肌荒れにはこのサプリ!肌がツヤツヤぷるぷるになるサプリ15選

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像肌が荒れるのは季節のせいでしょうか。
急にカサカサしてきたり、ニキビが出来たり、赤みがかったりしてきます。
空気が乾燥したり、ビタミン不足だったりでお肌が荒れやすいのかもしれませんね。
お肌の悩みのことは気にしないで、安心して外出したり、人と向きあったりしたいですね。
どうしたら肌の調子が改善されるのでしょうか。
この記事では肌荒れに良いサプリを15個選抜しました。
悩みのタイプに分けながら紹介していきます。



目次

カサカサ、乾燥、潤いがない
コラーゲン
ビタミンB、C、E
ヘム鉄
プラセンタ
セラミド
皮脂が多い、ニキビ
ビタミンB2
日焼け、紫外線
ビタミンA、C、E
プラセンタ
シスチン
リコピン
生理前
チェストツリー
シミ、くすみ
コラーゲン
シスチン
ビタミンC
パイナップルセラミド

1.カサカサ、乾燥、潤いがない

女性の画像 By: MOTOKI Plasticboystudio

まずは肌が乾燥してしまうお悩みからです。このお悩みには具体的には次のような肌の状態になります。

  1. 冬場など空気が乾燥すると表面が粉っぽくなる
  2. 皮がめくれたようになる
  3. 頬だけ乾燥していてカサカサしている
  4. 瑞々しさや透明感がない

これらのお悩みに対してはこれから紹介するサプリメントが有用です。

1-1.コラーゲン

うるおった女性の画像 By: MOTOKI Plasticboystudio

お肌の潤いを取り戻したいときはまずコラーゲンを試してみます。
コラーゲンは肌の内側から皮脂などを分泌させて、お肌の水分の蒸散を防ぐようになります。
同時に肌の繊維芽細胞を活性化させて、お肌のコラーゲンを増やす働きがあります。
コラーゲンサプリを選ぶ上でのポイントは、次の通りです。

  1. 低分子でジペプチド、トリペプチド、ヒドロキシプロリンなどまでに分解されたものであること
  2. 魚由来よりは豚由来のものを選ぶこと
  3. ビタミンCも同時にとること (1日100mgでよい)

1-2.ビタミンB、C、E

サプリノ画像

ビタミンのサプリメントも肌荒れに有効です。
ビタミンB2やB6が不足すると肌や髪が荒れてきます。
ビタミンCが不足すると肌でコラーゲンを作り出す能力が低下します。
ビタミンEは肌のカサカサを改善してツヤを出す効果が期待されます。
これらのビタミンを取る場合は単体で取るよりも複合して取ったほうが効果が見込めますので、マルチビタミンタイプのサプリを取るようにします。ひとつのビタミンを大量に取るよりも少量でもバランス良く配合されたものを選びます。

1-3.ヘム鉄

肌荒れが起きている原因のひとつに鉄分の不足があります。
鉄不足のお肌はくすみがちになり、乾燥しやすくなります。
女性は月経によって毎月20~30mgの鉄分が失われていきます。日本人女性に推奨されている1日の鉄分の摂取量は12mgですが、実際は7.8mgしか摂取されていません。
そして日本人女性の4割は貧血と言われます。
鉄分は肉類や魚介類などに多いのですが、現状の食生活で取りきれていないのであれば積極的にサプリメントで補給してください。
特にヘム鉄は腸内での吸収に優れた鉄分で、しかもお求めやすい値段で購入できます。

1-4.プラセンタ

お肌や体のアンチエイジングの効果が期待できるものとしてプラセンタがあります。プラセンタとは豚や馬の胎盤をサプリメントにしたもので乾燥した肌に対して、皮脂の分泌を良くしてうるおいを戻してくれます。
美白の効果もあり夏場の日焼けから回復するのを助けます。更年期やPMS、月経困難症にも効果があります。
プラセンタの摂取量の目安は1日にプラセンタエキス純末を100mgです。
プラセンタエキス純末とはエキスから余分な水分を取り除いた固形分のことです。
この固形分に有用な成分がありますから、純末を取ることが大切になります。
豚由来のものも、馬由来のものも効果は同じです。

1-5.セラミド

セラミドの画像

出典:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/ceramide/

セラミドとは肌の角質層にあって、水分の蒸散を防いでいる重要な働きをしています。
セラミドは米やコーン、こんにゃく、パイナップル、甜菜から抽出されます。
近年ではセラミドの研究が進んで抽出や精製の技術が進み、サプリメントにも配合されるようになりました。
セラミドサプリを摂取することで、肌からの水分の蒸散を抑える効果が期待できます。

2.皮脂が多い、ニキビ

 

女性の画像 By: MOTOKI Plasticboystudio

続いて皮脂が多くて、ニキビが出来やすい人にお勧めのサプリメントです。
脂性の人は次のような悩みを抱えています。

  1. もともと脂性肌で皮脂が多い
  2. Tゾーンだけが脂っぽくなる
  3. 午後から皮脂で化粧が崩れる
  4. 頬、鼻、おでこにニキビが出来る

20歳を過ぎても皮脂の分泌が多いのは体質によるものが多いのですが、まれにビタミンB2やB6の不足で脂肪の代謝がうまくいかずに皮脂が多く出ている場合があります。

2-1.ビタミンB2

カサカサのお悩みのところでも紹介したビタミンB2ですが、脂質の代謝に関わっているため、ニキビが出来やすい時に有効です。
ビタミンB2は皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるビタミンです。
ビタミンB2が不足していると口内炎や唇の荒れも起こってきます。

3.日焼け、紫外線

By: Kanko*

日焼けは紫外線よって皮膚が炎症することで起こります。
冬でも15分ほど紫外線に当たっただけで炎症が始まりますから、紫外線ケアは日課にしなければなりません。
日焼けによる肌の様子は次のようなものです。

  1. 日光に当たるとすぐ赤みが出る
  2. 数日してカサカサしてくる

日焼けによる肌の炎症を抑えるためのサプリメトです。

3-1.ビタミンA、C、E

日焼けによる肌のカサカサにはビタミンEが有効です。
ビタミンEの効果をさらにアップさせるために、同時にビタミンAとビタミンCを取ります。
ビタミンAはカロテンとして含まれているものがよく、必要な量だけが体内でビタミンAに変換されます。
ビタミンCもビタミンEとは細胞の別のところで抗酸化作用を発揮して肌の炎症を抑えます。ですからこれらのビタミンは同時の取ることが有効です。

3-2.プラセンタ

肌とプラセンタの関係の画像

出典:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/placenta/

プラセンタは抗酸化作用、抗炎症作用、新陳代謝促進作用があって、肌の回復を助けてくれます。
紫外線を浴びた時にコラーゲンが破壊されるのは、紫外線にてよって活性酸素が作られて、その活性酸素がコラーゲン線維を破壊するからです。
プラセンタの抗酸化作用はこの活性酸素の働きを抑えてくれます。
また新しい細胞の生まれかわりを促すので、ダメージを受けていない肌を上へ押し上げてくれます。

3-3.シスチン

シスチンとシステインの画像

画像出典:http://www.lbv.jp/aminoacid/nonessential/cys.html

シスチンは体内で分解されてシステインになります。
システインはシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあり、肌を白くしてくれる成分です。システインは医薬品成分で薬局で売られているシミ用の医薬品に配合されています。このことからシスチンにも同等の効果があると考えられています。
全体的にくすみがちな顔色を明るくする効果が期待できます。

3-4.リコピン

リコピンは活性酸素を抑える働きが高く、紫外線によって生まれる活性酸素の働きを抑えてくれます。リコピンはカルテノイドの中でも抗酸化作用が高く、お肌の活性酸素を抑えるのに最適です。

リコピンの抗酸化作用の画像

出典:http://www.kagome.co.jp/tomato/tomato-univ/medical/elimination.html

4.生理前

女性の画像 By: MOTOKI Plasticboystudio

生理前の肌荒れによいサプリメントです。
生理前になると現れてくる肌の不調はこのようなものがあります。

  1. フェイスラインやあごのニキビができる
  2. 肌が脂っぽくなる
  3. カサカサしてくる

生理前は女性ホルモンのひとつ、エストロゲンが優勢になっていて肌荒れ、ニキビなどの症状が起こりやすくなっています。
特に生理前にフェイスラインやあごの付近にできるニキビはエストロゲンの作用によるものです。

4-1.チェストツリー

チェストツリーは生理前のイライラや胸の張りなどのPMS(月経前症候群)の症状に効果のあるハーブですが、肌荒れにも効果があります。
生理前になるとフェイスラインやあごにニキビが出来やすくなりますが、このチェストツリーによってニキビの減少や肌荒れの改善が期待できます。
チェストツリーの効果は飲む人との相性によります。
チェストツリーはアロマオイルにもなっていてその香りをかぐだけでもイライラが治まる効果があります。

5.シミ、くすみ

女性の画像 By: MOTOKI Plasticboystudio

最後にシミやくすみが気になる人におススメのサプリメントです。

  1. シミが気になる
  2. 肌のトーンが暗くてくすんでいる
  3. 白い肌になりたい

などに悩んでいる人向けです。

5-1.コラーゲン

コラーゲンによって肌の調子が良くなってくると、肌のトーンも明るくなって白い肌になってきます。顔がパーンと張ったようになってくると、ハリが現れてキメが整ってきます。そうすると光を反射する白くツヤのある肌に見えるのです。
くすみが気になる人はコラーゲンを試してみるのが良いでしょう。豚コラーゲンがおススメです。

5-2.シスチン

シスチンは体内で分解されてシステインになります。
システインはメラニンの生成をするチロシナーゼという酵素を抑える働きがあり、美白によいとされています。スポット的なシミは改善させるのが難しいのですが、メラニンの過剰な生成を抑えることで顔全体がくすんでしまうことを防ぐことができます。続けて3ヶ月程度は飲んでみるようにします。

5-3.ビタミンC

ビタミンCもチロシンと同じくチロシナーゼの活性を抑えます。またできてしまったシミを白くさせる作用があります。またコラーゲンの合成を助ける効果もありますから、お肌のことが気になったらまず飲みたいサプリメントです。

5-4.パイナップルセラミド

パイナップルから抽出されるセラミドにも肌を明るくする作用があります。1日1.2mgを飲むことで肌の明度が向上することが報告されています。まだあまり知られていませんが、今後注目されるのがパイナップルセラミドです。

6.どこで購入したらお得か

サプリメントを購入できるのは通信販売やドラックストア、薬局、コンビニなどがあります。
お得に購入するためにはどこで購入したらいいでしょうか。
欲しいと思ったものをどこが一番安く販売しているか比較することからはじめましょう。
値段とポイントも含めて考えます。
店舗で販売されているものよりも、インターネット通販のほうが安い場合も多く、送料なども含めて比べてみます。
通販専用の商品もありますから、その場合は返品条項やそのお店のクチコミなどを調べてから購入するようにすると不要なトラブルを避けることができます。

まとめ

お悩み別に分けて肌荒れに効果のあるサプリメントをご紹介しました。
これらのサプリメントを取ることで肌荒れの悩みが改善されます。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから