更年期障害の4つの治療方法|それぞれの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像更年期の症状がつらい場合は治療をお勧めします。
症状の中にはめまいやホットフラッシュ、肩こりなど耐えられないものもありますから我慢せずに婦人科や更年期外来を受診しましょう。
更年期障害を治療するにあたってどのような方法が取られるのか予め知っておくことで不安を和らげることができます。
更年期障害の治療法についてまとめてみました。さっそく見ていきましょう。


1.更年期障害の治療の種類

更年期障害にて病院を受診する際には大きく分けて4つの治療方法があります。

  1. ホルモン補充療法(HRT)
  2. 漢方薬
  3. 自律神経調整薬
  4. プラセンタ療法

それぞれの特徴と効果を説明します。

1-1.ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)は更年期に減少した女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンを薬で補う療法です。日本では閉経後の女性の1.7%がHRT治療を受けています。治療には女性ホルモンが含まれた錠剤や貼付剤が使われます。血液検査や尿検査を行って、現在のホルモンの分泌量を調べてから適量の薬が処方されます。月経様の出血を望むか望まないか、また子宮の摘出をしているかどうかなどで処方がかわります。

ホルモン補充療法の手順の画像

出典:http://www.meno-sg.net/iryou/hrt-what-chart.html

ホルモン補充療法に使われるのはエストロゲン製剤と黄体ホルモン(プロゲステロン)製剤、または両方を含む製剤です。
女性ホルモンの補充だけであればエストロゲンだけでも足りるのですが、エストロゲンは子宮内膜を増やす働きがあり、そのままだと子宮がんのリスクが高まるため、同時に黄体ホルモンを投与することがあります。エストロゲンだけを連続して投与する場合は月経のような出血は起こりませんが、黄体ホルモンを1カ月のうち約半分投与し、残りの期間は休むと月経のような出血があります。

ホルモン補充療法の製剤の表の画像

出典:http://www.meno-sg.net/iryou/hrt-what-chart.html

1-2.漢方薬

漢方薬は効き目が緩やかな半面、副作用が少なく、長期に服用できることがから選ばれることが多い治療法です。
更年期の治療に使用される漢方薬をご紹介します。
まず更年期障害には漢方の三大処方があります。

  1. 当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
  2. 加味逍遙散 (かみしょうようさん)
  3. 桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

いずれも更年期の症状に効果がありますが、体質によっていずれかが処方されます。
漢方には独特の概念があって、体力のあるなしや、「気・血・水」といった要素によって体質を判断し、そのタイプにあった漢方薬が処方されます。
更年期障害に効果を発揮する漢方薬にも詳しくまとめていますのでご覧ください。

1-3.自律神経調整薬

自律神経調整薬は視床下部に働いて交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれます。
のぼせ、ホットフラッシュ、肩こり、手足の冷えなどに効果があります。副作用は比較的少ないです。

自律神経調整薬の表の画像

出典:http://www.xn--zssr1m61u8idz7ft8hluq.jp.net/catego11/catego15/file20.php

また頭痛や不安、イライラなどの精神・神経的な症状には抗不安薬、抗鬱薬が処方されます。

1-4.プラセンタ療法

病院によっては以上の治療の他にプラセンタ療法を勧められる場合があります。
プラセンタ療法とはヒト胎盤から抽出されたプラセンタエキスを注射にて投与する方法です。更年期のさまざまな症状に効果があります。
アンチエイジングとして知られるプラセンタですが、病院では更年期障害の保険適用薬として注射することができます。
プラセンタ注射の効果と2つの注意点にも詳しくまとめていますのでご覧ください。

2.更年期障害を治療できる病院を探す

全国17万件の病院の中から更年期障害の相談ができるあなたのすぐ近くの病院を探すことができます。

キューライフの画像 QLife(キューライフ) http://search.qlife.jp/saas/menopause/

3.更年期に有効なサプリメント

更年期で治療まで必要としない軽いものであれば、アンチエイジング効果も期待してサプリメントで対応することもできます。
更年期に有効なサプリメント

  • プラセンタ…豚や馬の胎盤からつくられるプラセンタが更年期に有効です。
  • ビタミンB群…ビタミンB群は神経の働きを正常に保ちます。
  • 亜麻リグナン…女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり更年期に有効です。

4.更年期のめまい

更年期の症状のなかでも多いのがめまいです。
周りがぐるぐる回転して見えたり、自分自身がふわふわ浮いているように感じられたりします。めまいはひどくなると生活にも支障をきたしますから早めに病院を受診します。
めまいの種類によって大まかに受診科の目安がつきますから、更年期のめまい|原因とわかりやすい対策を参考にしてください。

5.更年期にいい体操

更年期は運動習慣を持つ女性の方がのぼせなどの症状が軽いようです。
治療中でも軽い体操やウォーキングなどを取り入れるといいでしょう。
更年期によい体操をご紹介します。

更年期に効果のある体操の画像

出典:https://www.youtube.com/watch?v=6ByzIoHkr18

まとめ

更年期障害の場合はまず治療にいくべきかどうかで悩まれる方が多いです。我慢できるのであれば病院を受診しない方もいますが、めまいなどの症状がある場合は他の病気の疑いもありますから一度検査を受けたほうがいいでしょう。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから

ご意見やご感想などは、こちらからどうぞ

*