肌に優しいく洗浄力もある!クレンジングバームおすすめ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クレンジングバーム

クレンジングには様々な種類がありますが、最近注目されているのが「クレンジングバーム」です。
「肌に優しいクレンジングとして話題になっているから使ってみたい…」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はクレンジングだと肌が荒れることがあるという方や、敏感肌でクレンジング選びに悩んでいるという方にオススメのクレンジングバームについて詳しくご紹介します。
オススメ・人気のクレンジングバームも数点ご紹介しますので、チェックしてみて下さいね。



1.クレンジングバームの特徴

クレンジングバームの画像

クレンジングバームとは、クリームのような形状のクレンジング剤です。バームとは半固形という意味でクリームのような、オイルのような質感が特徴です。

最初はクリームのように固体になっているのですが、肌に塗るとオイルのような液状に変化します。

1-1.クレンジングバームはクリームとオイルの両方の特徴を持つ

クリームとオイルの画像

肌に塗ると徐々にオイルのように変化するバームは、クレンジングクリームとクレンジングオイルの2つの特徴を持っていると言えます。

最初はクリームのようになっているので肌に塗る際に摩擦が起きづらく、肌への負担を抑えられます。そして次第にオイル状になるのでメイクを効率的に浮かせて汚れをしっかりと落とします。

クリームは摩擦が起きづらく肌に優しいながらもメイクとの馴染みが悪いというデメリットがありますが、一方オイルはメイクとの馴染みはいいですが肌に塗る際に伸びが悪くどうしても摩擦が起きてしまうというデメリットがあります。
クレンジングバームならクリームとオイルのいいところを兼ね備えているので上記のようなデメリットがなくなり、高い洗浄力を保ちつつより肌に優しいクレンジングを行うことが可能です。

2.クレンジングバームはこんな人におすすめ

クレンジングバームは上記でご紹介したような特徴があるため、以下のような方にオススメです。

2-1.メイク落ちに不満がある人

メイク落ちが気になる女性の画像

肌荒れしやすいという方の場合はクリームやミルクタイプの肌への刺激が弱いクレンジングを選ぶことが多いでしょう。しかし肌への刺激が弱いクレンジングはメイク落ちが悪く、メイクが残ってしまうこともあります。

クレンジングバームなら肌への刺激を抑えつつ、しっかりとメイクを落とすことが出来ます。

2-2.乾燥が気になる人

乾燥が気になる女性の画像

オイルタイプなどの洗浄力の高いクレンジングを使うと肌の皮脂や水分を洗い流し過ぎてしまい、乾燥しやすくなるというデメリットがあります。

しかしクレンジングバームは適度にうるおいをキープしながら洗い流すことが出来ます。クレンジング後も乾燥しづらいので乾燥肌の方や冬の乾燥が気になる時期のクレンジングとしてもオススメです。

2-3.クレンジングしながら他のケアも行いたい人

マッサージしている女性の画像

クレンジングバームはW洗顔が不要でマッサージや角質ケア効果などがある多機能なものが多いです。クレンジングをするだけでマッサージ・洗顔・角質ケア・アロマ・トリートメントなど様々な機能があればそれだけ肌ケアの時間を時短することも可能です。

忙しいけど、しっかりケアしたい。できるだけケアの時間は短くしたい。と考えている方には特におすすめのクレンジングです。

3.自分に合ったクレンジングバームを選ぶ

クレンジングバームにもいろいろな種類があります。そのため自分に合ったクレンジングバームを選ぶことが大切です。特に乾燥肌や敏感肌の方は肌に合わないものが多いのでより選び方に注意しなければなりません。肌に合ったクレンジングバームの選び方のポイントをチェックしておきましょう。

3-1.乾燥肌なら保湿成分が配合されたものを選ぼう

保湿成分が入ってるクリームの画像

肌への刺激を抑えて、うるおいをキープできるクレンジングバームは乾燥肌の方にも最適です。さらに乾燥しづらい肌を目指すためにも、保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶことをオススメします。

3-2.敏感肌は添加物が少ないものを選ぼう

パッチテストの画像

敏感肌の方は、クレンジングに含まれている添加物によって肌が荒れてしまう可能性があります。クレンジングには保存期間を長くするため、香りをよくするため、といった使い勝手を良くするために添加物が複数含まれている場合があります。本来は必要のないものなのでできれば添加物が少ないものを選びましょう。

無香料・無着色・無鉱物油・ノンアルコールといった記載がされているものは添加物が少ないので目安にするといいでしょう。

特に敏感肌の方の場合は、クレンジングが肌に合うかどうか購入してから使用する前にパッチテストをしましょう。パッチテストは二の腕に塗って、肌が赤くなるなどの反応が無いかをチェックするだけなので簡単です。パッチテストをしておけば肌にあわずトラブルが起きてしまうといったことを防げます。

3-3.肌が弱い方は植物成分が含まれているものもオススメ

成分を確認する女性の画像

添加物が含まれていないことや、保湿力が高いことも大切ですが、肌が弱い方は成分が植物由来のものを選ぶとより安心して利用できます。

クレンジングバームにもオイルが含まれていますが、植物由来のオイルなら肌荒れをする可能性がより低くなり、安心して使えるのでパッケージの成分表などをチェックしてみましょう。「植物由来成分○○%」といったようにわかりやすく表記されているものもあります。

どのクレンジングバームにするか迷った場合は植物由来の成分が配合されているかどうかという点も判断材料の1つとしてチェックしてみるといいでしょう。

3.おすすめのクレンジングバーム

クレンジングバームの中でも特に人気が高いアイテムをご紹介します。

ザ クレンジングバームの画像

D.U.O ザ クレンジングバーム
3,600円(税抜)
クレンジングバームの中では特に人気が高い商品で愛用者も非常に多いです。独自の技術で肌の隅々までの汚れをしっかりと落とすことができます。31種類ものエイジングケア成分が配合されているので、特に30代以上の方にオススメ。メイクを落としながら角質ケアやマッサージケアもできるという優れものです。初回限定で安く購入できるキャンペーンも行われています。
出典:https://www.duo.jp/

クリニーク テイクザデイオフ クレンジングバームの画像

クリニーク テイクザデイオフ クレンジングバーム
3,800円(税抜)
長年愛用している人も多い人気アイテム。毛穴の黒ずみが気にならなくなったという声もあります。ツッパリ感が無く、快適な肌になれます。肌質を問わず使えるのでオススメ。落ちにくいメイクや日焼け止めもしっかり落とせます。
出典:https://www.clinique.jp/

クリニーク テイクザデイオフ クレンジングバームの画像

トリロジー クレンジングバーム
4,700円(税抜)
オーガニック認証を受けたローズヒップオイルを贅沢配合しているクレンジングバーム。その他にもココナッツオイルやマンゴー種子バターといった植物成分が含まれています。メイク落ちが良く肌に負担が少ないというメリットがあります。ポイントメイクもきちんと落とせて便利。香りもよく、使うだけで特別な気分になれます。
出典:http://www.trilogyproducts.jp/0/

ラフラ バームオレンジグリーンティーの画像

ラフラ バームオレンジグリーンティー
3,348円(税込)
抹茶に含まれているカテキンの力で毛穴に潜んでいるくすみをしっかり落としてくれます。ビタミンCもたっぷり配合されているので毛穴の目立たない透明感のある肌にしてくれます。成分の2/3以上が美容成分となっていてコラーゲンやはちみつ、ヒアルロン酸などの高保湿成分が多数含まれています。クレンジングするだけで美容パックや角質ケア、洗顔にマッサージといった5つのケアが完了する優れものです。
出典:https://www.rafra.co.jp/

RMK モイストクレンジングバームの画像

RMK モイストクレンジングバーム
3,200円(税抜)
美容オイルの効果で潤いのある肌に導いてくれます。シアバターが配合されていて保湿力も高く、そのほかにもローズヒップオイル・アボカドオイル・サトウキビ由来のスクワランといった肌に嬉しい効果のある植物由来の成分が多数含まれています。ローズブーケの香りでクレンジングしながらリラックス効果も得られます。
出典:http://www.rmkrmk.com/

ボビィブラウン エクストラバームリンスの画像

ボビィブラウン エクストラバームリンス
9,180円(税込)
オレンジオイルで肌を美しく整えてくれるクレンジングバームです。肌にぬると暖かくなる温感効果があるので毛穴の奥までしっかりと汚れを落としてくれます。血行を促進する効果も期待でき、マッサージをすると美肌効果が高まります。香りも爽やかで使うだけでアロマ効果も得られます。
出典:https://web.hh-online.jp/

5.クレンジングバームの使い方

クレンジングバームの正しい使い方もチェックしておきましょう。正しく使えばより肌に優しく、しっかりと汚れを落とすことができます。以下の手順に沿って使いましょう。

クレンジングバームの使い方の画像

  1. 付属のスプーンやスパチュラなどを使ってクレンジングバームを手に取る
  2. 半分くらいの量を取って、おでこから鼻の順番でTゾーンから先にバームを伸ばしてメイクと馴染ませる
  3. くるくると円を描くようにマッサージしながらなじませる
  4. 残りのバームを頬の内側から外側に向けてくるくると円を描くように動かしながらメイクと馴染ませる
  5. 顔全体に馴染ませたら、小鼻の周りや口元、目元などの細かい部分に指の先を使って馴染ませる
  6. 水かぬるま湯でしっかりとすすぎ残しが無いように洗い流す

まとめ

クレンジングバームはクリーム・ミルクタイプのクレンジングのデメリットを補っていてとても便利に活用できます。肌へのやさしさは重視したいけど、しっかりメイクを落とせる洗浄力も欲しいという方にとってはとてもオススメのクレンジングなのでぜひチェックしてみて下さいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*