タバコを吸っていると顔のたるみが気になる!3つの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

タバコを吸っている人の中には「周りの人と比べて、肌がたるんでいる気がする」と感じる方もいるのではないでしょうか。
実際に喫煙は肌のたるみを促進させてしまう可能性があると考えられています。また、たるみ以外のシミやシワといった肌トラブルも喫煙していない人と比べて起きやすいといった特徴があります。その理由や対処法について詳しくご紹介します。




1.タバコを吸っていると肌がたるむ

スモーカーフェイスの画像

タバコを吸っているとたるみを始め、色々な肌トラブルが起きやすくなってしまいます。主に以下のような肌トラブルが起きやすくなっており、喫煙をしている女性は特に注意しておかなければなりません。

  • たるみ
  • くすみ
  • シワ
  • ハリ
  • 頬のコケ
  • 乾燥

たるみと一緒にクマも発生することが多く、顔全体の印象が不健康になりがち。こういったタバコを吸うことで起きやすい特徴のある顔を「タバコ顔」「スモーカーフェイス」といいます。

加齢によってもたるみなどのトラブルが起きるものですが、喫煙することで非常に早く老化が進んでしまうため、実年齢よりも非常に老けて見えるということが多くなってきます。

2.タバコが肌をたるませる原因

なぜタバコが肌をたるませてしまうのでしょうか。その原因についてご紹介します。

2-1.ビタミンC不足で肌がたるみやすくなる

コラーゲン減少の画像

タバコを吸うとビタミンCが破壊されてしまいます。これはタバコを吸うことで活性酸素が発生するからです。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要で、肌のハリや弾力を維持するのに欠かせません。そのビタミンCが不足するということはコラーゲンの生成不足によるたるみを促進させる大きな原因になってしまいます。

2-2.血行不良

血液は肌に必要な酸素や栄養を運ぶ役割を持っています。しかし喫煙をして血行が悪くなると、本来必要であった栄養や酸素が不足してしまいます。これにより毛細血管を通じて肌への栄養が届かなくなり、新陳代謝の定価が起こります。くすみやくま、たるみの原因になってしまいます。

2-3.新陳代謝が下がる

ターンオーバーの画像

細胞への栄養や酸素が十分行きわたらないと肌の新陳代謝(ターンオーバー)が下がってしまいます。肌の新陳代謝が正常なら、肌の細胞は古くなると新しいものに生まれかわり、美しさを維持することができます。しかし肌の新陳代謝が衰えると、肌細胞は古いままになってしまい、シワやたるみなどの肌の老化の大きな原因となってしまいます。

3.たるみをリフトアップさせる食事

喫煙によって様々なことが理由でたるみやすい状態を促進させてしまいます。
これを予防するには禁煙をしてその原因を取り除く方法が一番ですが、禁煙が進まないという方には食事でのたるみリフトアップ方法がオススメです。

たるみを改善することができる栄養素にはたんぱく質、コラーゲン、ビタミンCなどがあります。

3-1.たんぱく質

海鮮丼の画像

たんぱく質は人間の体にとって非常に重要な栄養素です。もちろん肌にとっても大切な栄養素。皮膚を作る元となるため、たんぱく質が不足すると新陳代謝が衰えてたるみの原因になってしまいます。しっかりとたんぱく質を摂取してたるみを防ぎましょう。

代表的な食べ物と効率の良い食べ方
たんぱく質は魚介類・肉類・大豆製品・卵等に多く含まれています。効率よく摂取するには、一度にたくさん摂取するのではなく、3食に分けてまんべんなく摂取することをオススメします。サプリメントよりも、食品から摂取するようにしましょう。

3-2.コラーゲン

手羽先の画像

肌の弾力を維持するために大切な栄養素。ハリのある肌には欠かせません。コラーゲンは25歳をピークに減少してしまいます。

代表的な食べ物と効率の良い食べ方
コラーゲンはフカヒレや手羽先、鶏皮など肉の脂身などに多く含まれています。たんぱく質と一緒に摂取するとより効率よく摂取することが可能です。その他にもビタミンCやビタミンE等の栄養素と一緒に摂取すると美肌効果がアップします。

食品からは十分な量が摂取できないこともあるので、サプリメントや健康食品などを活用して補ってもいいでしょう。

3-3.ビタミンC

フルーツの画像

前章でもご紹介したように、ビタミンCはコラーゲン生成に必要な栄養素。不足するとコラーゲンの生成が止まってしまい、肌の弾力が衰えてたるみやすくなってしまいます。

代表的な食べ物と効率の良い食べ方
ビタミンCはアセロラやレモン、キウイフルーツなどの果物、ピーマンやブロッコリーといった野菜などに多く含まれています。効率よく摂取するにはたんぱく質と同様に、1日3回程度に分けて摂取することをオススメします。また、満腹時に摂取すると1.5倍以上も効果的に吸収されるので、食事の最後に食べるといいでしょう。

4.サプリメントでたるみを防ぐ

たるみを予防するための食事方法をご紹介しましたが、食事だけでは十分に栄養を摂取できないケースが多いです。そういった場合はサプリメントで栄養素を補う方法がオススメです。特にたるみの予防に最適なサプリメントは以下の3つの栄養素が含まれたサプリメントです。

4-1.ビタミン類

サプリメントの画像

ビタミンCはもちろん、ビタミンAサプリメントの画像やビタミンEもたるみの予防に効果的です。ビタミン類はどうしても食品だけでバランスよく摂取するのが難しいのでサプリメントでの接種がオススメです。ビタミンCを中心に、色々なビタミン類がバランスよく配合されたサプリメントを選びましょう。

4-2.コラーゲン

コラーゲンサプリの画像

たるみを予防するには1日1000㎎以上のコラーゲンが必要と言われていますが、この量を食品から摂取するのは難しいのでサプリメントを活用しましょう。コラーゲンサプリメントにはビタミンが一緒に配合されたものも多いので、チェックしておくといいでしょう。

4-3.プラセンタ

プラセンタの画像

プラセンタは美肌に非常に効果的な栄養素。コラーゲンを生成する繊維芽細胞という部分を活発化させる作用があります。たるみ予防にも非常に大きな効果があるので積極的に摂取しましょう。

5.たるみを予防するために実践したい5つの方法

肌の弾力を低下させないためには、栄養素を摂取するだけでなくたるみの原因を取り除いたり、マッサージなどを行うといった色々な方法があります。以下の5つの方法を試してみましょう。

5-1.紫外線から肌を守る

化粧下地の画像

紫外線を浴びると、線維芽細胞がダメージを受けることになります。そうなるとコラーゲンなどの生成量が減り、ハリや弾力が衰えてたるみの原因となってしまいます。

UV効果のある下地や、SPF値の高いファンデーションでメイクはしっかりとするように心がけましょう。ベースメイクで日焼け止めができない場合は下地の前に日焼け止めを塗ったり、メイクの後から使えるミストタイプの日焼け止めなどを活用するといいでしょう。

また、日傘、帽子などをさらにプラスして紫外線からしっかりと肌を守るように心がけてください。

5-2.乾燥から肌を守る

保湿する女性の画像

肌が乾燥するとたるみやすくなるので要注意。水分がなくなると肌に負担がかかり、通常よりもたるみが進んでしまいます。乾燥から肌を守るためには保湿ケアが大切。洗顔後の保湿ケアは非常に重要なので乾燥が気になる方は特に保湿力の高い化粧水や乳液、美容液でのケアを行いましょう。

5-3.姿勢を正してたるみ予防

 

姿勢の画像

姿勢が悪いと、頬が下方向に引っ張られてしまいます。これによりフェイスラインがたるんで老けて見えてしまうことがあります。

スマホを操作していたり、デスクワークが多いとどうしても姿勢が悪くなりがちです。アゴをシッカリと引いて首が曲がらないように注意しましょう。

股関節や肩甲骨の周辺の筋肉を柔らかく保つことで、デコルテが広がり首が正しい位置になります。

5-4.フェイスマッサージ

たるみを解消するには、老廃物を排出するリンパマッサージがオススメです。

リンパマッサージの画像

  1. 首筋を上から下にマッサージして老廃物を流す
  2. アゴ先から耳に向かってフェイスラインをなぞるようにマッサージし老廃物を流す
  3. 頬は内側から外側に向かってマッサージする
  4. 眉と目の間を指でぐっと押してさするようにしマッサージする
  5. ①と同様に首をマッサージする

5-5.頭皮マッサージ

フェイスマッサージ以外にも、頭皮をマッサージすることでたるみを解消することが可能です。頭皮は動かさないと凝ってしまい、顔のたるみにもつながることがあるため、コリを解消するためにマッサージをしてあげましょう。

頭皮マッサージの画像

  1. 耳の上、こめかみの周辺を円を描くようにくるくると回しながらマッサージをする
  2. そのまま頭頂部に向かって指を移動させながら頭皮をマッサージしていきます。
  3. 耳の上から頭頂部までのマッサージを3回程度繰り返します。

まとめ

今回ご紹介した方法を実践することで、たるみを予防したり改善することができます。

タバコを吸うことで通常よりもたるみが進んでいる場合は禁煙をすることが一番の改善方法です。しかし禁煙がなかなかできないという方は今回ご紹介した方法でたるみの予防と改善を行いましょう。

喫煙していない人よりもたるみやすいというリスクがあるので、1つの方法だけではなく、複数の方法を実践しましょう。しっかりと対策を行うことでタバコを吸うことで起きるたるみを予防することができます。もちろん、可能であれば禁煙にも取り組みましょう。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

タイトル:ご購読にはtwitter、feedly、LINEも便利です!

コメントを残す

*