艶感のあるファンデーションでほんのり艶肌に魅せる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

少し前はお人形さんみたいなマット肌が流行っていましたが、最近は艶肌派が増えてきました。実際、艶肌ファンデーションは男性にも人気で、マット肌と比べて「艶がある方が若い感じがしていい」「触れてみたくなってしまう」「ハリがあるように見える」など、好印象を持つ男性が多いようです。イキイキとして健康的な印象を与えるのが艶肌ファンデーションの魅力といえるでしょう。

とはいえ、艶肌メイクをしたいと思っても、なかなか思うような艶感が出ないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は肌タイプ別に艶のあるファンデーションを選ぶ方法をご紹介します。また艶感アップのコツもお伝えしますので、ぜひメイクに取り入れてみてくださいね。



1.艶のあるファンデーション選び

ファンデーションの種類の画像

ファンデーションは大きく「リキッドタイプ」「クリームタイプ」「パウダータイプ」の3つに分けられます。必ずしもリキッドファンデーションでなければ艶感は出せないということはなく、それぞれのファンデーションで艶感を出すことは可能です。
それぞれのファンデーションの特徴をみていきましょう。

  • リキッドタイプ
    リキッドタイプのファンデーションは水分が多く、肌にピッタリと密着します。みずみずしい艶肌に仕上げることができます。
  • クリームタイプ
    リキッドタイプのファンデーションよりも油分が多く、保湿力の高いファンデーションです。こっくりとしたテクスチャーでカバー力も高いのが特徴。しっとりとした艶肌に仕上げます。
  • パウダータイプ
    パウダータイプのファンデーションは、艶肌づくりに向いていないと思われがちですが、保湿成分が配合された光沢の出るパウダーファンデーションを選ぶと、しっとりとした艶肌に仕上げることができます。

2.艶のあるファンデーションは肌タイプで選ぶ

艶肌になれるファンデーションには大きく3つのタイプがありますので、「どれを選んだらいいのか分からない」という人もいると思います。肌タイプによってピッタリのファンデーションは異なりますので、自分の肌タイプにピッタリのファンデーションを選ぶのが艶感のある美肌をつくるためには欠かせません。

2-1.敏感肌タイプ

パウダーファンデーションの画像

敏感肌の方には肌に負担の軽いパウダータイプのファンデーションがおすすめです。リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは肌に密着しますが、その分肌への負担が大きいですし、落としにくいのでクレンジング力の強い洗浄剤での洗顔が必要となりますので敏感肌の方にはおすすめできません。
艶の出るパウダーファンデーションから選びましょう。

2-2.乾燥肌タイプ

クリームファンデーションの画像

乾燥肌タイプの方には保湿効果の高いリキッドタイプかクリームファンデーションの艶のでるものがおすすめです。どちらがいいかは仕上がりの好みや肌の乾燥の度合いによって異なります。肌の乾燥がひどいという場合は迷わずクリームファンデーションを、なるべく自然な仕上がりにしたいという場合はリキッドタイプを選ぶといいでしょう。

2-3.オイリー肌タイプ

パウダーファンデーションの画像

オイリー肌の方におすすめのファンデーションは、艶の出るパウダーファンデーションです。油分の多いクリームタイプのファンデーションだと、ファンデーションがドロドロになって崩れてしまうのでおすすめできません。ただし、リキッドタイプのファンデーションの中には皮脂吸収成分が入っていて「汗や皮脂で崩れない」と謳っているものもあります。パウダータイプのファンデーションだと、どうしても落ちやすいので、しっかりメイクしている感を出したい場合は、艶の出るリキッドタイプのファンデーションを選ぶのもいいでしょう。

2-4.混合肌タイプ

リキッドとパウダーファンデーションの画像

Tゾーンはベタつくのに、他の部位はカサつく……。そんな混合肌さんはファンデーション選びが難しいのですが、どちらか特に気になる方に合わせるといいと思います。メイクの崩れが気になる場合は、パウダータイプのファンデーションか崩れにくいタイプのリキッドファンデーション。どちらかというと肌の乾燥の方が気になるという場合は、保湿効果の高いタイプのリキッドファンデーションを選ぶといいでしょう。少し面倒ですが、ベタつく部分と乾燥する部分で使うファンデーションを変えるというのもひとつの方法ですよ。

3.艶のあるおすすめのファンデーション

艶の出るおすすめのファンデーションをタイプ別にご紹介しますので、なかなか気に入ったファンデーションに出会えないという方はファンデーション選びの参考にしてください。

3-1.おすすめのリキッドファンデーション

ランコム タンミラクリキッドの画像

ランコム タンミラクリキッド
「艶肌ファンデーションといえばコレ」というくらい人気のランコムのリキッドファンデーション。最新技術「ユニバーサルライトテクノロジー」によって、光を集めて肌内部から光の拡散を実現。これまでのファンデーションにはないような艶感、透明感を実現するファンデーションです。SPF15/PA++  30mL 8色展開
価格:6,000円(税抜)
出典:http://www.lancome.jp/

ADDICTION ティンティド スキンプロテクター画像

ADDICTION ティンティド スキンプロテクター
SPF50+/PA+++という高い紫外線カット効果を持ち、1本で日焼け止め・化粧下地・ファンデーションという3役をこなせるファンデーション。毛穴の凹凸も自然にカバーしつつ、みずみずしい艶肌に仕上げます。疲れた肌にもひと塗りすれば、イキイキとしたフレッシュな表情に!
SPF50+/PA+++ 30ml 5色展開
価格:4,500円(税抜)
出典:http://onlineshop.addiction-beauty.com/

SHISEIDO シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーションの画像

SHISEIDO シンクロスキン グロー ルミナイジング フリュイドファンデーション
タイムマッチパウダーが肌の状態に応じて光を調節。皮脂が少ない肌には強い艶を、皮脂が多い肌には光を拡散することでテカリを軽減。使用する人の肌質を生かした艶感を実現します。美容液のような使用感で、潤い肌をキープします。
SPF20/PA++ 30ml 6色展開
価格:5,000円(税抜)
出典:http://www.shiseido.co.jp/

3-2.おすすめのクリームファンデーション

RMK クリーミィファンデーション Nの画像

RMK クリーミィファンデーションN
口コミサイトでクリームファンデの部門第1位を取った大人気のクリームファンデーションです。アルガンオイルやシアバターなどの保湿成分がカサつきやすい肌に潤いを与え、しっとりとした艶肌を実現。クリームファンデーションにありがちな厚塗り感がなく、若々しくてハリのある肌に見せてくれます。
SPF28/PA++ 30g 7色展開
価格:5,000円(税抜)
出典:http://www.rmkrmk.com/

エクストラ リッチ クリーム ファンデーションの画像

SUQQU(スック) エクストラリッチ クリームファンデーション
数々の化粧品ランキングで上位にランクインするスックのクリームファンデーション。保湿成分として12種類の日本産美容エキスを配合しており、潤いある艶肌に仕上がります。このファンデーションの最大の特徴は、時間の経過とともに艶感が変わること。「時間が経ってもくすまない」ではなく、「時間が経過するほど美しい艶肌」になるのが特徴です。1万円出しても惜しくない、そんな気持ちにさせるファンデーションです。
SPF30/PA++ 30g 7色展開
価格:10,000円(税抜)
出典:http://onlineshop.suqqu.com/

スキンモデリングウォータークリームファンデーションの画像

ルナソル スキンモデリングウォータークリームファンデーション
成分の約60%が水分でできているファンデーション。伸びがよく、みずみずしい仕上がりで、潤いを長時間キープします。肌の色ムラをカバーし、透明感のある艶肌に仕上げてくれます。SPF20/PA++ 30g 6色展開
価格:5,000円(税抜)
出典:http://www.kanebo-cosmetics.jp/

3-3.おすすめのパウダーファンデーション

ルナソル スキンモデリングパウダーグロウの画像

ルナソル スキンモデリングパウダーグロウ
透明感のある艶肌に仕上がるパウダーファンデーション。パウダー特有の粉っぽさがなく、立体感とハリのある肌を実現します。複数のパールをミックスして配合することで、光過ぎない自然な艶肌に仕上げてくれます。
SPF20/PA++ 9.5g 6色展開
価格:4,000円(税抜) コンパクト別売り
出典:http://www.kanebo-cosmetics.jp/

コフレドール ビューティオーラパクトUVの画像

コフレドール ビューティオーラパクト
透明感のある仕上がりでありながら、毛穴や色ムラはしっかりとカバーしてくれる優れもののファンデーション。肌の高いところに自然な明るさが出るようなハイライト効果があり、美しい艶肌に仕上げてくれます。
SPF26/PA++ 9.5g 7色展開
価格:ノープリントプライス
出典:http://www.kanebo-cosmetics.jp/

ディオール スノーミナス パーフェクトファンデーションの画像

ディオール スノーミナス パーフェクトファンデーション
明るくイキイキとした素肌を実現するファンデーション。薄付きでありながら肌のくすみや欠点をしっかりとカバーし、1日中みずみずしい艶肌をキープします。
SPF20/PA+++ 6色展開
価格:6,000円(税抜) コンパクト別売り
出典:http://www.dior.com/

4.艶のあるメイクにするには肌コンディションが大切

スキンケアとメイクの画像

艶のあるメイクをするにはファンデーション選びも大事ではありますが、それ以上にスキンケアによる肌づくりが大切です。

スキンケアで保湿がしっかりとできていないと、肌がカサついてしまったり、ファンデーションにムラができてしまったりします。

逆に肌がしっかりと潤っている状態だとメイクのノリが良くなります。ですからメイク前のスキンケアは手を抜かないようにしましょう。水分をしっかりと補給し、必要な油分を肌に与えて、肌のベースづくりをおこなってくださいね。

5.艶感をさらにアップする方法

艶感をさらにアップしたいという場合は、ハイライトを使用しましょう。ハイライトを上手に入れると、それだけでも艶肌が実現しますからハイライトは艶肌を目指す人の強い味方です。この機会に、ぜひ艶を出すハイライトの入れ方をマスターしましょう。

5-1.艶感をアップさせるハイライトの選び方

おすすめのハイライトカラーの画像

ハイライトを選ぶ時に、白いものを選ぶ人は少なくありませんが、白すぎるものは白浮きしやすいのでおすすめできません。自分の肌よりも少し明るいベージュやピンク系のハイライトを選ぶと自然な艶が出るのでおすすめです。

5-2.艶感を出すハイライトの塗り方

ハイライトにはパウダータイプのものとクリームタイプのものとがあります。どちらのタイプのものを使うかで、ハイライトを使うタイミングが異なります。
また、ハイライトを塗る順番は使用するファンデーションによっても異なります。ファンデーションのタイプ別にハイライトの塗り方をお知らせします。

<リキッド・クリームファンデーションのハイライトの塗り方>

 

リキッド・クリームファンデーションのハイライト-パウダーの使い方の画像

パウダーハイライトを使用する場合
リキッド・クリームファンデーション→パウダー→ポイントメイク→ハイライト
ハイライトは仕上げに入れます。

リキッド・クリームファンデーションのハイライト-クリームの使い方の画像

クリームハイライトを使用する場合
リキッド・クリームファンデーション→ハイライト→パウダー→ポイントメイク
ハイライトを塗るタイミングは、ファンデーションの後、パウダーの前になります。

<パウダーファンデーションのハイライトの塗り方>

パウダーファンデのハイライト-パウダーの使い方の画像

パウダーハイライトの場合
パウダーファンデーション→ポイントメイク→ハイライト
ハイライトはメイクの仕上げに入れます。

パウダーファンデのハイライト-クリームの使い方の画像

クリームハイライトの場合
ハイライト→パウダーファンデーション→ポイントメイク
ハイライトはファンデーションの前に使用します。

5-3.艶感を出すハイライトの入れ方・入れる部位

ハイライトを入れる場所は、基本的に3ヶ所です。それぞれの部位の入れ方を説明します。

基本的なハイライトの入れ方の画像

  1.  Tゾーン
    額と鼻筋のTゾーンにハイライトを入れることで鼻を高く見せることができます。鼻先までハイライトを入れてしまうとテカった感じになってしまうので注意してください。
  2.  頬から目尻にかけて
    頬骨の高い位置から眉下に向かってCのカーブを描くようにハイライトを入れます。
  3.  顎
    顎の中心部に控えめに入れます。

ハイライトを入れ過ぎるとテカテカした顔に見えてしまうので、ハイライトはあくまでもこの3ポイントに絞って控えめにいれてください。

まとめ

イキイキとしたヘルシーな肌に仕上がる艶肌ファンデーションは、「いつも疲れてそうに見える」「体調が悪いの?とよく聞かれてしまう」といった悩みを持つ人にもおすすめです。ぜひ自分の肌タイプに合ったファンデーションを探して、美しい艶肌を実現させてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*