顔のたるみを徹底的に改善する6つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像写真に写った自分の顔のたるみを見てびっくりしたことはありませんか?特にまぶたや頬、フェイスラインのたるみが気になります。
そこで顔のたるみにはエクササイズを試してみましょう。
しかし、エクササイズによっては逆にシワを深くしてしまうものや、マッサージなどでも筋肉の流れに逆行して行うとかえってたるみを多くしてしまいます。
表情ジワをなるべく作らないようにしながら顔のたるみを徹底的に改善する6つの方法をご紹介します。



1.顔のたるみを改善するエクササイズ

舌まわしエクササイズの画像

出典:http://youtu.be/QYEUIGr-JeM

舌を歯と唇の間で回したり、舌を突き出して回すことで表情ジワを作らずにたるみに効くエクササイズができます。口輪筋と眼輪筋を同時に動かすことによって血流が良くなりたるみが改善されます。ほうれい線を舌で内側から伸ばすように押すことでほうれい線が深くなるのを防ぐことができます。
顔の肌の状態は十人十色で違うために一概に言えないのですが、エクササイズを行ったときにシワが現れるエクササイズは行わないほうがいいでしょう。
同じ表情を繰り返しすることによって起こる表情ジワにつながる恐れがあります。

顔のたるみを解消するセルフエステの画像

 出典:http://youtu.be/ci-47sga5qA?t=45s

このセルフエステは頬の位置やフェイスラインが特に引きあがるのがわかります。
片側ずつ行って鏡で確かめてみましょう。

2.顔のたるみを改善する運動

たるみの原因が脂肪である場合は脂肪を燃焼させる有酸素運動を行います。
運動で部分的に脂肪をなくしていくことはできませんので、他の部分の脂肪細胞が減少するのと同じように顔の脂肪細胞も比例してなくなっていきます。運動することで顔のたるみも減少していくのです。
運動の種類は何でもよいのですが、ウォーキングや速歩で有酸素運動を行いましょう
脂肪はマッサージやサプリメントなどで分解させても、運動で燃焼させなければ意味がありません。

一日60分は歩くようにしましょう。次のサイトでどれくらいカロリーを消費しているか調べることができます。

カロリー消費の計算表の画像

出典:http://hbb.amary-amary.com/calc_walking.php

歩く時のフォームは仙骨を正して歩くこちらの方法がおススメです。

参考リンク:http://www.caresapo.jp/senior/kantan/duke/83dn3a000000h4ff.html

2-1.運動は糖化も防ぐ

肌のコラーゲンが糖化してしまうと、硬い肌になってしまい、しわやたるみの原因になります。
この糖化を防ぐにも有酸素運動が効果があります。
常に運動していると血糖値が上がりにくく、コラーゲンが糖と反応して糖化してしまうのを防ぐことができます。
スマートフォンに歩数計のアプリを入れておくことで、自動的に毎日の歩数を計測してくれます。
とても便利です。60分で6,000歩は最低歩きたい歩数です。

歩数計の画像

アンドロイド 歩数計
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tayu.tau.pedometer&hl=ja

歩数計M7の画像

アイフォン Walker – 歩数計 M7
https://itunes.apple.com/jp/app/walker-bu-shu-ji-m7/id777461884?mt=8

3.顔のたるみを改善する食べ物

顔のたるみの原因のひとつであるコラーゲンの減少は活性酸素によって引き起こされます。
ですからこの活性酸素を消す作用のあるものを食事からとるように心がけます。
抗酸化食品はバナナ、れんこん、茶葉、にんにくなどが上げられます。
これらの食品を毎日取るようにします。

抗酸化食品の一覧の画像出典:http://www.banana.co.jp/pro/special/antioxidative-activity.html

コラーゲンは減少してしまう他に糖化と呼ばれる糖化減少を起こします。
糖化とは糖とコラーゲンが結合して正常に分解されないコラーゲンを作り出してしまうことです。
この糖化を防ぐには血糖値を急激に上げないこと、高い値をキープさせないことが重要です。
食事は野菜から先に食べて、白米を後に食べることで血糖値の上昇をなだらかにすることができます。

食後の血糖値の推移の画像

出典:http://www.kewpie.co.jp/yasai/vegefirst/contents.html#contents01

4.顔のたるみを改善するサプリメント

サプリメントの画像

顔のたるみの原因のひとつにコラーゲンの減少が上げられます。
コラーゲンの減少は肌の弾力を失い、脂肪を支える力が弱くなって顔がたるむようになります。
肌のコラーゲンはサプリメントの低分子コラーゲンによって作り出すことが期待できます。
低分子コラーゲンに含まれるヒドリキシプロリンがコラーゲンを作り出す繊維芽細胞を活性化させて肌のコラーゲンが増えるのです。
ジペプチドやトリペプチドに分解されたコラーゲンサプリがおススメです。10歳若返るイメージまで!?コラーゲンペプチドの効果にもまとめています。

5.顔のたるみを改善するエステ

胸鎖乳突筋の画像

画像出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120313/120121/?P=2&rt=nocnt

顔のむくみや首筋の凝りなどで顔がたるんでいる場合はエステによる手技で顔のたるみを改善することができます。
特に首筋の胸鎖乳突筋のまわりをマッサージしてもらうことでフェイスラインのたるみを取ることができます。
敏感肌の方やニキビの多い方、加齢で肌が薄くなっているのでエステによる手技はおススメできません。オイルをつかったマッサージも刺激になってしまいます。
逆にできるだけ刺激を与えないほうが肌の調子を崩さずに済みます。

6.顔のたるみを解消する美容整形

皮膚を切開してたるみを改善する手術は傷跡も気になりハードルが高いものです。
現在はメスを使わずに高周波などの熱を用いる方法があります。高周波で肌内部にいったんやけどの状態を作り出し、コラーゲンの代謝を活性化させてハリを取り戻します。
費用は30万円程度します。

まとめ

顔のたるみを改善するにはエクササイズを行いながら抗酸化食品を取って、コラーゲンの減少を防ぎます。美容整形やコラーゲンサプリでハリを取り戻す方法もあります。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから