肝斑は化粧品でケアしよう!オススメ化粧品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像シミができる原因は、紫外線による経年変化や化粧品や外部からの刺激による色素沈着など、実にさまざまです。
そして、気がついた段階でシミケアを開始したのに、なぜかまったく改善が見られない。
このようなときに、まず疑うべきは肝斑です。肝斑は、紫外線などによって現れるシミとは原因が異なるため、肝斑に適した方法でケアを行わない限り、薄くすることは難しいでしょう。
肝斑は身体の外部からのケアももちろん大切ですが、場合によっては身体の内部からのケアが必要となることもあります。



1.肝斑とは

肝斑の画像

肝斑は頬骨を中心に、その左右対称に現れるという特徴を持っています。
肝斑の形はさまざまですが、そばかすのように丸く点々と現れるのではなく、輪郭がぼやけて面上に広がることが多いようです。
では、肝斑の原因はどのようなところにあるのでしょうか?
実は、肝斑のはっきりとした原因については今のところわかってはいません。ただ、30代~40代にかけて、あるいは妊娠中や出産後に現れる方が多いことから、女性ホルモンが関与しているのではないか?と考えられています。
また、年齢や妊娠・出産とはまた別に、強いストレスを抱え込んでいることによってホルモンバランスが崩れ、それが肝斑となって現れてくることもあります。
そして、一般的なシミの場合では紫外線の影響を強く受けて現れることが多いと考えられていますが、肝斑は紫外線の影響とは関係なく現れることがあります。

2.肝斑に効く成分

成分の画像

肝斑改善に役立つおもな成分は、トラネキサム酸とハイドロキノンです。それでは、それぞれの特徴について簡単にご紹介しておくことにしましょう。

  • トラネキサム酸の特徴

トラネキサム酸はアミノ酸の一種に分類される成分で、医療の現場では、もともと止血剤または湿疹や蕁麻疹の治療薬として用いられてきたのだそうです。
ではなぜ、トラネキサム酸が肝斑の改善役立つのかといえば、それは、トラネキサム酸にメラノサイトを活性化させるタンパク質分解酵素である「プラスミン」の働きを抑制する作用があるからです。

  • ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンは、もともと工業的な目的で使用されてきた成分で、その高い漂白効果が注目を浴びるようになり、現在ではハイドロキノン配合の軟膏や化粧品などが販売されるようになりました。
ハイドロキノンを5%以上配合している軟膏は医療機関で処方を受けて入手する必要がありますが、4%以下配合率であれば化粧品にも配合することができ、そのような化粧品は通販などで購入することができるようになっています。

3.肝斑に効くおすすめの化粧品

それでは早速、肝斑改善に役立つおすすめの化粧品をご紹介します。

トランシーノホワイトシリーズの画像

第一三共ヘルスケア・トランシーノホワイトニングシリーズ(トラネキサム酸配合)
トランシーノシリーズは、トラネキサム酸を配合している化粧品としてよく知られています。このシリーズには「フェイスマスク」、「薬用ホワイトニングクリアローション」、「薬用ホワイトニングエッセンスEX」、「薬用ホワイトニングクリアミルク」、「薬用ホワイトニングリペアミルク」がラインナップしています。これらの製品は、低刺激性、無香料、無着色、アレルギーテスト済みとなっていますので、比較的安心して使用することができるでしょう。トランシーノシリーズはドラッグストアでも販売されていますが、いきなり全シリーズを揃えるのはちょっと…という場合には、公式サイトでトライアルセットが販売されていますので、ここから試してみてはいかがでしょうか。
トライアルセット本体価格:500円
出典:http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/skincare/product/

白花八草美白液の画像

株式会社キナリ・草花木果実 白花八草美白液(トラネキサム酸配合)
トラネキサム酸配合の美容液で、ドクダミ、エンメイ草 (ヒキオコシ)、ユキノシタ、白花いがこうぞりな葉、営実(エイジツ)、オドリコソウ、黄連(オウレン)、キイチゴといった植物エキスを配合しています。この製品は、草花木果のショッピングサイトで購入することができるほか、アマゾンなどのショッピングサイトでも取り扱いがあります。
本体価格:5,200円
出典:http://www.sokamocka.com/html/item/001/006/item5939.html

リフトモイスト エマルジョンの画像

資生堂・エリクシール シュペリエル リフトモイストエマルジョンW(トラネキサム酸配合)
トラネキサム酸配合の、比較的さっぱりした感じの乳液で、べたつきが少ないのが特徴です。この製品は、ドラッグストアなどで購入することができます。
本体価格:2,200円~
出典:http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=671201

ラグジュアリーホワイト コンセントレートの画像

アンプルール・ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110(ハイドロキノン配合)
新安定型ハイドロキノンを配合したゲル状の美容液です。この美容液の特徴は、カプセルの内部にハイドロキノンが閉じ込められており、ハイドロキノンが一気にお肌に触れることなく、少しずつお肌に浸透して行くという点にあります。お休み前のケアにおすすめの美容液です。
本体価格:10,000円
出典:http://www.ampleur.jp/skincare/1104.do

Brightning Crystalの画像

セルピュア・ブライトニングクリスタル(ハイドロキノン配合)
皮膚科医監修のドクターズコスメで、ハイドロキノンを5%配合しています。ハイドロキノンをはじめてお使いになる場合には少々刺激が強いかもしれませんので、ハイドロキノンにお肌がやや慣れてきた段階での使用をおすすめしたいクリームです。
本体価格:4,500円
出典:http://www.cellpure.co.jp/products/detail117.html

バジHQ ブライトニングナイトセラムの画像

ロート製薬・オバジHQブライトニングナイトセラム(ハイドロキノン配合)
夜用の処方「ナイトコンセントレイション処方」されたナイトクリームです。ミクロコッカス溶解液とジオウ根エキスという保湿成分が配合されているため、ホワイトニングだけではなく、お肌の乾燥対策にも役立ちます。
本体価格:9,000円
出典:http://www.obagi.co.jp/hq/

4.肝斑に効く薬

肝斑は、身体の内部からのケアも大切です。

トランシーノⅡの画像

第一三共ヘルスケア・トランシーノⅡ(トラネキサム酸配合)
肝斑改善に特化した内服薬で、8週間の服用がひとつの目安となっています。配合成分は1日分(4錠)で、トラネキサム酸750mg、L-システイン240mg、アスコルビン酸(ビタミンC)300mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)6mg、パントテン酸カルシウム24mg、その他の添加物となっています。服用方法は朝晩の2回、それぞれ食後に服用しましょう。この内服薬は、医療機関で処方を受けることができるほか、薬剤師がいる薬局やドラッグストアでも購入することが可能です。
本体価格:1,800円~
出典:http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/product/

シナールA錠の画像

シオノギ製薬・シナールA錠(L-システイン配合)
ビタミンCそのものを配合しているわけではありませんが、L-システインというアミノ酸を配合し、ビタミンCと協力し合いながら肝斑改善効果を期待することができる内服薬です。この内服薬もまた、医療機関で処方を受けることができるほか、薬剤師がいる薬局やドラッグストアでも購入することができます。
出典:http://www.shionogi-hc.co.jp/wellness/medicine/vitamin/cnl/cnl.html

このほかにも、ビタミンCを配合している市販の内服薬がありますが、ビタミンCだけでは肝斑改善効果は見込むことができないようです。一般的なシミやソバカスであれば、ビタミンCそのものを配合している内服薬で対応することができるようですが、肝斑を改善したいのであれば、やはりトラネキサム酸またはL-システイン配合の内服薬が適切でしょう。

5.注意点

サプリを飲む女性の画像

まずトラネキサム酸ですが、この成分は女性ホルモンに直接影響を与えるわけではありませんので、化粧品・内服薬ともに副作用の心配は少ないと考えられています。
ただし、内服薬の場合では、発疹、痒み、などのアレルギー症状のほか、食用不振、発熱、吐き気、下痢などの症状が現れることがあります。トラネキサム酸配合の内服薬でこのような使用状が現れたら、直ちに内服薬の服用を中止し、内科または皮膚科などで診察を受けましょう。
そして、ハイドロキノンの場合では外用薬または化粧品にのみ配合されており、使用中になんらかの肌トラブルが起こる可能性が考えられます。ハイドロキノンで起こり得る肌トラブルには、以下の種類があります。

クリームの画像

ハイドロキノンは不安定な成分であり、また、刺激が強いため、いきなり高濃度で配合されている軟膏や化粧品を使用した場合では、赤味、痒み、炎症などの肌トラブルが起こる可能性が広がります。そして、さらに注意しなければならないのが白斑の問題です。
高濃度のハイドロキノンを同一部分につけ続けていると、その部分の組織が壊されて、色素が生成されなくなることがあります。つまり、いわゆる”白抜け”の状態が起こる可能性が高まるということです。
ハイドロキノンを配合した軟膏や化粧品を使用する際には、はじめは低い濃度(2%程度)で配合されている軟膏や化粧品を使用してみて、ひとまずお肌の状態を見守りましょう。
そして注意したいのは、ハイドロキノンをつけたお肌が直接紫外線を浴びてしまうと、その部分に色素沈着が起こる可能性があるということです。ハイドロキノン配合の化粧品には、夜のケアに特化したものもありますが、日中でも使用可能となっているものもあります。日中にハイドロキノン配合の軟膏や化粧品使用するのであれば、必ずその上から紫外線ブック効果の高い日焼け止めなどを重ね塗りして、お肌を紫外線から守りましょう。
さらに、ハイドロキノンは酸化しやすいという特徴を持っており、酸化したハイドロキノンを直接お肌につけると、肌トラブルか起こる確率が高まります。ハイドロキノンをお肌につける場合には、必ずその製品の使用期限内に消費することを心がけましょう。

まとめ

一般的なシミに対するケアではビタミンC配合の化粧品が役立ちますが、肝斑に対するケアでは、トラネキサム酸やハイドロキノンの使用が役立ちます。
特にハイドロキノンは、使用に際して小々注意が必要な成分です。トラネキサム酸やハイドロキノンを肝斑改善に役立てたいのであれば、それぞれの成分の性質を理解して、正しく使用することを心がけて下さいね。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから