コラーゲンの全21知識|すぐにプリ肌になるための正しい摂取方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

アイキャッチ画像これから紹介するコラーゲンのことについて正しく知ることで、今までコラーゲンで効果がなかったのことの原因が追求でき、次にコラーゲンを飲むときには最大限の効果が得られるようになります。
コラーゲンの正しい取り方と全21の知識をまとめました。
今までのコラーゲンの取り方では間違っていたのかもしれません。
正しい摂取方法で美しい肌を手に入れましょう。


1.コラーゲンは年齢とともに減少する

加齢に伴うヒト皮膚中コラーゲン量と骨密度の変化のグラフ画像

出典:http://ebn.arkray.co.jp/disciplines/collagen/anti-aging-03/
残念ながらコラーゲンの量は年齢とともに減少してしまいます。
特に40代からは急激なコラーゲンの減少が起こってしまいます。

2.コラーゲンの多い人、少ない人がいる

40代のコラーゲン量の比較の写真画像

:コラーゲンの多い人 :コラーゲンの少ない人
共に40代 きめやか美研(株)測定
参考リンク:http://kimeyaka-blog.com/collagen-peptide-indication-880

画像の黄色や赤色に光っているところがコラーゲン密度が高いところです。
左の人はコラーゲンが真皮にたくさんありますが、右の人はスカスカです。
同じ40代でもコラーゲンの多い人と少ない人がいます。

3.紫外線でコラーゲンは破壊される

紫外線A派と紫外線B波の比較の図解画像

紫外線を長期に浴びている人はコラーゲンが減少しています。
UVA(紫外線A波)は真皮層まで届き、コラーゲンを破壊してシワの原因となります。
またコラーゲンが壊れることでヒアルロン酸も作られなくなることがわかってきました。
紫外線対策は美肌を保つために必ず行う必要があります。
出典:http://bukai.pharm.or.jp/bukai_seibutsu/J009%E9%87%91%E6%B2%A2%E5%A4%A7%E8%96%AC%E6%A3%AE.pdf

4.コラーゲンは糖化という老化現象を起こす

糖化による肌弾力低下の図解画像

出典:http://aging-lab.jp/mechanism/saccharification.html
コラーゲンは減るだけでなくて「糖化」という老化現象を起こします。
コラーゲンが糖化するとコラーゲンが分解されにくくなり、新しいコラーゲンが作られなくなります。

5.コラーゲンの糖化は加齢と糖の取り過ぎで進む

年齢による健常者と糖尿病患者のAGEsの量の違いのグラフの画像

出典:http://www.wakunaga.co.jp/health/month/post_59.html
健康な人でも加齢とともに糖化が進んでしまいます。
糖化は血液中に糖が多く存在していることで起こります。
ですから糖尿病を患っている人はさらに早く糖化が進みます。

6.コラーゲンの糖化はストレッチで改善する

ストレッチをする女性の写真画像

コラーゲンが糖化することで体が硬くなります。
コラーゲンに糖がまとわりついて伸びにくい筋肉になってしまうのです。
ストレッチをすることで糖化したコラーゲンを再生させることができます。
出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/program/P20120125.pdf

7.コラーゲンの糖化には野菜の食物繊維がいい

野菜の食物繊維が糖と脂肪の吸収を抑える画像

出典:http://karadamigaki.jp/nutrition-story-005
野菜に含まれている食物繊維は脂肪や糖の吸収をゆっくりにさせ、排出させる効果があります。

8.コラーゲンの糖化を防ぐには野菜から先に食べる

野菜とたんぱく質と炭水化物の食べる順番による血糖値のグラフの画像

食事のときに野菜を先に食べると血糖値が上がりにくくなります。
図の緑の線は野菜を先に食べた場合、赤い線はごはんを先に食べた場合です。
野菜を先に食べた方が血糖値が上昇していないことがわかります。

野菜を先に食べた人の30カ月後の血糖値のグラフの画像

出典:http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/wadai/1305/wadai.html
野菜を先に食べると健康な人でも血糖値が上がりにくくなり、習慣にすると長期間にわたって血糖値をコントロールすることができます。食事は白米の前に野菜サラダ90gを1口20回咀嚼して食べるだけです。

9.コラーゲンがなぜお肌にいいのか

血液中のヒドロキシプロリンの量のグラフの画像

常盤薬品工業株式会社 調べ
出典:http://www.tokiwayakuhin.co.jp/news/2011/09/post20110908.htm
コラーゲンを食べると血液の中にヒドロキシプロリンという成分が増えます。
ヒドロキシプロリンとはコラーゲンに含まれている特有の成分です。

10.コラーゲンに含まれるヒドロキシプロリンが繊維芽細胞を活性化する

コラーゲンによる肌弾性とシワの変化のグラフの画像

常盤薬品工業株式会社 調べ
出典:http://www.tokiwayakuhin.co.jp/news/2011/09/post20110908.htm
そのヒドロキシプロリンがコラーゲンを作り出している繊維芽細胞を活性化することが分かっています。
その結果として肌のハリもシワの本数も改善されます。

11.コラーゲンで肌水分や肌弾力も向上する

コラーゲンによる肌水分量と肌弾力の変化のグラフの画像

出典:http://www.collagen-net.com/BM/skin.html
コラーゲンペプチドで肌の水分量や目じりの肌弾力が向上します。
肌の真皮層で新しくコラーゲンが作られていると考えられています。

12.コラーゲンで肌のキメもよくなる

コラーゲンによる肌キメの改善の写真画像

:キメがなく赤くはれた肌 :キメが改善されてきて赤みのひいた肌
参考リンク:http://kimeyaka-blog.com/collagen-supplement-indication-863
肌のキメは内側から再生してくるのを待つ必要があります。
コラーゲンは皮脂の分泌量を増やして皮脂膜をつくれるようにすることで肌を守る働きをします。30代の女性のほとんどは自分で皮脂膜を作ることができなくなっています。

13.コラーゲンはシミも消す

メラニンがターンオーバーしていく画像

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/388049/2/
コラーゲンペプチドにはターンオーバーをスムーズに行い、小さなシミを消す効果があります。
メラニンを含んだ細胞を少しずつ上へ押し上げます。

コラーゲンペプチドで隠れシミが減少するグラフの画像

出典:http://www.collagen-net.com/BM/skin.html
コラーゲンには隠れシミを減少させる効果もあります。
隠れシミとはこれからできてしまうシミのことで、紫外線によって受けたダメージが原因で肌の奥でシミの源となります。

14.コラーゲンで髪の毛が太くなる

コラーゲンペプチド摂取による毛髪直径の変化のグラフの画像

試験内容の画像

出典:http://pr.kenko.com/p/pr_0101004.html
コラーゲンペプチドを取ることで毛髪の太さにも効果があります。
コシのあるしっかりとした髪になります。

15.コラーゲンの安全性

コラーゲンの安全性と機能性について国立健康・栄養研究所 食品表示分析・規格研究部の
石見佳子氏の見解があります。
出典:http://www0.nih.go.jp/eiken/chosa/ishimi.htm

16.コラーゲンを飲む量

コラーゲン摂取量の目安の表の画像

参考リンク:http://kimeyaka-blog.com/collagen-intake-446
コラーゲンを飲む量はコラーゲンの原料が豚か魚かで違ってきます。
さらに小さく分解されているジペプチド・トリペプチドコラーゲンでも飲む量が違ってきます。

17.コラーゲンの大きさ

コラーゲン、ゼラチン、コラーゲンペプチドの大きさの画像

出典:http://www.bee-lab.jp/kenkoujoho/collagen/c02.html
コラーゲン>ゼラチン>コラーゲンペプチド>ジペプチド・トリペプチドコラーゲンの順に小さくなります。小さいほど吸収性に優れています。

18.コラーゲンと食品

コラーゲンボールを鍋に入れた画像

参考リンク:http://kimeyaka-blog.com/collagen-ball-728
参考リンク:http://kimeyaka-blog.com/collagen-food-183
コラーゲンは食品からも取ることができます。5日間ほどコラーゲンの多い食品を摂取することで効果を感じられます。

19.コラーゲンとビタミンC

壊血病の肌の画像

出典:http://www.vit-c.jp/vitaminc/vc-08-1.html
コラーゲンはビタミンCがないと正常に作られません。
不足するとしっかりした構造のコラーゲンが作られなくなり、肌が乾燥するようになります。

20.コラーゲンが効く時間

コラーゲンペプチドの血中濃度のグラフの画像

出典:http://www.collagen-net.com/BM/mechanism.html
コラーゲンペプチドが体内に吸収されて血液中の濃度が高いのは1~3時間です。このピークを成長ホルモンが分泌される就寝時に合わせます。就寝の1~2時間前にコラーゲンサプリメントを飲むようにします。

21.コラーゲンはビタミンCと同時に取る必要がある

ビタミンCの血中濃度のグラフの画像

出典:http://nutmed.exblog.jp/10517119/
ビタミンCも吸収されて血中の濃度が高いのは1~2時間です。コラーゲンペプチドとビタミンCは同時に飲む必要があります。

まとめ

まずは2ヶ月間、次のことを行ってください。
紫外線をできるだけ浴びないようにして、ストレッチを毎日行いましょう。
野菜90gを良く噛んで食事の一番はじめに食べるようにします。
極低分子のコラーゲンペプチドを取り入れて、ビタミンCと一緒に就寝前に取るようにします。
これがコラーゲンペプチドの正しい取り方です。

Pocket
LINEで送る






無料Ebook「体の内側からキレイになる方法」
14日間美肌体験プログラム

いつもお肌のケアをしているのに、なかなか肌が良くならないとお悩みではありませんか?
本書では、14日間で肌の悩みが改善されるための具体的な方法をご紹介しています。


  • 肌がカサカサで潤いが無い。
  • シワが増えて、実年齢よりも年上に見られることが増えてきた。
  • 自分でできるお肌の改善方法を知りたい。

上記のようなお悩みをお持ちの方には特に活用頂ける内容になっています。
ぜひ、体の根本から改善をして、あなたのお肌のお悩みの解決に役立てて下さい。


無料ダウンロードはこちらから

ご意見やご感想などは、こちらからどうぞ

*