ほうれい線の悩みをクリームでケアする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

肌悩みとは無縁だった人も、歳を重ねるごとにだんだんトラブルが目立つようになります。小鼻のキワから口の端にかけて伸びるほうれい線も、そのうちの1つ。これがあるのとないのとでは顔の印象が大きく違ってくるので、早めに対処しておきたいですね。
特に空気が乾燥したり、エアコンの風を直接受けたりするとほうれい線も目立ちやすくなるので、保湿をしっかり行いましょう。よく選ばれている人気のクリームと上手な使い方をご紹介します!



1.ほうれい線を改善するクリームを選ぶポイント

ほうれい線を改善するクリームを選ぶには、次のようなポイントに注意してみましょう。

1-1.成分で選ぶ

成分を見る女性の画像

<レチノール>
ビタミンAの一種であるレチノールには、免疫力を高めたり、皮膚や粘膜を強くしたりする効果が期待できます。クリームを使って肌に塗ると、酵素の働きで「レチノイン酸」という物質に変化。コラーゲンなどを生み出す線維芽細胞に働きかけ、生成を促すので、肌にハリや弾力が蘇ってほうれい線が目立たなくなります。
<コラーゲン>
コラーゲンはたんぱく質の一種で、体のあらゆる部分に存在しています。ほうれい線に関わるのは真皮層にあるもので、らせん状につながったアミノ酸が肌にハリと弾力を与えることにより、ほうれい線を目立たなくするのに役立ちます。
<ヒアルロン酸>
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在するもので、真皮層においてはクッションのような役目を担っています。また、わずか1gのヒアルロン酸には6リットルもの水分保持力があると言われており、肌にうるおいを与える効果も大いに期待できます。

1-2.高保湿を選ぶ

女性の肌の画像

紙を折るとくっきりとしわがつくように、水分が足りずに乾燥した肌にもしわやほうれい線ができやすくなります。ですから、ほうれい線を予防・改善するには、毎日のお手入れで肌に十分なうるおいを与えてあげることが大切。クリームを選ぶなら、できるだけ保湿効果の高いものにしましょう。
保湿効果が高い成分としては、先に紹介したものの他に「セラミド」「レシチン」「エラスチン」「ヘパリン類似物質」「スクワラン」「ローヤルゼリー」などがあります。

2.ほうれい線に効果のあるおすすめクリーム

ほうれい線の予防や改善に効果の期待できる、おすすめのクリームをご紹介します。

エンリッチドリンクルクリームSの画像

エリクシール 美容濃密リンクルクリーム/(株)資生堂
Sサイズ6,264円(税込み)Lサイズ8,424円(税込み)
出典:http://www.shiseido.co.jp/
「5秒に1個売れている」として評判の、レチノールを配合したリンクルクリーム。シワを改善する効果について、日本で初めて認可を受けた話題の商品です。
テクスチャーは柔らかめで、乾燥でゴワついた肌にもすっとなじみます。純粋レチノールの効果が失われないよう、酸素が入りにくい構造の容器になっているところも嬉しい工夫ですね。アクアフローラルの香りで、リラックス効果も期待できます。

リンクルショット メディカル セラムの画像
リンクルショット メディカルセラム/(株)ポーラ
14,580円(税込み)
出典:http://www.pola.co.jp/
厳密にはクリームではなく美容液ですが、テクスチャーが固めでクリームのように使える商品です。使う順番は、化粧水と乳液の間。お米2つ分くらいの量をほうれい線が気になる部分に伸ばし、上へ引き上げるようになじませましょう。
有効成分は、ポーラが独自に開発した「ニールワン」。真皮成分を分解してしまう酵素である「好中球エラスターゼ」の働きを抑制し、乾燥しにくい肌へと導きます。

ナールスユニバ 美容クリームの画像

ナールスユニバ 美容クリーム/(株)ディープインパクト
10,600円(税込み)
出典:
https://www.nahls.co.jp/
京都大学化学研究所と大阪市立大学大学院の共同研究によって生まれたエイジングケア成分「ナールスゲン」を配合したクリームです。ナールスゲンには、たんぱく質・コラーゲン・エラスチン・ヒートショックプロテイン47をサポートしたり、肌本来の環境を整えたりする効果があり、使い続けるうちにだんだん肌の水分量が安定し、ハリやツヤが生まれやすい状態へと変化していきます。ナールスゲンは非常に分子の小さい物質なので、角質層にもスムーズに浸透します。
また、ヒトモニター試験によって使用後の肌荒れや刺激なども念入りに調査しており、口コミでは「敏感肌の自分でも安心して使える」という声が多いです。ボトルや箱も含めて、全て厳重に管理された国内工場で生産されています。

アヤナス クリームの画像

アヤナス クリーム コンセントレート/(株)ポーラ・オルビスホールディングス
5,940円(税込み)
出典:https://www.decencia.co.jp/
とろけるようにリッチな感触の、コクがある濃密なクリーム。敏感肌に優しいブランドとして定評のあるアヤナス ディセンシアの商品なので、肌荒れしやすい人も使いやすいです。
特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」が使われているのが特徴で、皮膚の表面にバリアを作って乾燥などの外部刺激からブロックする、ヒト型セラミドで保湿成分を囲んでカプセル化する(真皮層に届けやすくなる)、ほぐれたカプセルから飛び出したヒト型セラミドが角層の隅々まで浸透してうるおいを与えるという効果が期待できます。

ラグジュアリー・デ・エイジリフティングクリームVの画像
ラグジュアリー・デ・エイジリフティングクリームV/(株)ハイサイド・コーポレーション
12,960円(税込み)
出典:https://www.ampleur.jp/
ドクターズコスメとして有名なアンプルールの、濃密な使い心地のクリーム。スクワランやアルガンオイルをベースにしたうるおい膜、浸透型コラーゲン・プラセンタエキス・トリプルセラミドの保湿効果で、ふっくらとした肌に整えてくれます。
また、グラビティコントロールペプチドがコラーゲンをサポートするので、肌にハリと弾力が蘇りやすくなる効果も。さらに、3種類のリフトケア成分から作る「Vリフター・コンプレックス」が肌の表面にリフト膜を形成し、たるみにくい状態へと導きます。

アスタリフト クリームの画像
アスタリフト クリーム/(株)富士フィルム ヘルスケア ラボラトリー
5,400円(税込み)
出典:http://shop-healthcare.fujifilm.jp/
コクのあるなめらかなクリームがうるおいのヴェールを作り、肌の表面がピンとリフトアップされたような状態に整えます。ダマスクローズを配合しているので女性ホルモンを活性化させる効果も期待でき、独特の良い香りも楽しめます。
また、保湿成分としては3種のコラーゲン、ローヤルゼリー、スクワランを配合しています。うるおいのヴェールがこれらの成分をしっかり閉じ込めるので、内部までしっかりうるおってハリのあるみずみずしい肌に近付きます。

3.シワ伸ばしクリームの昨今のトレンド

クリームの画像

シワに効果の期待できるクリームについては、化粧品業界の老舗である資生堂やポーラなどのメーカーが新時代を築いています。
資生堂は「エリクシール」、ポーラは「リンクルショット」が人気で、どちらも販売数は1ヶ月で20万個以上を売り上げる大ヒット。
値段が高い割にあまり効果が感じられない商品も多い中「肌がふっくらしてきた」「目立っていたシワが改善された」などの口コミが数多く寄せられ、発売から時間が経った今も着実にファンを増やし続けています。

4.ほうれい線を伸ばすクリームの塗り方

ほうれい線は、クリームの塗り方によって改善の度合いに差が出やすいトラブルです。コツをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

4-1.下から上へ持ち上げる

クリームの塗り方の画像

ほうれい線改善のためにクリームを塗る時は、手を下から上へ動かすと効果的です。たるんでしまった皮膚を持ち上げる感覚ですね。ただし、あまり強く力を入れすぎると逆に肌がたるみやすくなってしまうので、手はそっと動かすようにしましょう。

4-2.量はケチらずたっぷり使う

クリームの画像

ほうれい線対策のクリームには値段が高いものも多いので、つい量を少なくしてしまいたくなるものです。しかし、化粧品はきちんと適切な量を使ってこそ力を発揮するので、パッケージに書かれた目安となる量を守るようにしましょう。

4-3.ほうれい線を埋めるように塗り込む

クリームの塗り方の画像

ほうれい線のシワはけっこう深いので、クリームを塗る時はその凹みにもしっかり塗り込むことが大切です。適量をほうれい線の上に置いたら、指でトントンと軽く叩いてなじませましょう。やりにくい時は、もう片方の手で軽く皮膚を引っ張ると良いですよ。

4-4.マッサージしながら塗り込む

マッサージ頬骨の画像

やり過ぎは禁物ですが、肌のマッサージもほうれい線の予防や改善に有効です。クリームを塗ったら、頬骨の下に両手の親指を当て、位置をずらしながらぐっと持ち上げるように押していきましょう。一度に何度もやると逆効果なので、1日に1回、2分程度を目安にしてください。

マッサージリンパの画像

他には、リンパマッサージも効果的です。あごの真ん中あたりに両手の人差し指、中指、薬指を当て、頬のラインに沿って軽く滑らせましょう。力を入れるとシミやシワの原因になるので、すーっと軽く動かすようにしてください。

5.ほうれい線予防ができるエクササイズ

ほうれい線の原因には、肌の乾燥の他に表情筋の衰えがあります。予防に効果が期待できるエクササイズをご紹介するので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

5-1.舌回しエクササイズ

舌回しエクササイズの画像

口を閉じた状態で、歯の表面に沿って舌をぐるりと動かすだけの簡単エクササイズ。しかし、慣れないうちはあごが痛くなることも多く「表情筋に効いている」というのが実感できます。
右回りと左回りをそれぞれ20回ずつ1セットとして、1日3セット実践してみましょう。
舌回しエクササイズは、ほうれい線の予防の他に、口臭や虫歯の予防、二重あごの解消、顔のゆがみ改善などにも効果が期待できます。

5-2.頬を膨らませるエクササイズ

頬の筋肉を鍛えるエクササイズの画像

  1.  口をすぼめて頬を凹ませ、10秒数えたら元に戻す。
  2. 今度は頬に空気を入れて思いっきり膨らませ、10秒数えたら元に戻す。

このエクササイズは、3回を1セットとして、1日3セット行いましょう。

5-3.ほうれい線を伸ばすエクササイズ

ほうれい線を伸ばすエクササイズの画像

右側のほうれい線を伸ばす時は左へ、左側のほうれい線を伸ばす時は右のほうへ、口全体をおもいっきり寄せるエクササイズです。限界まで寄せたらそのまま5秒ずつキープしましょう。左右それぞれ1回ずつを1セットとして、1日1回行ってみてください。

5-4.割りばしを使ったエクササイズ

割りばしを使ったエクササイズの画像

  1. 横にした割りばし(割っていないもの)を上下の前歯で挟み、口角が割りばしよりも上の位置にくるように意識しながら口で「い」の形を作る。
  2. そのままの状態で1分キープする。これを1日に3回ほど行いましょう。

5-5.口を横に広げるエクササイズ

口を横に広げるエクササイズの画像

  1. 両手の人差し指で口を「いーっ」と左右に広げる。
  2. そのままの状態で指を上下に軽く動かし、口周りの筋肉を柔らかくほぐす。
  3. 指を外し、口をすぼめたり頬を膨らませたりしてほうれい線を伸ばす。

このエクササイズは、一連の流れを1セットとして1日に3回行ってください。

まとめ

ほうれい線の改善に効果が期待できるクリームの選び方、おすすめ商品、上手な使い方、予防のためのエクササイズについていかがでしたか?
ほうれい線はこまめなケアで防いだり、目立たなくしたりすることが可能なので、まずは予防に気を付け、できてしまったら早めに対処するようにしましょう。
そのために役立ってくれるのがクリーム。肌にしっかりとうるおいを与えてハリと弾力を与えるので、毎日のお手入れに使えば若々しい素肌を維持しやすくなりますよ!

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはLINE、twitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*