本当のクレンジングの効果を感じてる?正しい選び方・使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

メイクを落とすのに使用するクレンジング、適当に使ってしまっていませんか?

「メイクが落ちればいいだけだから、使い方にこだわる必要ってあるの?」
「種類はいっぱいあるけど、とりあえず安いものを選んでいる」

という方も多いのですが、実はクレンジングは肌への影響が大きいもの。素肌を美しく保つためにちゃんとした使い方・選び方をしなければなりません。

今回は普段クレンジングにはあまりこだわらなという方のために、その効果や種類、正しい使い方について詳しくご紹介します!



1. クレンジングの効果

クレンジングクリームを塗る女性の画像

まずはクレンジング本来の効果について改めて知っておきましょう。

クレンジングは、洗顔料・洗顔石鹸では落ちづらいメイクや皮脂の汚れを落とします。基本的にはメイクや皮脂といった油性の汚れを落とします。ダブル洗顔不要のクレンジングの場合は、洗顔料で落とす水性の汚れも落とします。

汚れをきちんと落とすことで、化粧水や乳液、クリームや美容液などのスキンケアアイテムを肌に浸透しやすくさせています。

1-1.クレンジングを適当に行っているとどうなる?

クレンジングを正しくない方法で行い続けていると以下のような肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

  • 皮脂やメイク汚れが毛穴に詰まって黒ずみになる
  • 汚れによって菌が繁殖してニキビや吹き出物が出来やすくなる
  • メイクの落とし残りにより色素沈着が起きる
  • 肌がごわついて化粧ノリが悪くなってしまう

この他にも、メイクや皮脂がしっかり落とせていないと色々な肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

2.クレンジング剤の種類

クレンジングの種類の画像クレンジング剤にはいろいろな種類があります。それぞれに合った肌質やメイクを落とす力などが違います。どのクレンジング剤が自分に合っているのかを見極めることが肌を美しく保ち、トラブルを防ぐために大切となります。

それぞれのクレンジング剤の特徴について詳しくご紹介していきます。

2-1.クレンジングシート

クレンジングシートは手早く手軽にメイクを落とすことができるアイテムです。シートタイプでふき取るだけなのでサッとメイクを落としたいときにオススメです。

メイクを落とす力が強いものが多いので、ポイントメイクを落とす際に使用しているという方もいます。疲れて帰宅してメイクを落とす気力がない…といったときにも活用できます。

ただし肌を擦ってメイクを落とすので肌への負担がどうしても大きくなってしまいます。極力旅行の際やどうしても疲れてしまってメイク落としが億劫な時などに使うようにしましょう。

2-2.クレンジングオイル

最もメイクを落とす力が強いのがクレンジングオイル。濃くて落ちづらいメイクやウォータープルーフのメイクも比較的キレイに落とすことができます。しっかりとメイクを浮かせてから落とすことができます。

摩擦が起きやすく、肌への負担が大きいものが多いという点がデメリットです。敏感肌の方にはあまり向きません。メイクが薄い方やナチュラルメイクの方は他の肌への刺激が少ないものを選びましょう。もしくは、天然オイルや植物オイルといった肌に優しいものを選ぶことをオススメします。

メイクが濃い目の方や、日焼け止めなどを塗っていてキレイに落としたいという方にオススメです。

2-3.クレンジングジェル

クレンジングジェルはメイク落ちの強さ・肌への刺激がクレンジング剤の中でも中間くらいだと言われています。

ジェルの質感はこってりしていて、肌と指とのクッション材のような役割をしてくれます。そのため肌への摩擦を抑えられるという特徴があります。ただし配合されている成分に気を付けて選ばなければ、肌への負担をかけてしまう可能性があります。美容成分などが豊富に配合されているものを選びましょう。

肌への刺激をおさえつつ、メイクもある程度しっかりと落としたいという方にオススメです。

2-4.クレンジングクリーム

クレンジングクリームは柔らかいクリームのテクスチャで肌への刺激を抑えることができるクレンジング剤です。保湿力が高いのでメイクを落とした後の乾燥を防ぐことができます。

メイクを落とす力は少し弱いですが、普通のメイクなら正しく使えばちゃんと落とすことができます。ただし濃いメイクやマスカラなどは落ちにくい場合が多いです。

乾燥肌の方にはオススメですが、べたつくことがあるので脂性肌の方にはあまりオススメしません。

2-5.クレンジングミルク

クレンジングミルクはクレンジング剤の中でも最も肌に優しいと言われています。肌に負担をかける成分が少なく、敏感肌の方でも使えるものが多いです。

ただしメイクを落とす力は弱いので、ナチュラルメイクの方などにオススメします。濃いメイクをしている方はメイク落ちの良いものを使いましょう。

ベースメイクは薄めだけれども、ポイントメイクをしっかりしているという場合はポイントメイクだけを先に別のクレンジング剤で落としてからクレンジングミルクを使うといいでしょう。

3.クレンジング剤の使用方法

クレンジング剤を使用する際は、いくつか注意しておきたい点があります。正しく使用しなければ肌に負担をかけ続けることにもなるので、改めてチェックしておくようにしましょう。

まずは基本の3つの注意点を簡単にご紹介します。

  1. 手を清潔にする
    手に汚れがついていると、メイクや皮脂汚れがちゃんと落ちないことがあります。
  2. 肌に負担をかけず手早く
    クレンジング剤には肌に負担をかける成分が配合されている場合があります。あまり時間をかけると肌に負担をかける可能性があるので、メイクが浮いてきて落とせる状態になったら早めに洗い流しましょう。
  3. ゴシゴシ擦らない
    肌を擦るというのは最も避けたい刺激。擦ることでシワやシミの原因を作ってしまうこともあります。くれぐれも肌をゴシゴシ擦らないように注意してメイク落としをしましょう。

クレンジング剤は種類によっても使い方が違います。それぞれの使い方もチェックしておきましょう。

3-1.オイルタイプのクレンジングの使い方

クレンジングオイルの使い方をご紹介します。

オイルタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. ポイントメイクから先に落とし、そのあと全体に馴染ませる
  2. クレンジング剤を適量手のひらに乗せて両手を合わせて馴染ませる
  3. 顔全体に伸ばし、メイクが浮いてくるまで少し待つ
  4. 手のひらに残ったオイルに少し水を加えて乳化(白く濁らせる)させる
  5. 乳化したオイルを肌全体に馴染ませてから洗い流す

3-2.ジェルタイプのクレンジングの使い方

クレンジングジェルの使い方をご紹介します。

ジェルタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. クレンジング剤を適量手のひらに乗せて両手を合わせて温める
  2. 顔全体にジェルを馴染ませる 指の腹を使って優しく
  3. くるくるとマッサージをするように汚れを浮かせる
  4. ぬるま湯で丁寧に洗い流す

3-3.クリームタイプのクレンジングの使い方

クレンジングクリームの使い方をご紹介します。

クリームタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. 手に適量を取って両手を合わせて軽く温める
  2. Tゾーン→Uゾーン→そのほかの部位の順番で馴染ませる
  3. メイクが浮いてクリームがオイル化するまで少し待つ
  4. ぬるま湯で丁寧に洗い流す

3-4.ミルクタイプのクレンジングの使い方

クレンジングミルクの使い方をご紹介します。

ミルクタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. 手のひらに適量を取って両手を合わせて馴染ませる
  2. 肌全体に優しく広げて馴染ませる
  3. 軽くハンドプレスをしてさらに馴染ませる
  4. ぬるま湯で丁寧に、肌に刺激を与えないよう注意して洗い流す

3-5.シートタイプのクレンジングの使い方

クレンジングシートの使い方をご紹介します。

シートタイプのクレンジングの使い方の画像

  1. ポイントメイクから先にふき取る
  2. 拭き取る際は最初に軽く押さえて馴染ませてから優しくふき取る
  3. 折りたたんでメイクがついてない部分を肌に付けるようにする

※上記でもご紹介したように、シートタイプのクレンジングは肌に負担がかかります。乾燥などのトラブルも起きやすくなってしまうのであまり使わない方がいいでしょう。

4.おすすめのクレンジング剤

口コミ評価が高いものや、売れ筋のおすすめのクレンジング剤を種類別にご紹介します。

4-1.オイルタイプのおすすめクレンジング剤

ファンケル 無添加マイルドクレンジングオイルの画像

ファンケル 無添加マイルドクレンジングオイル
120ml 1,836円(税込)
オイルタイプなのに肌への負担が少なく、無添加である点が人気。
擦らなくてもするんと落ちるので刺激を抑えることができます。
出典:http://www.fancl.co.jp/

DHC 薬用クレンジングオイルの画像

DHC 薬用クレンジングオイル
200ml 2,477円(税抜)
メイクをしっかり落とせる!とロングセラーのアイテム。
メイクを落とす力が圧倒的に強いので濃いメイクの方や、毛穴汚れなどが気になる方には特におすすめです。
出典:https://www.dhc.co.jp/

4-2.ジェルタイプのおすすめクレンジング剤

アミノモイスチュアクレンジングジェルの画像

アミノモイスチュアクレンジングジェル
100g 1,335円(税込)
肌へのやさしさに徹底的にこだわった商品。
美容液クレンジングジェルと呼ばれれていて、使用後も肌が突っ張ることがありません。
出典:https://www.luire-online.com/

うるおいジェルクレンジングの画像

うるおいジェルクレンジング
150g 1,440円(税込)
オルビスでも人気の高いアイテム。
濃厚なジェルが優しくメイクを落とします。コラーゲンなどの美容成分が豊富に配合されている点もポイントです。
出典:https://www.orbis.co.jp/

4-3.クリームタイプのおすすめクレンジング剤

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームの画像

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム
300g 650円(税抜)
プチプラが魅力。
メイクを落としつつフェイスマッサージにも使用できるクリームでコスパが高いアイテムです。
出典:http://www.chifure.co.jp/

メナード つき華 クレンジングクリームの画像

メナード つき華 クレンジングクリーム
130g 2,700円(税込)
とろけるようにメイクをしっかりと浮かせて落とすクリーム。
保湿力が高く、潤った肌を実現させてくれます。
出典:https://www.menard.co.jp/

4-4.ミルクタイプのおすすめクレンジング剤

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクの画像

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク
200g 3,000円
軽く延ばすだけでメイクが浮いてしっかり落とせる。
美容液から生まれた低刺激のミルクタイプのクレンジングなのに、メイクもちゃんと落とせる!と人気です。
出典:http://www2.covermark.co.jp/

カウブランド 無添加メイク落としミルクの画像

カウブランド 無添加メイク落としミルク
150ml 880円(税抜)
厳選した素材で作られた低刺激処方のクレンジングミルク。
無添加で肌に優しく敏感肌でも安心して使えます。
出典:http://www.cow-mutenka-fc.jp/

まとめ

ご紹介したようにクレンジング剤にはいろいろな種類があります。肌に合ったものを正しく使わなければ、肌トラブルの原因になりかねません。

肌に負担をかけるクレンジングを続けていると肌老化が進んでしまうことにもつながるので、今まで気にしていなかったという方は一刻も早く自分に合ったクレンジング剤を選びなおしましょう。

今回ご紹介した特徴や使い方を参考に、肌に合ったクレンジング剤選びをしてくださいね。

きめやか.blogのFacebookページにもご参加ください!

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です!

コメントを残す

*