう。まずは試してみてつっぱり感や乾燥のないものを見つけて、そのなかからベストなものを選んでくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*