肌にやさしい低刺激クレンジング剤の正しい選び方・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

クレンジングは肌に残ると悪影響を及ぼす「メイク汚れ」「皮脂汚れ」などを落としてくれるアイテムです。しかしその分肌への影響も大きく、特に敏感肌だとクレンジングが合わずにヒリヒリしてしまったり、赤みがでてしまうといったトラブルが起きることもあります。

しかしクレンジングを使わないとメイク汚れが付着したままになってしまいますし、どうすればいいのだろう…。と悩んでいる方も多いと言われています。

そこでオススメなのが肌に優しい低刺激のクレンジングを使うこと。刺激が少ないのにちゃんとメイクや汚れを落とすクレンジングを使えば、肌をいたわりながらケアを行うことができます。

今回は低刺激のクレンジングの選び方などについて詳しくご紹介します。



1.低刺激のクレンジング剤を選ぼう

敏感肌でも使用できる、低刺激のクレンジング剤を選ぶときのポイントについてご紹介します。

1-1.肌への負担が少ないものを選ぶ

オーガニックコスメの画像

肌への負担のことを考えて作られたものを選びましょう。肌に優しい美容成分が沢山含まれていたり、添加物などが極力含まれていないものを選ぶと肌への負担を軽減できます。

オーガニックや化学成分が一切含まれていないものは肌への負担が小さいのでオススメです。しかし肌への負担が小さいものは洗浄力が弱く、メイク汚れがしっかりと落ちないという場合もあります。メイクが濃い目の方はすこし化学成分が入っていて洗浄力がある程度高いものを選んでもいいでしょう。

また、濃いメイクの部分だけを専用のリームーバーで落とすという方法もオススメです。

1-2.保湿力が高いものを選ぶ

クレンジングをつかう女性の画像

敏感肌は乾燥に弱く、クレンジング後は特に水分が失われている状態なので乾燥して肌がヒリヒリしたり赤みが出てしまうこともあります。そのためクレンジングの際に保湿ができるものを選ぶとトラブルを予防することが可能です。

クレンジング剤にヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれているものを選ぶと、クレンジング後もある程度の水分が維持されて乾燥を防ぐことができます。

1-3.低刺激用に作られたものを選ぶ

クレンジングの種類の画像

「低刺激用」と記載されているクレンジングは、肌への負担を抑えた工夫が沢山されていて安心して使えます。
低刺激用化粧品ブランドから出ているクレンジング剤もありますし、人気のクレンジング剤は低刺激用のものが別に作られている場合もあります。

クレンジング剤にはオイル・リキッドなど様々なタイプのものがあります。中でも肌への刺激が弱く、敏感肌の人におすすめなのがミルクタイプとクリームタイプのクレンジング剤です。

ミルクタイプ・クリームタイプのクレンジング剤は油分が多く含まれているので保湿力が高く、クレンジング後の肌が乾燥するのを防ぎます。
また、肌に負担をかける界面活性剤の配合量が少ないので敏感肌にも合うものが多く、トラブルを防ぐことができます。

2.おすすめの低刺激のクレンジング剤

敏感肌の方や肌に優しいものを選びたいという方におススメのクレンジング剤です。
中でも敏感肌の方に支持されているアイテムをご紹介します。

ミルキィ クレンズアップの画像

アクセーヌ ミルキィクレンズアップ
3,024円
余分な角質を取り除きやすくする、角質柔軟成分が配合されています。しっかりと汚れや角質を落とせるのに、肌に優しいと高い人気のあるミルククレンジングです。低刺激性で無香料、無着色でアルコールフリーとなっています。
出典:http://www.acseine.co.jp/

ギブ&テイク クレンジングオイルミルクSBの画像

ギブ&テイク クレンジングオイルミルクSB
1,080円
肌に潤いをしっかり与えつつ、高い洗浄力で話題になっているクレンジング。オイルインのミルククレンジングなのでメイクが濃いめでちゃんと落としたいという方にオススメです。98%が美容液成分で無鉱物油・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリー・無着色で肌への負担も軽減しています。
出典:http://noevirgroup.jp/リィスレ デマキアンの画像

シスレー リィスレ デマキアン
12,420円
乾燥しやすい肌に潤いをしっかり残しつつ、汚れだけを取るクレンジングミルクです。ホワイトリリーエキスという肌の調子を整える成分が配合されています。その他ヒマワリ種子油など植物系の有用成分が含まれていて美容家などを中心に高い人気があります。
出典:http://www.sisley-paris.com/

ゼノア コールドクリームクラシックの画像

ゼノア コールドクリームクラシック
2,300円
界面活性剤を使っていないクレンジングアイテム。油汚れは油で落とすという考え方から作られています。メイク汚れはもちろん、古くなった皮脂汚れも取り除いて毛穴のとおりをスムーズにしてくれます。
出典:http://www.genoa.co.jp/

コスメデコルテ AQミリオリティ リペアクレンジングクリームの画像

コスメデコルテ AQミリオリティ リペアクレンジングクリーム
10,000円
保湿成分を贅沢に配合。ポイントメイクまでも浮かせてしっかりと落としてくれます。肌にハリを与えてくれると人気があります。ザラザラ感がなくなる、肌の調子が良くなった、これが1番肌に合うといった高い評価のあるクリームクレンジングです。
出典:https://www.cosmedecorte.com/

ゲラン クレンジングクリームの画像

ゲラン クレンジングクリーム
9,720円
リッチなテクスチャーのクリームが肌のうるおいを保ちながら優しくクレンジングをしてくれます。ムスク・ジャスミンの香りで贅沢さを味わうこともできると評価されています。ドラッグストアなどで売られているようなクレンジングとは全く違うといった意見が多く、使用後は肌のしっとり感やふっくら感があると実感している方が多いです。肌の調子が悪いときのお助けアイテムとして使っている方もいます。
出典:https://www.guerlain.com/

3.クレンジング剤の使い方

クレンジングミルクとクレンジングクリームの使い方をご紹介します。
正しく使って肌をいたわるためにも、使用方法について知っておきましょう。

3-1.クレンジングミルクの使い方

クレンジングミルクの使い方は以下のとおりです。

クレンジングミルクの使い方の画像

  1. クレンジングミルクを手に取り、両手を合わせて手に馴染ませる
  2. 顔の中心から外側に向かって全体に優しく広げて馴染ませていく
  3. ハンドプレスをして肌に浸透させる
  4. 水かぬるま湯で優しく、擦らないように洗い流す

3-2.クレンジングクリームの使い方

クレンジングクリームの使い方は以下のとおりです。

クレンジングクリームの使い方の画像

  1. クレンジング剤を手に取り、両手を合わせて手に馴染ませる
  2. TゾーンとUゾーンから先に付けて馴染ませる
  3. 目元・鼻・口元に馴染ませる
  4. クリームにメイクが馴染み、浮いてくるのを待つ オイルのような質感になるのが目安
  5. 水かぬるま湯で優しく、擦らないように洗い流す

※クレンジングクリームは拭き取ることができるタイプもありますが、拭き取ると肌への摩擦が起きるので、洗い流すようにしましょう。また、拭き取り専用ではなく両用タイプまたは洗い流し専用のものを選ぶことをオススメします。

4.肌に刺激を与えないために

肌に刺激をできるだけ与えないためには、上記でご紹介した基本の正しい使い方を守ることが大切です。更にそれだけではなく、以下の注意点に気を付けながらクレンジングをすることをオススメします。

4-1.ゴシゴシ擦らない

使用量、指腹の画像

クレンジング剤を肌になじませていく際は、できるだけ優しく。ゴシゴシ擦ってはいけません。汚れが落ちないとついつい擦りたくなってしまいますが、クレンジング剤にメイクがちゃんと馴染まないと擦っても肌を傷めるだけで汚れは落ちません。

しっかりと馴染めばメイク汚れはちゃんと落ちていくので、擦らないように意識しながらクレンジングを行っていきましょう。

4-2.熱いお湯で流さない

熱いお湯はNGの画像

クレンジング剤を洗い流す際に、熱いお湯を使ってしまうと肌の水分を奪い過ぎてしまいます。そのためクレンジング後に乾燥しやすくなり、肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

保湿力の高いクレンジング剤を使っていても熱いお湯で洗い流すとせっかくの保湿成分の意味がなくなってしまう可能性があるので、必ず水かぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

また、シャワーを直接顔にかけるのもNG。肌に刺激を与えてしまうので必ず手を使って洗い流しましょう。

4-3.水気を取るときは優しく

水気を取るの画像

洗い流した後はタオルなどで水気を取りますが、タオルでゴシゴシと擦らないように注意。タオルなどによる肌への刺激は意外に大きく、擦ることで肌に負担をかけてしまいます。タオルで顔をおさえて、水分をタオルに染み込ませるような感覚で水気を取るといいでしょう。

可能であればタオルの素材も肌に優しいものを選ぶことをオススメします。

5.クレンジング剤で悪化してしまったら

クレンジング剤が肌に合わずにトラブルが起きてしまうことが考えられます。もしクレンジングを使った後にヒリヒリや吹き出物、赤みなどが出てしまったら…詳しい対処方法についてご紹介します。

5-1.すぐに使用を止める

肌トラブルの画像

ヒリヒリした感じが合ったり、急に吹き出物が出てきたり、使用後に赤みが出てしまったという場合はすぐに使用を止めましょう。

異常が出ているのに使い続けていると、治療に長い時間がかかる可能性もあります。症状が軽い場合はひとまず使用を止めて様子を見てみましょう。

5-2.皮膚科に相談する

医師に相談する女性の画像

肌トラブルが治まらない場合は、皮膚科に相談しましょう。ヒリヒリ感が強かったり、赤いぽつぽつが大量に発生したり、腫れや赤身が出ている場合は特に皮膚科に相談したほうが良いケースが多いです。

皮膚科に相談する際は、原因だと考えられるクレンジングを持参するといいでしょう。

まとめ

敏感肌の方は特に、肌に優しいクレンジング剤を使用するべきです。メイクがしっかり落ちても、肌への負担が強いものを使い続けるのは止めましょう。肌荒れ等のトラブルだけではなく、シミやシワが出来やすくなるといった肌の老化にもつながってしまう可能性があります。

敏感肌の方はミルク・クリームタイプのような保湿力が高く肌への負担が小さいクレンジングを選びましょう。

特に今回ご紹介したものはオススメなので、クレンジング剤選びの参考にしてみてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*